読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらゆる幸せのエッセンスがつまった本?

2007-10-28-Sun-23:27
忙しさにかまけて、日々振り返りの時間を持つことを怠っていた今日
この頃...

日々のちょっとした時間に自分を振り返るためのワークに取り組んで
みようかという思いから、手にした本のご紹介です。

それほどページ数もなく気軽に読めますが、その内容は著者と先人達の
智恵がぎっしり詰まっています。

とはいえ単に読んで終わらせるのではなく、例え1つでも本書のワーク
に取り組むことで、本当の効用が得られる本。

今回ご紹介する本は、【幸せの法則】です。

幸せの法則幸せの法則
望月 俊孝

中経出版 2007-09-01
売り上げランキング : 624
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は宝地図ナビゲータとして有名な、望月俊孝さんの著書です。

望月さん自身の体験だけでなく、ボロボロになるまで読んだ先人の教え
や、望月さんのメンターや友人、そして過去に直接お会いした10万人の
方々から教えてもらった「あらゆる幸せのエッセンス」を注ぎ込んで
書いたという本書は、全体を通して望月さんの人としての温かさが伝わ
ってくるように感じます。

厳しくあれをやれ、これをやれというよりも、こういうことをやると
幸せに近づいていくよ、こういう方法もあるよという感じに、やさしく
語りかけてくるのです。

本書では1つの幸せの法則が2ページで、そしてそれが40項目にわたり
紹介されています。

そして、それぞれの法則に1つずつ用意されているワークは、そのどれ
もが、すぐにでも「やってみようかな」という気にさせるものでした。

実はこれが重要な気がします。
紹介されているワークがあまりにも敷居が高いものだと、結局先延ばし
にして、そのまま取り組まずに終わってしまうことにもなりかねません。
私がいい例ですが^^;

その点、本書のワークは、メモができる程度の紙があれば、すぐ
その場でできるものばかりなので、ちょっとした時間を利用して、
気軽に取り組んでみようかという気にさせられるのです。

私も早速、いくつかのワークに取り組んでみました。

その中でも特に印象深かったのが、「一瞬にして幸せになる方法」と
いうものです。
気になった方、以下の簡単なワークを試してみて下さい。
(注)これはワークの前に書かれていた文章からの紹介です。
  実際のワークの内容はこれと異なります^^;


 今、もし失うことになったら、とっても悲しくなってしまうことを
 3つ以上あげて、3分間だけそれを失った状態を想像してみて
 ください。
 「そんなことを考えたくないよ」と、心の中で叫んだ人もいると
 思います。
 ご安心ください。この質問にしたがって、3分間思いをめぐらす
 ほど、実は失う確率は低くなります。
 それだけでなく、この実習の後で一瞬にして幸せな気分になる
 ことができます。
 どうですか?
 悲しみや痛みも感じるでしょうが、同時に、そのかけがいのない
 ものが目の前にあり、存在することがありがたく、いとおしく、
 大切にしようと思ったことでしょう。
 今ある幸せを忘れてしまっては、「なくしてはじめて気づく」
 ということにもなりかねません。
 「幸せとは獲得するものではなく、感じるものだ」といって
 よいでしょう。

というものです。

私はこのワークを読んだその場で試してみました。
すると、本当に一瞬で、今の自分がどれほど恵まれているのか、
改めて認識させられたのです。

それからというもの、私はことあるごとに、このワークを行うように
しています。

それまでどんなに気がめいっていても、自分の気持ちを切り替えること
ができる、とても強力なワークだと私は感じました。

実際に試された方、いかがでしょう?


ほかにも本書は、たくさんのすばらしい教えに富んだ内容となって
います。

 その時々の状態で、自分にあったワークに取り組んでみて、
 それを自分の習慣にする。

 そしてそれを継続していく。

 そしていつの間にか、ほとんどの法則が自分の習慣になっていく。

 そしてその先にある自分の姿は...

なんだかワクワクしてくるのは、私だけでしょうか^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。