読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちょっとアホ」っていいかも?

2007-05-05-Sat-06:00
以前から気になっていたのですが、はじけた表紙の写真に抵抗を感じ、
購入をためらっていた本がありました。

しかし先日、外出先の本屋さんで手にとって立ち読みしていたところ、
何かビビッとくるものを感じ、思わず購入してしまいました。

『もしかしたらこの本に書いてあることは、今の自分に足りないこと
 なのかも?』

それは「ちょっとアホ」になられた方の、成幸の記録が書かれた本
なのです。

今回ご紹介する本は、【ちょっとアホ!理論】です。

ちょっとアホ!理論 倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった! ちょっとアホ!理論 倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった!
出路 雅明 (2006/05/30)
現代書林

この商品の詳細を見る


この本の著者「出路 雅明」さんは、若者向けのカジュアル衣料品店
(古着屋)を全国に展開している会社の社長さんです。

1993年にわずか2坪の古着屋を立ち上げ、今では全国に直営店を32店舗
を展開、年間売上も57億円にまで成長しているそうです。※2006年5月現在

一見順調に会社を成長させてきたように見える出路さんですが、今日の
業績に至るまでには、大変な苦労がありました。

それは、創業から7年が過ぎ、年商も35億に迫る企業に成長した頃。

経済的にも余裕充分で、高級住宅地に大きな家も買い、幸せを満喫して
いた出路さんでしたが、実は不安にかられる毎日を送っていました。

業績も順調、出す店はすべてといっていいくらい成功、優秀ですばらしい
部下にも恵まれていたのにです。

他人から見ればうらやましいと思う状況も、当の出路さんにとっては、
なぜかあまりやる気が起こらず、また自分にも不満を抱えていたのです。

そこで出路さんは、かたっぱしから本を読み、やる気を取り戻すべく、
とあるセミナーに参加しました。

そこで講師の方から言われた強烈な一言に、出路さんは目が覚めます。

なんとそれは、隠居じじい...

いかに自分の今の恵まれた状況を維持していくかしか考えず、過去に
自分が残してきた業績を武器に、周りの人に自分を認めさせ続けた
かった自分。

つまり、隠居したおじいさんが自慢ばかりして余生を暮らしているように、
守りに入っている状態の自分というものを発見したのです。

またここしばらくやる気を失い、企業努力を怠っていたそのツケが、
会社の業績に現れ始めてきます。

会社や店舗も成長が鈍化し、また経営者としての出路さん自身の成長も
止まっていたことで、会社の業績が悪化の道を辿っていたことを、
やる気を失っていた出路さんは気づいていなかったのです。

そこで一発奮起した出路さん。

ありとあらゆるビジネス書や自己啓発書などの本を読みまくり、良いと
思われるセミナーや講演会へ参加するようになります。

そしてまた、

・しっかりとした経営理念の必要性を感じ、経営理念もつくりました。
・自分自身が学ぶことと同時に、社員教育にも着手します。
・幹部社員全員で、毎週の社員会議を徹底的にやりました。
・幹部社員1人ずつとの週1回の報・連・相ミーティングも徹底しました。
・主要社員全員を集め、月1回の中長期経営計画策定会議もやりました。
・当時はやりのマーケティング理論の勉強と、その導入もしました。
・オリジナル商品の導入に必要な生産ルートの開発もしました。
・差別化の必要性を感じ、オリジナルブランド商品の企画開発にも着手
 しました。
・より安定的な経営のための多角化を目指し、新規事業の導入も行い
 ました。

などなど、考えつく限りの努力をしたのです。

しかし、もがけど苦しめど、状況は一向に変わりません。
すべての打つ手が失敗に終わり、むしろ業績は悪化の一途を辿って
いったのです。

そして、20億以上の借金と倒産の危機に直面し、ここまで頑張ってきた
出路さんも、とうとう病気で倒れてしまったのです。

身も心もボロボロになってしまった出路さん。
ここで出路さんの心に変化が現れます。

それは、もうどうなってもいいや!

という開き直りの境地。

「会社が潰れたとしても、別に殺される訳じゃないし!」
「人間なんとか食っていけるし、まして俺なら絶対に大丈夫!」

あげくに、
「いざとなったら、沖縄にでも逃げて、自給自足でもして生きる
 のも楽しそうだな!」


なんてことを考えれられるまでになったのです。

そして、「どのみち、やるんだったら楽しくやろう!」

という境地から、

大切な仲間 + 楽しいほうがいい =

  「仲間を喜ばせ、ともに楽しみたい」

という発想に至り、ちょっとアホへの開花が始まるのです。

ここから出路さんは、仕事におけるすべての判断基準を、

「楽しいか?楽しくないか?」

に切り替えました。

過去の判断基準であった、「正しいか?正しくないか?」とか、
「良いか?悪いか?」とか、「すべきか?しないべきか?」
という基準を、

 「まずは自分と大切な仲間が本当に楽しむこと」

に切り替えたのです。

今まで「常識」であった、業界、経営などのセオリーやトレンドなど
にとらわれていたからこそ、楽しくないことで、もがかなくては
ならなかった。

それを覆すことこそが、会社の業績をV字回復させ、あげくには以前
よりも会社の規模まで拡大してしまったのです。
出路さんの病気も完治してしまいました。

そのほかにも、「ちょっとアホ」になったことで、次の効用があった
そうです。

 ◆忘れかけていた仲間の大切さや、ありがたさを再確認できた

 ◆もがいて苦しんでばかりいた仕事が楽しくてたまらなくなった

 ◆社員やスタッフたちも、見違えるほどイキイキと「やる気」
  をもって仕事を楽しんでくれるようになった

 ◆心が前向きになったせいか、素晴らしい出会いがどんどん訪れ
  多くの素晴らしいご縁と学びと成長をいただくことができた

 ◆自分自身の変革=成長にともない、すべてが明るく考えられる
  ようになり、また業績の回復にともない、精神的にも金銭的
  にも余裕を持つことができ、結果として家族との幸福、自分
  自身の健康などを取り戻すことができた

 ◆業績のことばかりしか考えていなかった私が、大きな夢を持ち
  人生を楽しく生きることができるようになった


などなど、当の出路さんも驚くほどの効用を感じるようになったそう
です。


この本を読むと、
「自分の属する会社は堅い社風なので、こんな環境をつくれるわけがない」
とか、
「ちょっとアホになって業績があがるのなら、今やっていることは無駄なのか?」
などと感じる方もいるかと思います。

実際にこの本に書かれているようなことを、今置かれている環境で適用
させることができるのは、ごくわずかな限られた人だと思います。

しかしこの本では、あなたも「ちょっとアホ」な環境をつくってみては!
と言っているわけではないと思います。
もちろんつくれれば、すばらしいと思いますが^^;

置かれている環境はどうであれ、自分の仕事に取り組む姿勢そのものを
見直すきっかけを与えてくれる本だと思うのです。

従来の常識や、周りにいる人たちや職場の価値観・雰囲気に染まり、
ただただ仕事をするのではなく、この本に書かれている
「ちょっとアホ」な考え方やその要素を少しでも取り入れてみる。


これこそが、この本から学ぶべきことなのだと私は感じました。

ちなみに、私は過去に、クソがつくほど「真面目」と言われていた時期
がありました。汚い表現ですいません^^;
しまいには「真面目」すぎて、人間として面白みがないとまで言われた
こともあります。
がむしゃらに働いていたのですよ。ただ頑張り方が間違ってはいましたが^^;

そんな私こそ、「ちょっとアホ」になる必要があるのかもしれません。

しかし、この本の著者である出路さんはかっこよすぎます。
真面目に「ちょっとアホ」に取り組まれているその姿に、感動すら
覚えてしまいます。

この本を読んで、そんな出路さんの「ちょっとアホ」の真意に触れて
みてはいかがでしょう?


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



いいですね!!

2007-05-06-Sun-00:09
こんばんは!

開き直りの境地って
一種の 悟り?
ラピスも とことん 開き直ってアホになってみようかな?
と 思いました!
楽しそうです!

広介さん がむしゃらに働けるなんて 素敵ですよ。
周りには 『がんばってるなぁ。 すごいなぁ!』
って そう思ってった人も いたと思います。(*^_^*)

今日も 素敵なお話を ありがとうございます!

アホ っていいね! の ぽち!

真面目すぎるって・・・

2007-05-06-Sun-09:34
広介さん

おはようございます。

>しまいには「真面目」すぎて、人間として面白みがないとまで言>われたこともあります

多分、こういったブログを運営されている方は、皆さん
真面目なのでしょうね。(^_^)

僕も、昔、妻に「真面目な人は自分も不幸になるし、
まわりも不幸にするよ。」って言われたことがあります。

当の本人は、そんなつもりがないんですが・・・。

でも、開き直りの思考や、老子を学んだことで、
最近は少し「いい感じ」になったかなと思います。

この書も「読むリスト」にいれますね。
解りやすい、紹介ありがとうございます。



2007-05-06-Sun-15:36
こんにちは!ヽ( ´ ▽ ` )/ 

★タッキー@闇黒魔人★です!

応援にきました^^


また遊びにきます~♪
応援(ノ´∀`)でした♪

Re:いいですね!!

2007-05-06-Sun-22:32
ラピスさん、コメントありがとうございます♪

>開き直りの境地って
>一種の 悟り?

そうかもしれませんね(笑)
ちょっとアホ、とても楽しそうです♪
ラピスさんは着実に覚醒に向かわれていますね!
素敵です!!

>広介さん がむしゃらに働けるなんて 素敵ですよ。

ありがとうございます♪
そういわれると、当時は同僚や後輩からは信頼が厚かったような
気がします(単なる勘違い?(笑))
後輩達と1日おきに飲み歩いていた日々が懐かしいです^^;

ぽちもありがとうございます♪

Re:真面目すぎるって・・・

2007-05-06-Sun-22:46
surfinglifeさん、コメントありがとうございます♪

>当の本人は、そんなつもりがないんですが・・・。

奥様のお言葉に、思わずギクッとしてしまいました(汗)
でもそのお気持ち、とてもわかります!
私も全然そのつもりはなかったのですが...

surfinglifeさんは老子も読まれているのですね!
機会があれば、ご紹介して下さいね!!

ちょっとアホな本も、機会があれば読んでみて下さいね♪

タッキーさん、ありがとうございます♪

2007-05-06-Sun-22:49
タッキーさん、コメントありがとうございます♪

いつも応援していただいて、とてもうれしいです!
本当にありがとうございます!!

また遊びに来て下さいね♪

2007-06-02-Sat-07:54
はじめまして。こんにちは!

素敵なブログですね。
更新楽しみにしています。
また遊びにきますね。

ユニカチャンさん、ありがとうございます!

2007-06-02-Sat-09:33
ユニカチャンさん、コメントありがとうございます!

素敵なコメント、とても励みになります!
ぜひともまた遊びに来てくださいね♪

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。