読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと気になる速読術

2006-09-23-Sat-13:43
先日、ふらっと立ち寄った本屋さんで気になる本を発見しました。

その名も【プチ速読】。

何でも、たった20分のトレーニングで2倍も速く本が読めるようになり、
それがたった1回のレッスンで習得できてしまう速読術とのことです。

しかもトレーニング用CDまでついています。

『う~ん...本当なのだろうか?
どうせまた、講習会に呼び寄せるための宣伝本なのではないか?』
(以前、速読に関するとある本をを読んだ時、そう感じたので...)

しばらく悩んだ挙句、結局購入してしまいました。

10倍、20倍速く本が読めるというのは眉つばものですが、
2倍ということであればできるかも?と思ったからです。
(これは「10倍速く本が読めるようになるのは無理だ」という思い込みがあるからこそですね)

しかも他の本にありがちな実践法にたどり着く前の長い前説や、
不要と思われる説明なども省かれており、
トレーニング内容に主眼が置かれて書かれている点にも好感が持てました。


ちなみに、最近の私は未読の本が常に10冊ほど溜まっている状態なのに、
気になる本は購入し続けていたので、
未読の本をなくすための1つの方法として、以前から『速読』に興味を持っていました。

全ての本を読んだ後、新たに購入すればいいという根本的な解決策もあるのですが、
一度購入の機会を逃した本は、後日買い求めるのが難しくなってしまうことが多かったので、
最近は気になった本は極力その場で買い求めるようにしています。

速読術については、過去にフォトリーディングに関する本を読んだことがあったのですが、
その時はそれを読んで実践しただけではどうやっても速読術を習得することは無理がある
と感じました。
もちろん習得できる方もいるはずですが、私には無理でした。

また、どうしても習得したい人向けに専門の講習会も用意されてはいるのですが、
参加費用が10万円を超えてしまうとのことです。

私はそんなにお金をかけてまで習得する気にはなれなかったので、
その時点で速読術を習得することはあきらめていました。
(だったらその分、自分に有益な本を購入する方がいいと思ってます^^)

そんな経緯があってのこの本との出会いだったのですが、
実はまだ1度流して読んだだけで、トレーニングは行っていません。

そのため、この本の詳しい紹介については、
実際にトレーニングをしてみて私が効果を感じられてからと思っています。

しかし、私はどうもこの『プチ』という言葉に弱いみたいです。
まだまだ小手先のテクニックに頼りたいという、浅はかな考えがあるようですね...

プチ速読(CD付き) プチ速読(CD付き)
池江 俊博 (2006/08/25)
総合法令出版

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。