読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分」の力で人生が変わる?

2006-10-12-Thu-02:01
普段の生活の中で、あまり意識していない自分の「気分」。
その「気分」の保ち方如何(いかん)で、自分の人生までもが変わってしまうとしたら...

そんな話に興味を持たれた方は、ぜひこの本を読んでみて下さい。
それは【「気分」の力で人生うまくいく! 】です。

「気分」の力で人生うまくいく! 「気分」の力で人生うまくいく!
グラブホーン・L (2005/09/22)
講談社

この商品の詳細を見る


この本は、ビジネスの失敗により借金地獄に陥った著者が、偶然出会った
「引きつける法則」について書かれています。

著者はこの「引きつける法則」を実践することで、お金持ちになっただけでなく、
健康で幸せな人生が送れるようになったそうです。

この「引きつける法則」とは、ネガティブなものが、ほかのネガティブなものを
引きつけるというもので、これを知った著者はそれを応用し、
ポジティブなものを引きつける方法を発見したそうです。

本書はその「引きつける法則」について、4つのステップでわかりやすく説明
しています。

その4つのステップというのは、

1.自分が望んでいないことをはっきりさせる。
2.望んでいないことから、望んでいることをはっきりさせる。
3.望みを感じられる状態にする。
4.あとは待つだけ。

というものです。

まず、ステップ1と2の
「自分の望んでいないことと、望んでいることをはっきりさせる」
についてですが、
本書では「望んでいることのようで、実は望んでいないこと」
に気をつける必要があると述べています。
例えば、「病気になりたくない」、「子供たちにケガをさせたくない」
などがそれにあたります。

また、単に否定形だけでなく、「健康になりたい」、「体重を減らしたい」
などの想いも、人生で自分が望んでいないことに焦点があてられているため、
気をつけなければいけない想いだそうです。
それらのことに注意して、「望んでいることをはっきりとさせる」必要がある
とのことです。

次は、「望みを感じられる状態にする」です。(ステップ3)
それは、悪い状況に目を向けたり強く感じずに、ワクワク、ゾクゾクした気分に
なるようなことをできるだけ長く、強く感じることで、望んでいることを引きつける
のだといっています。

最後は、「あとは待つだけ」です。(ステップ4)
自分がいい気分だと思う直感(インスピレーション)を信じ、従うことを続けて、
望んでいることがやってくるまで待つだけとのことです。
なにもする必要はなく、時よりやってくる自分の直感に従って生きることで
いずれ答えが返ってくるそうです。

さらに本書では、これら4つのステップに入る準備として、心配事を考えずに
自分で自由自在に気分をコントロールできるようにするための、
「実践30日間プログラム」というのも用意されています。


実は、私がこの本を購入したのは、つい2週間前のことでした。
そのため、この本に書かれていることは、まだ自分の中で腹に落ちていない
状態というのが正直なところです。

「じゃあなんでこの本を紹介したのか?」
と思われるかもしれませんが、その理由については、また別の記事で
書きたいと思ってます。

私はまず、先ほどの30日間プログラムに挑戦してみようと思っています。
成果を記事にできることを祈りつつ...
というのは本書でいうとNGですね。

たくさんの成果があって、その模様をワクワクしながら記事にしている
自分の姿を想像しなければいけませんね。

まずはこのあたりから、自分の想いを変えていかなければ...
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。