読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜眠る前のよい習慣とは?

2007-01-07-Sun-10:58
先日、偶然立ち寄った本屋さんで本を眺めていたら、興味深い本を発見
しました。

カバーには『人生は、眠る前の3分で決まる!』、トビラの次には
夜を大切にすれば、明日が変わる』と書かれています。

何でも、夜眠る前に身につけるとよい習慣について書いてある本との
ことです。

今回ご紹介する本は、【いい明日がくる 夜の習慣】です。

いい明日がくる 夜の習慣 いい明日がくる 夜の習慣
佐藤 伝 (2006/12/19)
中経出版

この商品の詳細を見る


この本は、都心で学習塾を25年以上主宰している著者が、その過去の
経験の中から培った、夜の習慣について書かれています。

はじめに書かれている「人は30歳を過ぎると習慣だけが残る」という
西洋の至言の通り、私達は普段の生活でとる行動は、習慣によって支配
されているように思います。
ある意味、その習慣というものが自分自身の姿ともいえるのではないで
しょうか?

この本でも、

「習慣を変えれば運命が変わり、運命が変われば人生が変わる。
 変身したい人は、習慣を変えましょう。」


と書かれています。

では、その習慣とはどのようなものなのでしょう?
この本では52に及ぶ夜の習慣が、以下の5つの章の中で紹介されて
います。

◆第1章 夜はどう過ごせばいいのか?
◆第2章 早めに自分の部屋に帰る
◆第3章 リラックスする
◆第4章 不安をなくす
◆第5章 ぐっすり眠る

この本の中で私が興味を持った習慣は、

1.「明日を幸せにする夜は、どんな夜か?」
 ⇒夜は、ワクワクしながら夢についてイメージしながら眠りにつく
  ことで、潜在意識に夢を刻むことができ、楽に自己実現ができる
  可能性が高くなると述べています。

8.「眠る前に自分の夢をイメージする」
 ⇒1の習慣と似ていますが、こちらは眠る直前に「うふふ」と微笑む
  くらいの楽しいイメージを描くだけでよいそうです。
  それにより、潜在意識にいいイメージを刻み、夢の実現を加速する
  ことができるそうです。

33.「深夜にメールを出さない」
 ⇒深夜に書いたeメールは感情的な文章に陥りがちになるので、極力
  控えた方がよいとのことです。また、眠る直前までパソコンを操作
  していると、神経が高ぶったまま床につくことになり、リラックス
  した状態で眠りにつくことができなくなると述べています。
  これは、私も身に覚えがあるので、自重しなければならないと思い
  ました。

44.「塩と炭を置く」
 ⇒籐(とう)のカゴなどの容器にたっぷりと自然塩を入れ、その上に
  竹炭を立てたものを4セット用意し、それらを寝室の四隅に置いて
  就寝する。そうすることで劇的な安眠効果を得られるそうです。

49.「今日会った人、みんなに感謝する」
50.「自分自身に感謝する」
  
 ⇒眠る前の布団の中で、今日出会ったすべての人たちを思い返し、
  その人たちに「ありがとう」とつぶやいてみることで、自分を取り
  巻く状況がどんどん変化してくるそうです。
  またその後に、何も意識せずとも無事過ごすことができた、心臓
  などの身体機能、しいては自分自身に対し、感謝の気持ちを伝え、
  眠りにつくことが、すばらしい明日につながるそうです。

などでした。

特にこの中でも、良いイメージを抱きながら眠りにつくという習慣は、
たくさんの人や本でも推奨されていることです。

私の知るところでいえば、神田昌典さんの著書【非常識な成功法則】の
中で「タイムマシンに乗って将来と現在の溝を埋める」という章で述べ
られていたり、中村天風さんも寝ぎわの心がけとして、消極的なことは
寝床の中に一切持ち込まないということを重要視しています。

私も、あらためて気をつけなければいけないことだと、想いを新たに
しました。


ということで、この本は多少、スピリチュアル的な面を感じさせるとこ
ろはありますが、夜眠る前の習慣を見直すきっかけとしてみるのもいい
のではないでしょうか?

また、この本と同時発売で【幸運を呼びよせる 朝の習慣】という朝の
習慣について書かれている本もあります。
幸運を呼びよせる 朝の習慣 幸運を呼びよせる 朝の習慣
佐藤 伝 (2006/12/19)
中経出版

この商品の詳細を見る

つまり、それぞれの本から朝と夜のよい習慣を知ることができるように
なっているようです。面白い試みですね!

まずは朝の習慣から、またはどうせなら両方同時にと、それぞれ興味を
もたれた方の習慣を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は、朝・夜両方の習慣を同時に見直すのは大変に感じたので
今回ご紹介した夜の習慣の本のみを購入しました。
まずは夜のよい習慣が定着してから、次に朝の習慣の本を購入したいと
考えています。

ということで、今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックして頂けると励みになります。
人気blogランキングへ

↓こちらもクリックして頂けるとうれしいです。
FC2ブログランキングへ

スポンサーサイト

COMMENT



2007-01-07-Sun-17:51
広介さん、こんにちは。

私、この本に興味大ありです。
しかし、私が訪れた本屋は全て売り切れで、
アマゾンでも入手困難な状況です。
「夜の習慣」は、広介さんの書評より、
大体内容がつかめました。
朝の習慣の書評も楽しみにしたいます。
ぜひ読んでみたい2冊です。
ありがとうございます。

2007-01-07-Sun-23:00
つぶ庵さん、コメントありがとうございます。

この本は最寄の本屋さんや、アマゾンでも売り切れなのですね。
実は私もこの本を最初に発見したときは、朝の習慣の本は売り
切れの状態でした。

ある程度、夜の習慣が身についてきたら、今度は朝の習慣の本
も購入してみたいと思っていますので、書評についてはもう少々
お待ち下さい!

ちなみに、私がたまに利用するセブンアンドワイ(既にご存知かと
思いますが、最寄のセブンイレブンで受け取りができるオンライン
書店です)では、夜の習慣の方は在庫があるようなので、もし
よければそちらでの購入を検討してみてはいかがでしょうか?
(朝の習慣の方は売り切れのようですが...)

※↓以下がそのURLです。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31821834

コメントの投稿

TRACKBACK

幸運を呼びよせる 朝の習慣

昔から「早起きは三文の徳」と言われています。早起きをし、朝行う習慣を少し変えることにより人生が大きく変わります。成功者は朝の時間を大切にしているそうです。より良い人生を手に入れるための「朝の習慣」がこの本にはあります。迷う前に取りあえず実行。その日一日何
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。