読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地上最強の商人~秘密の巻物第三巻より~

2006-12-11-Mon-23:24
今日の本からは、前回に引き続き【地上最強の商人】に書かれている
秘密の巻物第三巻から、私が感銘を受けた言葉をご紹介します。

地上最強の商人 地上最強の商人
無能 唱元、オグ・マンディーノ 他 (1996/09)
日本経営合理化協会出版局

この商品の詳細を見る

それは...

私は、成功するまで頑張りつづける。
私の毎日の努力とは、あたかも堅い樫の大木に加えられた、斧の
一撃のようなものである。
最初に、斧が打ちこまれても、木は微動だにしない。二度、三度と
くり返されても同様である。それぞれの一撃は無意味であり、何の
効果も生じないように見える。しかし、子供じみたこの一撃も、
それがくり返されることにより、樫の木は、ついに倒れるのである。
今日の私の努力は、まさにこれである。
 -P246-

という言葉です。

私はこの言葉を読んだ後、過去の自分を振り返ってみました。

そして、今まで自分が努力してきても、結果に結びつかなかったこと
というのは、結局は途中であきらめてしまったからこそだと、改めて
気づかされました。

人は目標を定め、それに向かって努力しても、それが成果として
なかなか表面に現れてこないと、「その努力は無駄なものではないか」、
「努力している方向性が間違っているのではないか」などと、勝手な
意味付けをして努力することを止めてしまうことが、往々にしてある
のではないでしょうか。

よくよく自分の過去を振り返っても、確かにそうであったと思います。
それって、継続することをあきらめるための、単なる言い訳でしか
なかったのだなぁと...

しかし、例えわずかでも着実に一歩、二歩と進むことで、いつかは
それが実を結ぶのではないでしょうか?
たとえそれが、当初想定していた結果とは違ったとしても、将来の
自分に何らかの成果をもたらしてくれるはずです。

努力を継続させるためにも、努力することを努力と思わずに、まずは
楽しむことが大切だと思います。
過去の私は、努力することを苦しまなければならないものと思い込んで
いたことを、この言葉によって気づかされました。

今後は努力ではなく、その過程を楽しむことを継続させていきたいと
思っています。
そして、その結果、いつかは木は倒れると確信しています。

とは言っても、そんなに気張らずに、まずは楽しみながら続けるという
お気軽な気持ちも必要ですね!


秘密の巻物のご紹介も、今回で第三巻目となりました。
ここまで継続したので、次回以降もしばらくこの流れで、できれば最後の
第十巻までご紹介したいと思っています。

ということで、今日の本からでした。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。