読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せのインストール方法とは?

2006-09-25-Mon-06:24
「どうやったらこの状況を変えることができるんだろう。
何をしたら自分はもっとよくなるんだろう。幸せになれるんだろう...」

そんな想いを抱いている方は、是非この本を読んでみて下さい。
即効性はありませんが、何らかの気づきを得たり、日々のちょっとした行動を
変えるきっかけがつかめるかもしれません。

それは【幸せインストール】という本です。

幸せインストール―“いいこと”が起こりだす5つのアプリケーションソフト 幸せインストール―“いいこと”が起こりだす5つのアプリケーションソフト
遠藤 励起 (2005/04)
ゴマブックス

この商品の詳細を見る


著者の遠藤励起さんは、学生や社会人となった後の20代、30代の頃は
失敗や挫折の連続だったそうです。

そんな遠藤さんも現在は、
ゴマブックスという出版社の編集長をされるまでとなり、
そこに至るまでの体験によって学んだことや、
気づきから得た幸せになるための知識が書かれています。

この本の面白いところは、文中に紹介されている内容が、
幸せになりたい方のための「アプリケーションソフト」で、
それらを自分という「ハードウェア」へ順番にインストールしていく
というように、パソコンに例えて表現している点です。

また、その「アプリケーションソフト」も5つの基本ソフトから構成され、
インストールする順番も1から順序よく行う必要があるそうです。
(できればインストールするのは1ヶ月毎がオススメとのことです。)

これら5つの基本ソフトというのは、

1.まず、人生のできごとの意味に気づく!
  ⇒いまの自分は、過去の体験があったからこそ存在する。
   未来の自分は、いまの体験をどう積み重ねるかで決まる。
   まずは、いまの思いが現実をつくっている真実に気づく。

2.思考や言葉・行動を変える!
  ⇒自分の思いと言葉と行動を変えれば、
   まわりの環境が驚くほど早く変わっていく。
   現実は自分が選んで変えていることを確信する。

3.すべてに感謝して、感動して、謙虚になる!
  ⇒人やものに感謝して、感動して、謙虚になると、
   自分のまわりに奇跡がひんぱんに起こりだす。
   人生とは、さまざまな人との調和の中で成り立っていることを実感する。

4.あきらめて、期待しない!
  ⇒「要求から欲求」に変える。
   すると、自分の人生マップが見えてくる。
   そして、自分の人生がいきいきと輝きだす。

5.自分の幸せを多くの人と分かち合う!
  ⇒幸せになりたかったら、まず人を幸せにしよう。
   惜しみなく、わくわくする時間を共有・共感しよう。
   そうすれば、「素晴らしいご縁」という循環が起こりだす。

というものだそうです。

私がこの本をオススメしたいのは、それら基本ソフトの説明もさることながら、
普段の生活の中で心がけることや、日常で実践すると効果のある方法が
書かれている点です。

例えば、
◆昨日と 今日の生活を、「できることからほんのちょっと」変えてみる。
◆極力「穏やかな心」を保つ努力をする。
◆感動する機会を増やす。感動は潜在意識とつながるスイッチである。

など多数のことが書かれています。

ただし、これらのことを実践してもすぐには効果が現れません。
でも、それらを日々地道に続けることで、ある日突然、

「おやっ、これって何かいい方向に向かっているのでは?」

という想いがわいてきて、それが徐々に確信へと変わってくるものと
私は思います。(私もそういう実感が過去に少しだけありました。)

最後に、この本の文中にあった詩をご紹介します。
「ありがたみ」という詩です。

あたりまえはあまりにも
あたりまえだ

あたりまえのように
ごはんをつくってくれる母
話を聞いてくれる友だち

お帰りと言ってくれる人
しっぽをふってくれる犬
そして
あかりがついた家

あたりまえでなくなって
はじめて知るありがたみを
じつに、おろかなことだ

あとはそのありがたみを
どこまでもっていけるか
そこにかかっている


これを機に、「あたりまえ」というものを考え直してみるのもいかがでしょうか?
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。