読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤一人さんもイチ押しの物語?

2007-08-15-Wed-00:08
先日再読した【アルケミスト】を読んでからというもの、最近、物語風な
自己啓発本にハマり気味な私です。

その本の物語に引き込まれると同時に、人生を生きていく上で大切な
教訓や気づきを与えてくれることが、私にとってたまらない魅力なの
かもしれません^^;

そんな私が先日再読した本が、【ホワンの物語】。

この本も随分前に購入したものですが、改めて読み返してみると以前は
気づかなかったようなことが、私の心にたくさん響いてきました。

しかも本書は斎藤一人さんや、私が憧れる「読書のすすめ」店長の
清水克衛さんもオススメしている本だと、今さらながらに気づきました。
まったくお恥ずかしい限りです^^;

ちなみに本書のことを斎藤一人さんは、

 「この本は、おもしろいから読んだ方がいいですよ。
  それと楽しみながら大切なことを教えてくれるいい本ですよ。」


という言葉で。
また清水克衛さんは、

 「成功法則っていうと、なんか人ごとのようでたまに眠くなって
  しまうような本が多かったりします。しかし、この本は物語に
  なっているので、読み進むうちに主人公が自分自身と一体に
  なり、成功哲学が自然と楽しみながら頭の中に刻み込まれます。
  物語の中では主人公が恋なんかもしちゃいます。
  ハラハラワクワクドキドキ!人間は幸せになるために生まれて
  きたのです。
  どうぞこの本から幸せの種を心の中に植え付けてみてください。」

 
という言葉で、それぞれオススメしています。


若干古い本ではありますが、未だ色あせない、というより今後も色あせる
ことのない、人生を幸せに生きていくための普遍的な法則について
書かれた本。

今回ご紹介する本は、【ホワンの物語】です。

ホワンの物語―成功するための50の秘密
ホワンの物語―成功するための50の秘密ロバート・J. ペトロ Robert J. Petro 山川 紘矢

おすすめ平均
stars成功というより幸福になる本
starsよい物語です。
stars最近のイチオシ!
stars読んでいて、とても楽しいデス!
stars感動しました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書の著者「ロバート・ペトロ」さんはアメリカのビジネスの世界で成功
した億万長者であり、アリゾナ州に「カウボーイと無法者の西部の街」
というテーマパークを持つほどの人です。

なんと本書は、著者が【アルケミスト】を読んで、それと似たような本
で自分の体験から学んだ成功哲学を組み込んだ本を書きたいという
思いから生まれた本とのことです。
どうりで、双方の物語を読み比べてみると、どことなく似通った所を感じさせるもの
があります^^;


貧しい境遇で生まれ育った少年が、やむにやまれぬ事情から故郷を追い
出され、一頭のロバを引き連れて都会に出て行く所から、本書の物語は
始まります。

気弱で人付き合いが苦手な少年が、ふとした拍子で出会ったメンター
から人生で成功するための学びの機会を得ながら、ビジネスマン、
そして人間として成長していく過程が、物語として描かれています。

読み進めていくうちに、主人公と一体化し、冒頭の清水さんの紹介文
の通り、ハラハラドキドキしながら、いつのまにか本書の物語の中に
引き込まれてしまうのです。

訳者の山川夫妻があとがきに書かれているように、本書は
【アルケミスト】ほど宇宙的かつ神秘的ではなく、実際的で
現世的な本
だと思います。

それゆえに、読者にとって、より現実味を抱かせてくれる物語となって
いるのです。
それは著者のペトロさんが、実際に成功した自身の体験を、主人公の
少年に託されて語られているからなのでしょう。


お盆休みを過ごされていて、比較的時間に余裕のある方、ぜひとも
この機会に本書の魅力に引き込まれてみてはいががでしょう?

時間が経つもの忘れてしまうほど、夢中になってしまう方もいるかも
しれません^^;


次回は本書の中から、私の心に響いた言葉などを、いくつかご紹介
したいと思います。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



2007-08-17-Fri-05:19
初めまして。

FC2ブログランキングから飛んまいりました。

ちょうど「ホワンの物語」を持っていたのにまだ読んでいなかったので、これを機に読んでみようと思いました。

物語ってメタファーですから、直接「やれ」と指示されなくても
無理なく抵抗なく自分の中に入ってくるんですよね。

実はセラピーの現場でもメタファーは強い暗示として
良く使われています。

そう考えると小さい頃読んでもらった昔話って思っていた以上に強烈なメタファーとして人生に影響を与えていると思います。

ブログのことで

2007-08-18-Sat-07:13
突然ですが、もし、さしつかえなければ、
私のサイトに、あなた様の
ブログを登録していただけないでしょうか。
ランキングを楽しんだり、
さまざまなブログを拝見したり、
ブログライフの引き出しとして、
お願いできないでしょうか。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
是非、御願いします。

コメントありがとうございます

2007-08-18-Sat-07:35
正しいネガティブのススメさん、コメントありがとうございます。

正しいネガティブのススメさんも、本書をお持ちなのですね。
なかなか分厚い本で読み始めるのに躊躇するかもしれませんが
機会があればぜひとも読んでみて下さいね!

正しいネガティブのススメ さんはセラピストをされているのですね。
セラピストならではの深いお言葉に、色々と考えさせられました。

確かに「小さい頃読んでもらった昔話」って、自分では気づいて
いなくとも、深い影響を与えていると思います。
私も子を持つ親として、自分の子供に読んであげる絵本などには
色々と考えさせられるものがあります。

ぜひともまた拙ブログに遊びに来て下さいね!
今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。