読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地上最強の商人~秘密の巻物第二巻より~

2006-12-09-Sat-23:51
今日の本からは、昨日に引き続き【地上最強の商人】に書かれている
秘密の巻物第二巻から、私が感銘を受けた言葉をご紹介します。

地上最強の商人 地上最強の商人
無能 唱元、オグ・マンディーノ 他 (1996/09)
日本経営合理化協会出版局

この商品の詳細を見る

それは...

今日この日を、私は、心からの愛をもって迎える。
しかし、私は、はじめて出会う人々に対し、どのように接すればよい
のであろうか?
方法はただ一つである。無言のうちに、心の中で、私は彼に近寄り、
そして、「私はあなたを愛している」と呼びかける。この言葉は、
沈黙のうちに語られるが、しかし、それは、私の眼の中で輝き、
私の額のしわをぬぐい去り、私の唇に微笑をもたらし、私の声の中に
こだまする。そして、このとき、はじめて彼の心が開かれるのである。
心がすでに、私の愛で開かれているのに、私の商品を拒みえる者が
いるだろうか?
 -P226-

という言葉です。

私はこの一文を読んで、まず最初に感じたのが、『それは無理だ!』
という想いでした。

人は感情の生き物です。そのため、初対面の人と接するときなどは、
自分が過去に接してきた人達との経験をもとに、その中からより近い
人を無意識に選定し、それをベースに自分独自のフィルターを通して、
その人を見てしまうことが多々あると思ったからです。
また、同じ場面に遭遇しても、その時に支配されている自分の感情に
よっても、左右されると思いました。
ましてや、それが自分の嫌いな人であったらなおさらです。

でも、この巻物を数日間読み進めていくうち、まずはそういう想いは
置いといて、巻物の言葉を試してみるのもよいのではないか。
どうせ試すのはタダだし...と思うようになりました。

それからは、必ずとはいきませんが、初対面の人に接するときは、
その言葉を思い出すように心がけていました。
今、思い返すと、そういう心がけ一つでも、それを継続することで、
後に多大な影響を与えるのだなと感じてます。

そういえば、私は最近、仕事上の人間関係で悩むような出来事がほとんど
起きていません。
そうはいっても、それはたまたまかもしれませんし、今後、何か起きる
のかも知れませんが、少なくともこの巻物の言葉は自分の中に何らかの
影響を与えているのだなと思っています。

ちなみに、この本に書かれている巻物の内容を安価で知りたい方は、
その部分だけ抜き出してある本が別にありますので、そちらを購入
してみるのもよいかもしれません。

その本のタイトルは、【営業マンはつくられる】というものです。

私はその情報を、本のソムリエさまのホームページで知ったので、
地上最強の商人】を購入する前に、しばらく読んでいました。
しかし、【営業マンはつくられる】は、あまりにも直訳すぎて、
イマイチしっくりこない内容でした。

そのため、最終的には【地上最強の商人】を購入するに至ったのですが、
やはり読み比べると断然、こちらの方が読みやすく、また、巻物から
学ぶべき方法がきちんと書かれていたので、購入を検討している方は、
最初から【地上最強の商人】を購入することをオススメします。

それ以外に、どうしても安価で本物の巻物の内容を読んでみたい方は、
まずは最寄の図書館で借りるという方法もあります。
ただ、それだと蔵書が必ずあるという保障はありませんが...

ということで、今日の本からでした。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト

COMMENT



2006-12-11-Mon-19:27
広介さん、こんにちは。

一つ前の投稿では、名前を入れ忘れてしまい、失礼しました。

「地上最強の商人」は面白そうですね。
今回の引用の部分は、
日本一の商人、斎藤一人さんも同じような事を言っています。
一人さんの場合は、出会う人すべてに、
「この人によき出来事がなだれのごとく起きますように」
と思うことだそうです。
そうした思いが、宇宙にこだまして自分に返ってくるのだそうです。
他人あっての商売ですから、自分以外の人を思いやることによって、
自分の味方を増やしていくのだと思います。

2006-12-12-Tue-00:10
つぶ庵さん、コメントありがとうございます。

>一人さんの場合は、出会う人すべてに、
>「この人によき出来事がなだれのごとく起きますように」
>と思うことだそうです。

一人さんの言葉もすばらしいですね!
人と接するときに、自然にそのような想いを抱けるようになれば
それがあたりまえのように自分に返ってくるのでしょうね。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。