読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガで読むツキを呼ぶコツ-その2-

2007-01-19-Fri-05:50
今回は前回の記事、「マンガで読むツキを呼ぶコツ-その1-」の続きです。

マンガで読む「ツキを呼ぶコツ」の本、

それは【マンガで読む 船井幸雄のツキを呼ぶコツ】です。

マンガで読む 船井幸雄のツキを呼ぶコツ マンガで読む 船井幸雄のツキを呼ぶコツ
船井 幸雄、赤池 キョウコ 他 (2004/07)
グラフ社

この商品の詳細を見る


この本の著者、船井幸雄さんは株式会社船井総合研究所の創業者にして
船井総研グループ約30社の総帥をされています。
また数千社の経営指導にたずさわり、経営指導の神様としても有名な方
です。
経営学や人間学にも詳しく、それらのノウハウも本として出版されており、
著書の数は250冊を超えています。

船井幸雄さんの著書に興味を持たれた方でも、数多くの著書の中から
実際に何を選んだらいいか迷う方もいるのではないでしょうか?
(実際に私がそうでした。)

そんなとき、まずは簡単に船井さんの考えを知りたいという方に、
この本はうってつけだと思います。

とはいえ、この本では経営学については触れていません。

あくまで普段の生活の中にツキを呼び込み、明るく楽しく生きていく
ためのコツを知るための本なのです。

この本ではツキを呼び込むコツは、波動にあると書かれています。

その波動には、以下の4原則があるそうです。

 1.同じものは引き合う。
 2.違うものは排斥し合い、相殺する。
   ⇒似たもの同士を引きつけあい、逆に似つかないものは離れて
    いってしまうこと。

 3.出した波動(=情報)は、フィードバックされて返ってくる。
   ⇒良いこと、悪いことどちらも同じように自分に戻ってくること。

 4.波動(=情報)には優劣がある。
   ⇒人間性の差が波動の優劣につながるということ。

これらを普段の生活の中で活かし、心がけることで、自然とツキを呼び
込むことができるようになると船井さんは語っています。

活字を読み疲れちょっとひと呼吸、そんなときにマンガで読むツキを
呼ぶコツ、試してみてはいかがでしょう?

ということで、今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックして頂けると励みになります。
人気blogランキングへ

↓こちらもクリックして頂けるとうれしいです。
FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。