読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命を決める牽引の法則 -その2-

2007-07-11-Wed-06:37
今回は前回ご紹介した【すべての「結果」は引き寄せられている
の内容について、触れてみたいと思います。

すべての「結果」は引き寄せられている―運命を決める「牽引の法則」すべての「結果」は引き寄せられている―運命を決める「牽引の法則」
澤谷 鑛

総合法令出版 2007-06
売り上げランキング : 99

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は「牽引の法則」というものは、一体どういったものかという法則
自体の解説と、「牽引の法則」を用いて実際に悩みを解決したいくつか
の実例が紹介されています。

法則の概念をおぼろげに理解するだけでなく、具体的な実例を交える
ことで、より理解が深まるような構成となっています。

また法則の解説においては、単なる解説だけで終わらず、「牽引の法則」
を用いた、よきものを引き寄せるための実践法まで紹介されています。

本書を読むことで、わざわざ著者のセミナーに参加せずとも、実際に
セミナーで行われているワークが、自宅でも体験できるようになって
いるのです。
とはいえ、実際のセミナーではもっと濃いワークが用意されているようですが^^;

この「ワーク」というものは、一口でいうと、

 恨み・憎しみ・恐怖・不安・怒り・自分自身をとがめる心
 など、鬱結(うっけつ)した感情を消すこと


にあります。まさにクレンジングですね^^;

この自分を抑圧する感情こそが、しあわせな人生の実現に向け、
よきものを引き寄せるのをはばむ、不要なブレーキとなるからです。

本書ではそれらを解消するために、抑圧感情をありのまま紙に書くこと
を薦めています。

そして書いたその紙を、ある方法で処分してしまうことで、心のゴミや
毒が昇華していくような気持ちになり、心が晴れ渡るはずだと著者は
述べています。
発売直後の本なので、その方法を事細かにご紹介するのはどうかと思ったので、
今回は概要だけでご勘弁願います^^;


なおそこに至るまでの過程では、いくつかポイントとなる箇所や、注意
しなければいけない点があります。

その続きとして、心を愛で満たすためのワークなども用意されています
ので、実際にワークに取り組む際は、ぜひとも本書を読んでから実践
してみて下さい。

私自身、本書に書かれているワークは、まだ実践してはいないのですが、
本書は読むだけでも心によい変化を与えてくれるように感じました。

特に「牽引の法則」を用いて実際に悩みを解決したいくつかの実例を
読むことが効果が高いように思います。

そのときの対応の模様が具体的に表現されていることが、自分の感情を
移入し易くさせ、それが自然と過去の自分の出来事に置き換えることに
つながる。
そしてそのことが、残存していた自分の中の想いを、少しだけクリアに
してくれたのではないかと感じました。

以前ご紹介した【ゆるしのメッセージ】のワークに引き続き、本書の
ワークもぜひとも実践してみたいと思います!
とはいえ最近はなかなか自分の時間を確保することが難しいのですが^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



2007-07-15-Sun-14:31
広介さん、こんにちは。

今回取り上げられている本、たいへん興味があります。
私も「牽引の法則」はあるのではないかと思っていました。
自己啓発の本などでは、必ずイメージをすることを勧めてますよね。
「マスターの教え」にも同じようなことが書いてありました。
今回の広介さんが紹介してくれている本は、その実践編という感じがします。
抑圧が望む結果にブレーキをかけているとも知りませんでしたし、
その対処方法があるなどとは、目からうろこのような気がします。

今回紹介されている本は、幸せ成功の野口さんや、
夢マップの望月さんも推薦させているので、興味を持っていましたが、
広介さんの書評をよんで、ぜひ読みたくなりました。
次回書店に行ったときに買って読みたいと思います。
素晴らしい本の紹介ありがとうございます。

つぶ庵さん、ありがとうございます

2007-07-17-Tue-06:19
つぶ庵さん、コメントありがとうございます。

本書の著者澤谷さんは、鏡の法則の著者である野口さんや、
宝地図で有名な望月さんにゆかりのある方だそうで、本書でも
推薦文が寄せられています。

祭り準備で慌しかった私は、本書のワークは未だ実践できて
いませんが、ぜひとも本書のワークは実践したいと思っています。

ぜひとも本書を手に取ってみて下さい。
つぶ庵さんの書評、楽しみにしております♪

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。