読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に設けた制限に改めて気づく

2007-03-22-Thu-06:05
久々に成功法則に関する本を購入しました。

以前はこの分野の本を買い漁っている時期もあったのですが、
最近はとんとご無沙汰していました。
ですが、赤いカバーとシンプルなタイトルに妙に魅かれ、なんとなく
衝動買いしてしまいました。

さらっと読めるけれども実は奥深い、そんな本のご紹介です。

今回ご紹介する本は、【夢をかなえる方法】です。

夢をかなえる方法 夢をかなえる方法
松井 宏倫 (2007/02/14)
中経出版

この商品の詳細を見る


この本はチャンスに気づかずに生きているヒロという主人公が、
とあるきっかけで知り合ったミリオネアから、夢をかなえる方法を
教えてもらうという物語になっています。

この本の著者「松井宏倫さん」は、実は若いころ普通のサラリーマン
だったそうですが、あるとき外資系ダイレクトマーケティング企業と
出会い、その後独立、わずか数年でミリオネアとなり、2005年には
世界一として讃えられたこともある方だそうです。

そんな松井さんがミリオネアに至るまでに培った智恵と経験が、
この本の随所にちりばめられています。

物語のあらすじは割愛しますが、成功法則という観点からいうと、
この本の教えは、以下の6つに要約されます。

 1.自分の本心に正直になる
 2.自分の理想を考える
 3.チャンスに気づく
 4.チャンスを生かす
 5.本物にふれる
 6.成功をつかむキーワード

その中でも私が一番印象深かったのは、1の

 自分の本心に正直になる

というところでした。

 自分が欲しいものを本当に正直になっているだろうか?
 自分は本当はこうなりたいと思ってるんだけど、現状はこうだから
 結局はここらへんまでがいいとこだろう。 
 いつのまにかそんな制限を自分に設けているなぁ...


そんな思いが自分の中にあることを、改めて気づかされたからです。

私たちは、ときに今という環境や現状に流されて、無難に生きてしまう
ものです。私のことですね^^;

もっと自分の時間が欲しい、もっと自由になるお金が欲しいと心の底
で思ったとしても、あくまで今の環境という枠の中からしか考えられず、
理想を求めてもその延長上、あるいは結局無理だとあきらめてしまう
のではないでしょうか。これも私です^^;

では、そんな自分の制限を取り払うためにはどうすればよいのでしょうか?

それにはやはり1の「自分の本心に正直になる」ということにつきて
しまうのではないでしょうか。

まずは自分の本心をとことん追求し、いま自分が携わっている仕事の
延長線上、職場の延長線上、業界の延長線上で自分でも到達可能な
レベルで、最高だと思える人物の姿を見てみる必要があります。

そして次の四つの点について実現できるかどうか考えてみるのです。

 ◆健康的に過ごせるか
 ◆金銭的に満足できるか
 ◆理想的な時間を過ごせるか
 ◆豊かな人間関係を築けるか

そうすることで、自分の現実がはっきりと見えてくることになります。

こうして自分の現実をはっきりと認識した上で、「変化したい、
よくなりたい」と思ったら、そこからが自分の出発点になるのです。
 私の場合、まずはここからが出発点のような気がします^^;

そのあとの心構えや考え方についても、この本からはたくさんの教え
を得れるのですが、それらについてはぜひともこの本を読んで頂ければ
と思います。


この本は1時間ほどで読める短い物語ですが、だからこそ著者の凝縮
された想いが伝わってくるような気がします。

著者からの静かなるアツイ想いと、さまざまな経験から得た智恵が
読んでいてひしひしと感じられるのです。

「無駄な箇所を削ぎ落とした、いわば成功法則を要約した本」
なのだと私は思います。


自分の中に設けた制限や価値観をあぶりだし、それを取り払うための
きっかけづくりに、ぜひともこの本を役立ててみてはいかがでしょうか?

今回も手元に置いて何度も読み返したいと思わせてくれる本でした。
すばらしい本との出会いに感謝します。


ということで、今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ

↓こちらもあわせてクリックして頂けるとうれしいです。
FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



2007-03-27-Tue-13:00
はじめまして!
私のブログのテーマと通じるものがありましたので、トラックバックさせて頂きました。

これからも拝見させて頂きますので、よろしくお願いします。

2007-03-27-Tue-23:25
☆sukezoさん、はじめまして。
このたびは拙ブログへのコメント、ありがとうございます。

☆sukezoさんにとって、拙ブログの記事が少しでもお役に
たてばうれしい限りです。

近々、☆sukezoさんのブログへもおじゃまさせていただきますね!

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。