読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をかなえる赤い本

2007-11-14-Wed-02:09
最近相次いで発刊されている「引き寄せの法則」に関する本。

以前、【サラとソロモン】を読んで「引き寄せの法則」に触れてからと
いうもの、その法則については、私も可能な限り日常の中で意識する
ようにしていました。

 単なる知識の一つで終わらせず、法則を日常生活の場で
 活かせないものか?
 スピリチュアル的な要素が強い法則を、それらと相反する
 ビジネスの環境でこそ活かせないものか?


そんなことを考えながら、日常生活を送っていました。
とはいえ、なかなかこれっていう確証がとれていないというのが実情なのですが^^;
 ※【サラとソロモン】に関する過去の記事は以下をご覧下さいませ!
  「サラとソロモン」から引き寄せの法則を学ぶ
  引き寄せの法則を学ぶための基礎固め?-「サラとソロモン」から-
  日々の生活に引き寄せの法則を活かしてみる?-「サラとソロモン」から-


そんな私も、最近発刊された「引き寄せの法則」に関する本を何冊か
読んでみました。
どの本に書かれていることもすばらしく、皆さんにお伝えしたいこと
ばかりでした。

とはいえ、まとまった時間が確保できない現状では、なかなか記事と
して整理できていないというのが実情です。
申し訳ありませんが、それらの本のご紹介については、もう少々お待ち
下さいませ^^;


話は変わりますが、私はここのところ「引き寄せの法則」に関する本を
読んでいて、とある本の存在が妙に思い出されました。
そこで、今回はその本について、簡単にご紹介したいと思います。

ずいぶん前に購入した本ではありますが、折をみてよく読み返している
本です。

それは、ナポレオン・ヒル、デール・カーネギーよりも以前に発刊された
古典的名著であり、世界で300万部も読み継がれた匿名の成功者の
メッセージが描かれています。

その本の名は、【イット・ワークス

すべての成功法則のルーツとなったその小さな本は、夢をかなえる赤い
本と呼ばれています。

ムダをそぎ落とした少ないページ数の中に、願望実現の方法がギュッと
詰まった本。

短い内容だからこそ、読み流すと「よくある話だな」と思わず思って
しまうかもしれません。

しかし本書の訳者は、こう述べています。

 でも、考えてみてください。
 もしそうであれば、80年もクチコミだけで売れ続ける、
 なんてことが起こるでしょうか?
 大きな宣伝もしないのに、何百万部も地道に売れ続ける、
 なんてことがあるでしょうか?
 きっとそこにはそれだけの内容が隠されているはず。
 そう思いませんか?

 1回だけでなく、繰り返し繰り返し読んでみてください。
 作者が本当に伝えたかったことを感じてみてください。
 文章の奥深くにあるメッセージを探してみてください。
 そして理解するだけにとどまらず、理解したことをぜひ
 実行してみてください。


その方法とは、まず自分の「欲しいものリスト」を作成します。
これが自分の中でしっくりくるまで、毎日書き換えます。

そしてその後は、以下の3つのステップを繰り返し実行します。

 1.一日三回、朝・昼・晩に「欲しいものリスト」を読む。
 2.あなたが欲しいものを一日の中でできるだけ多く思い浮かべる。
 3.あなたが欲しいものを誰にも話さない。


たったこれだけです。
本当にこれだけで、「欲しいものリスト」に書かれた項目が実現すると
いうのです。

また、本書は裏面から読むと、英語の原文が読めるようになっています。
日本語に訳された文章と比較しながら読み比べるということも可能な
構成となっています。

極めつけがこれ

英語の原文の音声、単語シートが無料でダウンロードできるという特典
までついてます。

シンプルな内容ではありますが、意外と真実はそんなものなのかも
しれません。

さまざまな嗜好をこらした本書に触れてみて、著者が本当に伝えた
かったメッセージを汲み取ってみてはいかがでしょう。

イット・ワークス 夢をかなえる赤い本イット・ワークス 夢をかなえる赤い本
RHJ 三浦 哲

成甲書房 2005-03-18
売り上げランキング : 11481
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かくいう私は汲み取れていませんが^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。