読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの扉と読書とススメ

2009-09-02-Wed-02:25
またまた久しぶりの更新となってしまいました。

前回の記事を更新してからというもの、やはり以前ほど本は読まなく
なりました。

まぁそれは前回の記事でも書いた通り、意図があって読んでいなかったの
ですが、結局、その答えというのは見つかっていないというのが実際の
ところです。

とはいえ、最近では、正しい答えなどすぐに見つかるものではないとも
感じてたりします。

 自分にとって何が正しいのか?

なんてことは、実は一生わからないものなのかもしれません。

というわけで、このブログも徐々に再開していこうかななんて考えてます。

正直に、今の自分の心がおもむくままに...

さてさて、この1年近く、いくら本を読んでいなかったといっても、
実は全然読んでなかったというわけではありません。

時折、あっ、あの本のあの箇所、ちょっと読み返してみたい...

なんて感じで、読みたいと思った時に自宅の本棚の中から本を引っ張り
出してきて、もの思いに読み返していました。

そんな私が、最近読み返しているのがこの本。

幸せの扉幸せの扉
市川裕一

サクセスパートナーズ 2007-06-01
売り上げランキング : 67741
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は枚数も、文字数も少なく、行間にも余裕がある本なので、
普通に読んでも、あっという間に読み終えてしまいます。

かといって、決して薄っぺらい内容の本ではなく、
しばらくするとまた読み返したくなる、なんともいえない不思議な本です。

私が本書を購入した時には、なんだこの薄っぺらな本は!

なんて実は思ってたりしてました。

しかし読み返すたびに、受け取り方が変わってくるというのでしょうか。

著者の訴えかけてくるメッセージ、その本質の部分みたいなものが
徐々にわかってくるかのような感じがするのです。

本書は巷に多く存在する、俗に言う成功本に書かれていることと
さして内容が変わることは書かれているわけではありません。

だからこそ、購入当時の自分は、他の本と同じだなんて思ってしまい、
さらっと読んで、本棚の奥深くに本書をしまいこんでしまったのだと思います。

それが不思議なもので、数年経った今読み返すと、本書から受ける
印象がまったくといっていいほど、違っている自分に気づきました。

なんといいますか、実は余分な知識やテクニックなど必要なく、
自分が成長するためには、シンプルなことを、素直に愚直に続けていけば
いいのかも...

なんて想いがわきあがってきたのです。

この本を読んで、私も少しは成長したのでしょうか?

いやいや、まだまだ発展途上の私は、読書と一緒に歩んでいくのでしょう。

まさに読書とススメ、そのものですね。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。