読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書スタイルについて考えさせられる本

2008-05-06-Tue-08:42
久々に読書術に関する本を読みました。

元マイクロソフト日本法人の代表が著したその本には、
生き方に差がつく「超並列」読書術』なるものが述べられています。

とはいえ、読書術のノウハウが満載というよりは、著者の読書に対する
スタンスやポリシーに重点が置かれて書かれている感が強い本書には、
過激とも思える著者の持論が展開されていました。

思わず自分の読書に対する姿勢について、考えさせられてしまう本。

今回ご紹介する本は、【本は10冊同時に読め!】です。

本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)
成毛 眞

三笠書房 2008-01-21
売り上げランキング : 1001
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書で述べられている、『「超並列」読書術』というのは、10冊の本を
同時に読む方法であり、物理学、江戸の文化、戦記物のノンフィクション、
経営学の論文というような、まったく異なるジャンルの本を同時並行的に
読み漁っていく方法です。

場所ごとに読む本を変えていき、1日の中で何冊もの本に目を通すその
方法は、例えば、リビングや寝室、トイレの中など、ありとあらゆる場所に
ジャンルの異なる本を置いて、それぞれの場所でそれぞれの本を同時
並行的に読んでいくのだそうです。

そして、複数のジャンルやテーマの本を同時並行的に読むことにより、
刺激される脳の部位が異なり、脳をより活性化することができるのだと
著者は述べています。

「超並列」読書術により得られる効用は、「アイデア力の飛躍」です。

本書の方法を実践することで、他の人が探すだろうところから情報を
探し出すのではなく、他の人が意識していないような素材の中から
新たなアイデアのヒントが探し出せるようになります。
また、そうして仕入れたさまざまな情報を自在に組み合わせて、
今までにないアイデアを生み出すことも可能になるのだそうです。

実は私もこれに近い方法で本を読んでいることが多いのです。

移動の際は、常に1冊から3冊ほどの本を持参し、その時の心境で読む
本を選んだり、リビングやトイレ、寝室などにも常にいろいろな本を置いて
あり、その時の思いで本を読んでいます。
ただ、私の場合、読んでいる本のジャンルが偏っているので、もっと異なるジャンルの
本を読む必要があるようです^^;


そして本書では私のような偏った読書をされている方のために、
参考となる本が何冊か紹介もされています。
私が今まで興味を示さなかった本もいくつか紹介されているので、
今後はそれらの本もぜひとも読んでみたいと思わされました。

しかし、本書で展開されている著者の持論は、少々過激とも思える
ような内容です。

私がそう感じた箇所を一部抜粋します。

 井の中の蛙の成功者たちの話を聞いても、たいして得るものは
 ないだろう。その手の成功者の話に感動して憧れているようでは、
 「庶民」から脱することはできない。
 まずは、家にある成功者うんぬんといった本を捨てるべきである。

 どんなに偉い人でも、本を読まない人間を尊敬する必要はない。
 人によく似た生き物、サルに近いんじゃないかと思えばいいだろう。

 月に数冊ベストセラーを読む、というパターンがいちばん質が悪い。
 みんなが読んでいる本を追いかけるようにして読んで、その本の
 価値観や思想を鵜呑みにし、それをさも自分が考えたことのように
 錯覚しているような人は、一生「庶民」からは抜け出せないだろう。


などと、人によっては思わず嫌悪感を抱いてしまうような著者の持論が
展開されています。

とはいえ、ここまで読書に対する持論があるからこそ、著者の現在の
立場があるのです。
一概に否定するのではなく、自分が取り入れられる思考は取り入れて、
読書によって自分の生活をより豊かなものにしていきたい、
私はそう感じました。

本書はもう何度か読み返し、自分の読書スタイルに変化を与えるための
糧としたいと思います。

本書の影響で、今後、拙ブログで紹介する本のジャンルに変化が現れる
のでしょうか?
現段階では、それは定かではありません^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。