読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやふやな想いの中に潜むものは?

2007-01-28-Sun-22:08
先日、本屋で立ち読みをしていてちょっとした気づきがありました。

それは、

『私は本を読むことで、頭の中に漂っているあやふやな想いを
はっきりと認識したいがゆえに本を読んでいるんだなぁ』


というものです。

頭の中のあやふやな想いを、宙に舞う羽毛に例えると、
それをひとつずつ手で掴み取るイメージとでもいいましょうか...
(わかりづらい例えで申し訳ありません^^;)

そういった漠然とした想いに気づくのが楽しく感じることも、
私が読書を続けられている理由のひとつなのかもしれません。


ただ、そのように気づいた自分の想いというのは、その場を過ぎると
案外忘れてしまうものですよね。

そこで私はとある本のことを思い出しました。

頭に浮かんだあやふやな想いの中に、実は自分にとって重要なことが
隠されているということが書かれていたあの本。

確かあの本には、頭に浮かんだ想いを記録し分析することで、自分が
本当に望んでいるものや、自分の望んでいる夢や目標が見つけ出せる
ということも書いてあったなぁと...

確かその本は...

それは、【1日3分「夢」実現ノート】という本でした。

夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノート 夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノート
岡崎 太郎 (2004/11/10)
フォレスト出版

この商品の詳細を見る


この本には、ふと浮かんだ自分の想いを記録することが、どうして大切
なのか、その理由が書かれています。

しかしそういった想いというのは、単に記録するだけでは意味がない
のです。

それらを分析することが大切なのだと、この本には書かれています。

記録した想いを同じようなテーマに分類・集計することで、
一番多かった分類が明確になります。
それこそが、自分が本当に望んでいることになるのです。


またこの本では、それらの想いを記録・分析するための具体的な方法や
ツールなども紹介されています。

この本では独自の書式である「モチベーションシート」という紙を
ツールとして用い、記録・分析していくことが前提になっています。

実際に私もこの本を読み終えたときは、この「モチベーションシート」
というものに大変興味を持ちました。

単に記録するだけでなく、普段使う手帳としての機能も兼ね備えて
いたからなおさらです。

しかし実際に購入には至りませんでした。

あえてそのようなツールは使わずとも、まずは普段愛用している手帳
などで実践してみようと思ったからです。

普段の私は手元に手帳などの紙があればその紙に、書く紙がなければ
携帯電話のメモ機能やメールなどを用いて記録しています。


今回はこの本を「頭に浮かんだあやふやな想いを記録する」ということ
を主にご紹介しましたが、それ以外にも自己啓発書として読まれても
いいのではないかと思います。

あまり理想論に走りすぎていないので、著者を身近に感じられ、また
普段の仕事の中で活かせられる考え方や心構えが書かれており、
とても好感がもてる本だと思いました。

ちょっと古い本ではありますが、興味をもたれた方、
ご一読してみてはいかがでしょうか?


ということで、本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ

↓こちらもあわせてクリックして頂けるとうれしいです。
FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。