読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はこの本で痩せました

2007-06-12-Tue-00:54
先日、仕事で着用する夏用のスーツを購入しました。

久々のスーツ購入ということでサイズを測ってもらったところ、
数年前に比べ、ウェスト周りのサイズが一回り小さくなっていました。

以前より痩せたことを、改めて実感させられる出来事でした。

ちなみに現在の私の体重は68kg、1年ほど前は78kgほどあったので、
その頃に比べると、10kg近く減っています。

一時期は65kgまで体重が落ちたこともありましたが、最近では
66kgから68kgの間を行ったり来たりしています。

数年前に80kg近くあった体重を考えると、今ではとても信じられない
心境です^^;

私の身長は170cmなので、標準体重と比べると今でも太り気味と判断
されますが、もともと骨太でかつ筋肉質であった私は、80kg近くあった
時期もさほど太っているようには見られませんでした。
単に自分が気づかなかっただけ?^^;

最近では以前購入したスーツや私服がゆとりがありすぎて、ほとんど
買い換えなければならない状況にまで陥っています。
うれしい悩みではありますが^^;

私がここまで痩せた理由、それはある本に書いてあることを実践した
からだと思っています。

とはいえ実のところ私は痩せることを目的として、そのことを実践した
わけではありません。
とある効果を得たくてそのことを実践したのですが、結果的にその
主目的を果たす前に痩せてしまっただけなのです。

今回はその秘訣が書かれている本のご紹介です。
今回ご紹介する本は、【長生きしたければ朝食は抜きなさい】です。

長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは 長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは
東 茂由、甲田 光雄 他 (2002/08)
河出書房新社

この商品の詳細を見る


本書はつぶ庵さんのブログでその存在を知り、その効用にひかれ
購入にふみきりました。
※書評については、私よりつぶ庵さんのブログを参考にして下さい^^;

ちなみに私が得たかった効用とは、慢性的な疲労感からの脱却です。

この方法を実践されているつぶ庵さん自身、睡眠時間が少なくても
疲労が蓄積しない
と書かれていたことが、私にとってはとても魅力的
でした。

本書では健康を害する最大の原因は、食べ過ぎることにあると断定
しています。

その理由は、食べすぎは、腸の働きを低下させ、宿便をためるもとに
なり、さまざまな病気を引き起こすからです。

また食べ過ぎることで、内臓に負担がかかり、内臓を疲れさせて
しまいます。

単にそれが内臓の疲労だけで終わればよいのですが、実際に体感を
伴う疲労となって現れてくるのです。

食べ過ぎないことは、健康を守る最大の基本

本書ではこのことを裏付ける理由が、これでもかというほど説かれて
います。

そして私たちが今まで常識としていたことを、ことごとく覆すような
説明もされています。

例えば、塩分のとり過ぎはよくないと聞くことが多いかと思いますが、
本書ではそれよりも糖分のとり過ぎの方がよくないと説いています。

また肉食や現代栄養学についても、ことごとく否定しています。

そして本書では食べ過ぎを防ぐための方法として、朝食抜きの1日2食
を推奨しています。

とはいえ、単に朝食を抜くだけでは効果がありません。
そのためには、前日の夕飯から次の日の昼食までに18時間の間を空け
たり、寝起きに水を飲んだり、昼食までに飲む水の量などを意識したり
する必要があります。

よって実際に試してみたい方は、単純に朝食を抜くだけでなく、必ず
本書を読んでからその方法を実践してみて下さい。

そして一番重要なのは、何よりも食べる総量を減らすことです。

単に1日2食を実践するだけでなく、間食を止めたり、常に腹八分目を
心がけたりして、食べる総量を減らすのです。

実は私、本書の方法は現在中断しています。

私は幼少の頃から朝食をとるのはあたりまえの生活を送っていました。
そのため、朝食を抜くのはかなり抵抗があったのですが、本書にもある
通り、徐々に朝食の量を減らしてから、朝食抜きを開始しました。

しかし本書の方法を実践して3ヶ月が過ぎた頃、あまりにも急激に痩せ
すぎしまったのです。一時期は65kgを切ってしまいました^^;

身体の方は問題なく、むしろ快適になったのですが、痩せすぎたことで
色々と不便に感じることが発生し、朝食抜きは一時中断することに
しました。
本書では一旦落ちた体重も、適正値まで増えるとは書かれていましたが^^;

よって現在は少量ですが朝食をとっています。
とはいえ、食事の量自体は全般的に減らしています。
それが体重をキープしている要因なのだと思っています。

私は本書によって、食べる物に対する意識が変わったような気がします。
最近では、身体に悪そうな食べ物(脂っこい物や肉料理など)も、
食べなくはないのですが、あまり好んでは食べなくなりました。

食事に対しちょっとした意識を持つだけでも、体重に影響が出てくる
のかもしれません。

得体の知れない疲労を感じる方、これを機に食事の量と食事のとり方
にも目を向けてみてはいかがでしょうか?


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

COMMENT



2007-06-12-Tue-23:27
お久しぶりです。

今日は少しお知らせをしたいと思いまして、
訪問させていただきました。

この度、インターネット上で、

「心のディスカッション」

という企画を立ち上げました。

いろんな人が自分の悩みや想いを
この場所を通して表現して、
互いにコトバを交わすことによって、
温かい1つのネットワークを繋げていきたいと思い、
このような企画を立ち上げることにしました。

まだまだ模索中というカンジのサイトですが、
ぜひ、参加してみてください。

詳細は、私のブログに載せてあります☆

詩集ブログ「あなたに勇気をくれるコトバ」
管理人:にーちゃ

http://shimochan813.blog92.fc2.com/


※コピー投稿になってしまい申し訳ありません.

ごあいさつ

2007-06-13-Wed-05:04
はじめまして、突然のコメント失礼いたします。

「日本ブログ新聞」と申します。

よろしければ、当紙面に記事を掲載されませんか? ランキング形式ではございますが、少しでも、貴方様のブログへのアクセス増にお役に立てればと思います。

よろしければ、ご参加下さい。

サンプル http://www.japanblog.jp/ranking.php?mode=new

なお、このご案内が重複しておりました場合は、ご容赦下さい。

失礼いたします。m( _ _ )m

http://japanblog.jp/

japan.blognews@gmail.com

2007-06-13-Wed-05:53
広介さん、こんにちは。

拙ブログを紹介していただきありがとうございます。

広介さんも、1日二食、実行されたんですね。
そして、目に見えて効果が現れたみたいですね。
広介さんが80kg近くあったとは、想像がつきませんでした。
今は66~68kgとはかなり痩せられましたね。

慢性疲労の法は脱却されましたか?
私の場合は肝機能の改善が見られ、
睡眠時間が短くてもさほど苦痛にはならなくなりましたが、
広介さんの場合、多忙というのも疲労につながっているんでしょうかね。
私は幸い、仕事においてはストレスがほとんど無く、
申し訳ないことにいつも定時に帰っています。
もちろん休日出勤などというものはありません。
でも、体が重いだけでも、それだけ疲労がありますから、
体重が軽くなった分、疲れも減少するものと思います。

私はこれからも、1日二食を続けていくつもりです。
広介さんもがんばって下さいね。
今回は本当にありがとうございました。

にーちゃさん、ありがとうございます!

2007-06-13-Wed-22:48
にーちゃさん、コメントありがとうございます!
こちらこそ、すっかりご無沙汰しております^^;

「心のディスカッション」、興味深い企画ですね!
ぜひ私も参加させていただきますね!

今後ともよろしくお願いします♪

Re:日本ブログ新聞さま

2007-06-13-Wed-22:51
日本ブログ新聞さま、コメントありがとうございます!
参加については検討させていただきます。
告知ありがとうございました!

つぶ庵さん、ありがとうございます!

2007-06-13-Wed-23:14
つぶ庵さん、コメントありがとうございます!

>広介さんも、1日二食、実行されたんですね。

つぶ庵さんに本書のご紹介を受けてから、私も密かに実践して
いました^^
あまりにも痩せていく自分の姿を見て、恐ろしくなったほどです(笑)
私にとっては今がベストな体重のように感じてます。

>慢性疲労の法は脱却されましたか?

慢性疲労に対しては、効果を感じれなかったというのが正直な
ところです。
とはいえ、私の場合は完全に睡眠不足が原因だと思っています。
遅い時間に帰宅し、食事をとってからのブログ更新という
パターンが多く、平均すると3~5時間の睡眠時間というのが
実情です^^;

つぶ庵さんは例え定時で帰宅しても、その後の時間をとても有効
に使われていて、いつも凄いなぁと思ってました!

私も1日二食といわないまでも、色々と工夫しながら少食を続けて
いきたいと思っています♪

こちらこそ、いつもありがとうございます!

コメントの投稿

TRACKBACK

長生きしたければ朝食は抜きなさい

―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは著者は長年、医療ジャーナリストとして、医師や東洋医学の指導者などを取材してきましたが、甲田博士ほどの凄腕はほかに知りません。並みの医師が幼稚に見えるほど、その見識と実力、人間生の奥深さ....
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。