読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞑想を気軽に始めてみるオススメな方法

2006-08-28-Mon-01:14
今回は、【リラックス系プチ瞑想術】という本のご紹介です。

リラックス系プチ瞑想術 リラックス系プチ瞑想術
宝彩 有菜 (2006/05)
大和書房

この商品の詳細を見る


この本は、2ヶ月ほど前に近所の書店で、別の本を探している最中に
偶然目にとまり、思わず衝動買いしてしまいました。

現在、瞑想に関する本は数多く出版されていますが、瞑想に興味があっても、
実際にどの本を参考に実践したらよいのか迷いますよね。

私も数年前から、瞑想によって日々のストレスが解消できればいいなぁ
という思いを抱いていたので、瞑想に関する本を数冊購入し、
いくつかの方法を試していました。

何とか無理してでも継続させれば、そのうち感覚がつかめてくるだろうと思い、
2週間ほどは頑張ってみたのですが、無理しているものは続かないものなのですよね。

結局、どの方法を試しても、どうにもうまく感覚がつかめず、
途中で投げ出していたのが実情でした。(という言い訳なのですが...^^;)

でも、この本に載っている方法は違いました。

はじめて実践することが継続でき、なおかつ瞑想中の感覚や、
瞑想による効果も感じられたのです。
(そう思っているだけかもしれませんが^^;)

また、親しみを感じる文章で気軽に読めるのですが、
それでいてとても内容の濃い本でした。
瞑想に興味のある方には、是非とも一読をオススメします。
文庫本ということで気軽に買えるというのもありますし!

先ほど効果を感じたと書いておいて何なのですが、
正直、私はこの本の方法を何日か試してみて、当初、あまり効果を感じませんでした。

結局、今回もまた2週間ほどで実践するのを中断してしまったのですが、
しかしその翌日から仕事中に少しだけ頭の回転が鈍くなったのを感じました。
(もともとそれほど頭の回転は良くはないのですが^^;)

はじめは単に日頃の疲れの蓄積によるものだと思い、気にも留めていなかったのですが、
それから1週間後、就寝前に時間の余裕があったので、再度この本の瞑想法を
実践してみたところ、翌日、瞑想をしていた頃の感覚で頭が回転しているのを感じたのです。
これはもしやと思い、それから実践、中断を数回繰り返してみたところ、
やはりその差を感じとれたのです。

そうなると、これはもう瞑想による効果であることを認めざるをえませんでした。

結局、それからは毎日ではないのですが、気が向いたときや、
とても疲れている日の就寝前に、この本の方法を実践しています。

ちなみに、私がこの方法で瞑想した翌日に感じた効果は以下のようなものです。
1.頭の中がスッキリしている。
2.頭の回転がよくなっている。
3.体力も少しだけ回復している。

※あくまで私自身がそのように感じているだけなので、あくまで参考程度にしておいて下さい。
また、私もまだ初心者レベルなので、今後、効果のほどは変化していくと思います。

瞑想って、いかがわしいイメージを持っている方は結構多いかと思います。
ただ、最近は一般の書店でも目立つところに瞑想に関する本が並べられているので、
以前より認知はされてきているとは思いますが...

しかしこの本には、『瞑想って怪しくないんだ』、『瞑想って科学的なものなんだ』、
『瞑想って難しくなく、気軽にできるものなんだ』というようなことが、
やさしく語りかけるように書かれており、それらの知識が無理なく吸収できるかと思います。
瞑想をしている最中の意識の置き所や、意識のコントロール方法なども書かれており、
とても実践的です。
また、この本では瞑想に要する時間は15分程度で、
時間がない時は3分程度で構わないと書かれていますので、
実践するにもそれほど面倒を感じないかと思います。
(才能や難行苦行も必要ないとも書かれていますし)

詳しい方法はこの本を読んでみて、とにかく実践してみることをオススメします。

瞑想は感覚的なものなので、どれが1番いい方法というのはなく、
人それぞれベストな方法があると思います。
でも、この本の方法を実践してみることで、なんとなく瞑想とはこんな感じなんだ(ろうな)
というものを、比較的多くの方が容易に実感できるのではないかと思います。

まずはお試しあれということで...
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。