読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満員電車の中でも実践できる瞑想法?

2007-05-10-Thu-06:26
とても興味深い瞑想法が書かれている本を発見しました。

その名も、真我瞑想

実践するのも簡単かつ、お手軽、しかもそれほど時間を要することも
ないときています。

慣れてしまえば、通勤ラッシュの満員電車の中で、立ったままでも実践
できるようになるそうです。実際にそうしている方も紹介されてます^^;

効用の方はというと、これまた凄く、極めてしまうと私たちの究極の
意識、「本当の自分(=真我)」に目覚めることも可能だそうです。

しまいには、時空間を越えた全体意識の視点を持てるようになり、
この世に生まれた目的や、本当にやるべき使命、天命といった人生の
方向性までもが明確になってしまうとのこと。

私はそこまで求めていませんが、以下の効用に魅かれました。

 人生に大きな影響をもたらす必要な人と、これ以上ないタイミング
 で出逢ったり、必要なものや情報がベストな時期に、あたかも偶然
 が重なったかのように引き寄せられたりする現象が頻繁に起きる


う~ん、以前ご紹介した「プチ瞑想術」をはるかに超える方法のようです。

今回ご紹介する本は、【一瞬で宇宙とひとつになれる真我瞑想】です。

一瞬で宇宙とひとつになれる真我瞑想 一瞬で宇宙とひとつになれる真我瞑想
佐藤 康行 (2006/09/08)
日新報道

この商品の詳細を見る


この本の著者の名は「佐藤 康行」さん。
心理学博士で、心の学校「佐藤義塾」の学長をされている方で、政財界
をはじめとしてビジネスマンから家庭の主婦、学生に至るまで、多くの
人に著しい変化をもたらしている方なのだそうです。

また過去には、宝飾品飛び込み販売営業で日本一、教育教材販売で
世界No.1チャンピオンになった実績までお持ちとのことで、その後、
レストラン経営の会社を設立し、70店舗を全国展開するまでに至った
そうです。

そんな佐藤さんが20年に渡って、一貫して研究してきたテーマが、
「本当の自分の心に目覚め、その心を実生活に生かす」
ということで、その本当の自分のことを「真我」と呼んでいます。

しかも、その「真我」を頭で学ぶのではなく、実際に体験し、現実に
生かすという指導をしているのが特徴だそうで、その数ある真我開発
手法の中でも、佐藤さん自身が非常に画期的だと自負しているひとつ
が、今回ご紹介する「真我瞑想」なのです。

ではここで、「真我瞑想」の特徴をあげてみます。

◆時間に追われる現代社会に生きる方でも大丈夫!
 ⇒5分、10分という短時間でも非常に深い意識状態に入りやすい

◆雑念が湧いて集中できない人でも大丈夫!
 ⇒雑念大歓迎!雑念を利用してまで深く意識状態に入れる

◆静かな場所が確保できなくても、都会の喧騒でも大丈夫!
 ⇒雑音も深く入る材料になる

◆瞑想がすぐに睡眠に変わるくらい、疲れと寝不足状態の人
でも大丈夫!

 ⇒短時間の瞑想でも睡眠とは比較にならないほど、もの凄く疲れも
  取れ癒される

などなど、何だかここまでくると、あまりにもいいことずくめのような
気がして、逆に怪しく感じる方もいるのではないでしょうか?

そこで本書では、そういった方のために、これらの効用を裏付ける
ための説明や意味、その背景などを分析的に論じています。

私の場合はというと、とりあえずそのような説明は置いといて、
まずは実際に自分で体感して、そこから何かを得れればと思っています^^;


ということで、ここからはこの瞑想法の基本的な流れについて、
ご紹介したいと思います。


まず、姿勢からです。

基本的には、あぐらや正座で床に座って行います。
足の悪い方は、イスに腰掛けて行っても構いません。

そして、背筋は真っ直ぐに伸ばし、リラックスした状態でいます。
頭は正面に向け、あごを軽く引きます。手はひざの上に置きます。
手のひらの向きは自由です。

目は軽く閉じます。口の力は抜きます。
呼吸は意識しません。自然に呼吸してください。

ここから「真我瞑想」を、四つの段階を経て行います。

第一段階では、ただじっと座っている状態を、10分間ほど行います。

何か考えや思いが浮かんでも、そのままにしておきます。
ただ、空想、妄想を追いかけてはいけません。
頭上から太陽がさんさんと降り注ぎ、自分から白い湯気が立ち上がって
いくような感じでいます。

第二段階では、自分自身の身体に心の目を向けていくことを、
10分間ほど行います。


まずは、頭を意識します。次におでこ、目、鼻、口、そして首、胸と
降りていき、足元までいったら、今度は頭まで戻っていきます。
身体の部分1つに感覚を尋ねるように、心の目によって全身をくまなく
みていくのです。

第三段階では、「無い」という言葉を心の中で唱えます。
これも10分間ほど行います。


心や物質という私達に現れる様々なものは、実際には存在しないという
こと、つまりそれらは一つの視点から眺めたときの物語にすぎないと
いうことを、「無い」という言葉で示しています。
何か雑念が浮かんできたら、「無い」と心の中で言います。
無のイメージを浮かべる必要もありません。
しばらくそれを続けたあと、今度は身体全体を心の目で一度に眺めて
「無い」と言います。

そして第四段階では、三種類の言葉のうち、いずれか一つを選び、
「無い」の後に、続けて唱えます。
三種類の言葉とは、「愛の光」「神の生命(いのち)」「真我」です。


例えば、「無い、愛の光」、「無い、愛の光」とひたすら繰り返します。
これを15分間から20分間行います。
ただし、一度どれかを選んだら、瞑想中に唱える言葉を変更しては
いけません。

慣れてきたら、第四段階のみを行うようにします。
時間がないときなどは、短い時間でも構いません。
たとえ数秒でも行うと、効果を感じれるようになるそうです。

瞑想中に雑念や、イメージなどが浮かんでも、それに執着せず、
ひたすら「無い」「愛の光」といった、先ほどの言葉を心の中で
唱えます。

次第に慣れてくれば、さまざまな場所で、立った状態で、目を開けた
ままで、歩きながらでも瞑想できるようになるそうです。

実際に、朝の通勤途中、満員電車の中で、吊革につかまりながら実践
されている方もいるそうです。

そして最後に、この瞑想法で必要なのが、普段の行動の改善です。
「真我瞑想」において、真実の認識、つまり真我の自覚に基づいて
適切な行動をなすことで幸福を得るという構造があるのだそうです。

その行動とは、本書では常に笑顔でいることを勧めています。
その理由は本書に譲るとして、まずは普段から笑顔で人と接すること
が大切だと、著者の佐藤さんは述べています。

私もしばらくはこの瞑想法を続けてみたいと思っています。
さて、どんな効用が実感できるのか、今からとても楽しみです^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



これだね

2007-05-10-Thu-15:07
「できる人の『書き方』『話し方』」
(ソフトバンク新書)はヨイです!!!
著者のブログもおもろいって。

http://yaplog.jp/iiwake0218/

Re:これだね

2007-05-12-Sat-00:58
股旅さん、コメントありがとうございます♪

「できる人の「書きかた」「話しかた」」という著書は、
私は今のところ未読です^^;

機会があれば、読んでみたいと思います!

情報ありがとうございました。

こんばんわ!

2007-05-14-Mon-23:29
>「本当の自分の心に目覚め、その心を実生活に生かす」
ということで、その本当の自分のことを「真我」と呼んでいます。

いいですね!
ラピスの 目指してる覚醒に 共通するものを 感じました!

この 瞑想 効きそうです。
似た瞑想法ありますよね。
『わたしは○○○です』と自分に心の中に 言い続けたり
『私は誰ですか?』と 唱え続けたり、、。

これらの 共通することって
自分に ず~っと 唱え続ける ということかな?
自分の心のドアを 言葉を唱えることによって
扉が 開くのかな?
今日も 素敵なお話 ありがとです!! 

Re:こんばんわ!

2007-05-15-Tue-23:09
ラピスさん、コメントありがとうございます♪

>ラピスの 目指してる覚醒に 共通するものを 感じました!

ラピスさんの覚醒へと向かう速度、凄まじいです!
ひたむきに自分と向き合っているラピスさんの姿は、私にとって
素晴らしいお手本になってます!!

>似た瞑想法ありますよね。

実は私、あまり瞑想法に詳しくないのです(笑)
ちなみに、ラピスさんのおっしゃっている瞑想法って、
佐田弘幸さんが推奨している方法ですか?
思わず佐田さんの本を引っ張り出してきて、読み
ふけってしまいました^^;

>自分の心のドアを 言葉を唱えることによって
>扉が 開くのかな?

確かに、「真我瞑想」「プチ瞑想術」「佐田さんの
瞑想法」ともに、言葉を唱え続けるという共通点が
ありますね!

「心の扉が開く」という表現、とても素敵です♪

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。