読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりさんのすずやかに生きるコツ

2007-05-22-Tue-06:27
 この本には、私の伝えたいことがすべて書いてあります。
 そして、本書ですべてを出し尽くしたように思います。


先日、本屋さんでこのような帯がついている本が目に留まりました。
久々の斎藤一人さんの本 ※一人さんの本の過去記事はこちら
しかも副題に

 おもしろくて、楽しくて、すずやかに生きるコツ

とあります。

「すずやかって何だろう?」

そんな疑問を抱きつつ表紙をめくると、

 お読みになった方は、精神的にも救われ、日常生活全般、
 会社勤めや子育てなどにも役立つと思っています。
 読んだ人の心に、朝日が昇り、晴れ晴れとした気持ちに
 なっていただけると信じて、この本を書きました。


という文章です。しかも一人さんの講演会のCDが2枚ついています。

今回ご紹介する本は、【普通はつらいよ】です。

普通はつらいよ―おもしろくて、楽しくて、すずやかに生きるコツ 普通はつらいよ―おもしろくて、楽しくて、すずやかに生きるコツ
斎藤 一人 (2007/04)
マキノ出版

この商品の詳細を見る


本書では東京ビックサイトでの講演「普通はつらいよ」の模様を文章に
起こしたものに、「普通以上の話」として、新たに一人さんの書き下ろ
した文章が付け加えられていています。

ちなみに添付されているCDには、「普通はつらいよ」の講演の模様が
収められています。

4回読むととても不思議な気持ちになりますよ」とのことなので、
素直に4回読んでみたところ、読むたびにこの本の凄さが伝わってくる
のを感じました。

正直、ここまで書いてしまっていいのだろうか?

読み終わったときの素直な私の感想です。

以前、私が読んだ一人さんの本に、商人がスピリチュアルな話をしたら
お客さんにはそれを商売にしているように思われてしまうから、本当は
そのような話はタブーなんだというようなことが書いてあったことを
記憶していました。

それが本書では、スピリチュアル的な要素がかなり前面に出ている
ように感じたからです。

ちなみに副題の「おもしろくて、楽しくて、すずやか」とは、困った
問題に直面したとき、その問題の解決の糸口が見えてくる言葉だそう
です。

「おもしろくて、楽しくて、すずやかに解決するにはどんな方法がある
のだろうか?」と考えることで、たとえ解決法が思いつかなくても、
自然と物事が解決していくそうです。

まずは、明るい顔で自由に生きる、そして自分が自分のことを語って、
楽しくて、人が聞いて楽しい言葉を発することが大切なのだと、
本書を読んで感じました。

私が本書を読んで特に印象深く感じたのは、

 考え方のフィルムを替えないで行動だけを変えても
 うまくいかない


という言葉です。

よく、他人の言動に心が傷つくとか言いますが、一人さんは心が傷つく
のではなく、考え方というフィルムに傷がつくだけだと述べています。

だから考え方のフィルムを替えれば、心は傷つかない、そしてその
フィルムを替えれば、目の前に映し出される現実が変わってくるのだ
という言葉がとても印象に残りました。

本書は本当にご紹介したいすばらしいメッセージに溢れています。
私が本書の内容をご紹介するのは、おこがましいような気さえする
ほどです^^;

本書に興味をお持ちの方は、まずは本書を読んで感じ、そしてCDで
一人さんの講演を聴いてさらに感じつくしてみてはいかがでしょうか?

最後に本書からの抜粋です。

 たとえばこうした話を聞いて、1個でも引っかかるものが
 あったらカチッとスイッチを入れて、考え方を変える。
 生き方を変えるとは、考え方を変えるということです。
 カチッとスイッチを替えると、魂がフッと上に行く。
 そのときには、もう前の自分とは違う自分になっています。
 すると、起きている現象がぜんぶ変わる。


この言葉を心に刻み、日々過ごしていきたいと思います^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



2007-05-22-Tue-22:25
広介さん、こんばんは。

私もこの本は読みました&聞きました。
相変わらずの一人さん節を堪能しました。(笑)
とてもばらしい書!?CD??ですよね。
一人さんの本は、CDが2枚付いて、1,575円ですから、
とてもお買い得感がありますね。

ところでこの本(CD)の中で、一人さんが病の床に倒れて、
死にそうだったというのを聞いて驚きました。
人は、死の間際を経験すると考え方が変わるようです。
北野たけしさんがアンビリーバボーを始めたのも、
バイク事故で、命を落としそうになった後からです。
今回の一人さんも病の件があったから
スピリチュアルなことに触れられたのだと思います。

今回も素晴らしい本の紹介、ありがとうございます。

つぶ庵さん、ありがとうございます!

2007-05-22-Tue-23:25
つぶ庵さん、コメントありがとうございます♪

やはりつぶ庵さんも本書を読まれたのですね^^
講演の模様のCDが2枚もついていて、本当にお徳な本
ですよね!

私も、昨年一人さんが生死をさまよう状態にあったのを
知ったときは驚きました!
つぶ庵さんのおっしゃるとおり、だからこそスピリチュアルな
ことに触れたのでしょうね。

日本の神様のお話も、知らないことだらけだったので、
読みながら「へえ~」って独りでうなずいていました^^;

2007-05-23-Wed-19:48
東京ビッグサイトで、生一人さんの講演会を聞きました。

本物はやはりオーラが違いましたよ!

CDは別ルートで手に入れました。そのうち、聞こうと思っていま

す。

ありがとうけんさん、ありがとうございます!

2007-05-23-Wed-22:17
ありがとうけんさん、コメントありがとうございます♪

ありがとうけんはビッグサイトで生の講演を聞かれたのですね!
やはり自分の目で見て、耳で聞いて、そして身体全体で感じる
のでは、全然違うのでしょうね!!
とてもうらやましいです^^;

私もいずれご縁があれば、生一人さんを拝見することができる
だろうって勝手に期待しています(笑)

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。