読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無能唱元さんが書いた潜在意識の世界 -その2-

2007-07-31-Tue-00:54
今回は前回ご紹介した、【「らくらく瞑想」で夢はかなう】から著者の
無能唱元さんが語る阿頼耶識(あらやしき)というものについて、
私の印象に残った点をいくつかご紹介したいと思います。

「らくらく瞑想」で夢はかなう―なりたい自分を心に描く (サンマーク文庫 G- 100)「らくらく瞑想」で夢はかなう―なりたい自分を心に描く (サンマーク文庫 G- 100)
無能 唱元

サンマーク出版 2007-06
売り上げランキング : 64893

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者の無能唱元さんは、阿頼耶識に入るものは意識であると説いている
のですが、それが必ずしもストレートに入るわけではないのだと述べて
います。

自分の思いが現実に変わるまでには、少なくとも3つの関門があるためで
あるからだという理由です。

ではその3つの関門というのは、一体何なのでしょうか?

まず1つめの関門についての説明です。

こんな想像をしてみて下さい。

自分の心の奥底にある阿頼耶識の入り口に1枚のカラー・スライドが置か
れていて、送られてきた自分の思いが阿頼耶識に入ろうとする際、この
スライドを通過しなければならないとします。

そして自分の思いを、凝縮されたひと筋の光線と考えて下さい。

ところで先ほどのカラー・スライドに使用される色は2つあって、1つは
バラ色(希望であり、肯定を表す)で、もう1つの色をグレー(恐れで
あり、否定を表す)とします。

このカラー・スライドの色、それは自分の日常の感情を表しています。

さてここで、自分が何かを願ったとします。

願いは希望であり、それが達せられたときに喜びをもたらすものです
から、この思いの光線はバラ色です。

このバラ色の光線が阿頼耶識に送り込まれようとするときに、入り口に
あるスライドがグレーであったらどうでしょう?

光線のバラ色は、スライドのグレーと混じり合って濁ってしまい、希望
の思いはそこでストップしてしまいます。

つまりバラ色の願いは、バラ色のスライドのみを通過して阿頼耶識に
入ることができるのです。

逆もまた同じです。

実に多くの人が、成功や発展を願いながらその希望を達成できないのは、
スライドがグレーだからなのです。

つまり日常の感情がグレーであり、そのためにスライドまでもグレーに
染まっているからなのです。

いかに願いを繰り返し、思いを力強く阿頼耶識に送ろうとしても、この
スライドの色が同調しないかぎりインプットは行われず、したがって因
が、やがて来るべき日の結果、すなわち果と結びつく縁が生じないのです。

ここまでが1つめの関門についてです。


次に2つめの関門です。

1つめの関門を通じ阿頼耶識に入ってきた意識は、それまでに受入、蓄え
られていたもろもろの因の集合体の中に突入し、そこでドロドロと混ぜ
あわせながら、しだいに1つの像を結んでいきます。

そしてなんと、その過程で因にともなっていた人称名詞は失われていって
しまうのです。

「私、彼、あなた」という人称が失われ、「うれしい、悲しい」などの
形容詞のみが残ることになるのです。

例えば、自分にライバルがいて、そのライバルが失敗すればいいと
願っているとします。

この願いが阿頼耶識に入ると、「あいつ」という人称が消えて、相手を
ねたむ感情だけが残ります。

このとき、ライバルが寛容で陽気な人だったら、ライバルの阿頼耶識に
憎いという因が入ることができず、自分の持っている憎いという感情は
自分にはね返ってきます。

憎いというのはグレーな感情なので、自分のカラー・スライドはグレー
1色となっており、入った因は行き場がないので、自分に影響するという
わけです。

よく他の人の陰口を発すると自分にはね返ってくると言われますが、
まさにその理由がここで述べられています。


そして3つめの関門です。

阿頼耶識の中で像が結び終わると、阿頼耶識は自動的に外界との交渉を
始めます。

つまり外界に何らかの縁を求め、それと結びつき、それを利用して現実界
に姿を現してくるのです。

ここまでが、自分の思いが現実に変わるまでの3つの関門というものの
説明です。


では、このグレーとなってしまった自分のスライドや、阿頼耶識に入って
いるグレーな因を、バラ色に変えてしまう方法はあるのでしょうか?

次回に続きます。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。