読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本のソムリエさまに感謝!

2006-09-03-Sun-10:36
今回は書評ではないのですが、どうしても感謝の言葉を綴りたくてペン
(ではなくキーボードですね^^;)をとりました。

私が尊敬している方で、「本のソムリエ」さまという方がいらっしゃいます。

ご存知の方も多いと思いますが、殿堂入りメルマガ 1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』 を発行している方で、
1日1冊のペースで読まれた本の書評をメルマガ(平日刊とのこと)に綴っておられます。

◆本のソムリエさまの公式HP: http://www.1book-day.com/
◆本のソムリエさまの一日一冊読書日記: http://plaza.rakuten.co.jp/japantn/
◆殿堂入りメルマガ登録: http://www.mag2.com/m/0000094236.htm


また、メルマガの最新号発行部数も「26604部」にのぼり、
想像を絶するほどの読者の方がおられる文字通り、
「殿堂入りメルマガ」なのです。

私も新たな本購入のためのすばらしい情報源として、
メルマガの記事を参考にさせて頂いております。

また、本のソムリエさまの公式HPには「一日一冊読みながら、メルマガを毎日発行する私の方法
という無料レポートも紹介されており、メルマガとあわせ、そちらも一読の価値があります。
私もそのレポートを、日々の読書術に活用させて頂いております。
この無料レポートはすばらしいですよ。読書術に興味のある方は、
是非ともご一読をススメます!

◆無料レポート「一日一冊読みながら、メルマガを毎日発行する私の方法」
 ダウンロードはこちらから→ http://www.1book-day.com/ichin1.html

そんなすばらしいメルマガなのですが、なんと2006年9日1日発行分の記事で、
私の文章の一部が掲載され、さらにこのブログのURLまでご紹介して頂いたのです。
(詳細はメルマガのバックナンバーを参照してみて下さい。)

なぜそのようなことになったかというと、
私が自分のブログで記事を掲載し出した直後から、疑問に思うことがあったのですが、
なかなかその解決方法が見いだせず、悶々としていました。

その疑問とは、本の書評を書くにあたり、
『本の文章をそのまま引用してしまうと、著作権侵害となってしまうのではないか』
というものです。

そんなある日のこと、
『本のソムリエさまに聞いてみたら、何かしらアドバイスを頂けるのではないか』
という思いがふと湧き、善は急げということで早速お問い合わせをしてみたところ、
その答えが本のソムリエさまのメルマガに掲載されたのです。

そのメルマガを読んだ時、今までに無い何とも言えない感動がありました。

自分が書いた文書が多くの方に読まれることの喜びと、
またそれが誰かしらの役に立つ情報となるのではないかと思ったからです。
自分の文章が多くの方に読まれるという経験が今までなかったので、
とても新鮮な体験でした。

今回この出来事で、私の質問に対するご回答を頂いたことはもちろんですが、
それ以上に様々な感動や気付きを与えてくれた本のソムリエさまに、
心から感謝したいと思います。
本当にありがとうございました。
私も一人でも多くの方に本のすばらしさを伝えていくことができるよう、
ブログの更新を継続していきたいと思っています。

また何か質問があった時は、ご回答のほどよろしくお願いしますね。
(ちょっとずうずうしいですね。自重します^^;)

そうそう、先ほどの疑問の答えですが、
引用元(本の題名等)をはっきり明記しておけば、文中の引用は問題ない
とのことです。
(ただし、さすがに全文引用はNGですが...)

本のソムリエさまも過去に同じような思いをされたそうで、
出版社にその旨を問い合わせた結果、そのような回答を頂いたそうです。

同じような思いをされている方は、参考にしてみて下さい。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。