読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリー先生からの珠玉の言葉

2007-05-30-Wed-00:01
今回は前回に引き続き【普及版 モリー先生との火曜日】から、
私が共感した言葉たちを綴ってみたいと思います。

普及版 モリー先生との火曜日 普及版 モリー先生との火曜日
ミッチ・アルボム (2004/11/21)
NHK出版

この商品の詳細を見る


モリー先生と著者のミッチ・アルボムさんによる、二人だけの毎週火曜
日の授業は、それぞれ異なったテーマで、計14回とりおこなわれています。

本来はそれぞれの授業内容について、簡単にご紹介するのが望ましい
かと思ったのですが、今回はあえて私の心に響いた言葉たちをできる
だけそのままの形で記し、その中からこの本からのメッセージを感じて
いただければと思い、覚書の形をとってみました。

では早速ご紹介に入りたいと思います。

 人生でいちばん大事なことは、愛をどうやって外に出すか、
 どうやって中に受け入れられるか、その方法を学ぶことだよ。

  「最初の火曜日-世界を語る」から

 必要なときには、まず思いっきり泣く。それから、人生にまだ
 残っているいいもに気持ちを集中する。会いに来ることになって
 いる人のこととか。聞く予定の話とか。

  「第二の火曜日-自分をあわれむこと」から

 今のような文化状況じゃ、死ぬ間際にならないとこういった
 ことまで気が回らないね。みんな自分本位のことでがんじ
 がらめだから。仕事のこと、家族のこと、かねは足りるか、
 借金は払えるか、新車を買うとか、暖房が故障したら直すとか。
 ただ暮らしをつづけるために数知れないことにかかわって
 いかなけりゃならない。これでは、ちょっと立ち止まって
 反省する習慣がつかないよ。これだけなのか?自分のやり
 たいことはこれだけか?何か抜けているんじゃないか?
 と時には考えないと。

  「第三の火曜日-後悔について」から

 誰もいずれ死ぬことをほんとうに信じてはいない。
 なぜかっていうと、みんなまるで夢遊病者なんだな。われわれ
 はこの世界のことを心底から十分に体験していない。それは
 半分眠っているから。やらなければいけないと思っていること
 を無反省にやっているだけだから。
 いずれ死ぬことを認識すれば、あらゆることについて見方が
 がらっと変わるよ。

  「第四の火曜日-死について」から
 
 子供を持とうが持つまいかときかれたら、どうすべきだとは
 決して言わないことにしているんだ。
 ただ「子供を持つのと同じような経験はほかにないですよ」
 とだけは言う。ほかに代わりはないんだ。友だちも恋人も
 代わりにならない。

  「第五の火曜日-家族について」から

 さびしさについても同じこと。おさえるな、涙の流れるままに
 まかせろ、とことん味わえ-そうすればやがてこう言えるように
 なる。「よし、さびしさと同居の時間は終わった。もうさびしい
 のはこわくない。さびしさは脇へどけて、世の中にはほかにも
 感情がいろいろあることを知って、それも同じように体験する
 ことにしよう」

  「第六の火曜日-感情について」から 

 だけどね、うらやましいっていう気持ちがやってくる、じっくり
 味わう、そのあとはもうかまわない。自分を切り離せって言った
 のおぼえているだろう?思い切りがかんじん。「ああ、これが
 うらやみか。なるほど。ではこれでおさらばだ」と言って、
 さっさと立ち去るわけ」
 
  「第七の火曜日-老いの恐怖」から

 すべての根っこは同じ問題だよ。みなまちがったものに価値を
 おいている。それが人生へのはなはだしい幻滅につながる。

  「第八の火曜日-かねについて」から

 死んだあと忘れられるとは思わない。ずいぶんたくさんの人と
 身近に親しく接してきたからね。それに愛とは、死んだあとも
 生きてとどまることだからね。

  「第九の火曜日-愛はつづく」から

 とはいっても、愛と結婚についてあてはまると思う法則が
 いくつかないわけじゃない。相手を尊重していなければ、
 トラブルが起こる。妥協を知らなければ、トラブルが起こる。
 ふたりの間のことを率直に話さなければトラブルが起こる。
 人生の価値観が共通でなければトラブルが起こる。価値観は
 同じであること。そしてその価値観の中でも最大のものはね、
 自分の結婚が大事なものだという信念さ。

  「第十の火曜日-結婚」から

 自分なりの文化を築くっていうのは、こういうことなんだ。
 社会のルールをすべて破れ、なんていうつもりはない。
 小さなことはルールに従ってもいい。けれども大きなこと
 -どう考えるか、何を価値ありとみなすか-
 これは自分で選ばなければいけない。誰かほかの人、
 あるいは社会まかせじゃ、だめだ。

  「第十一の火曜日-今日の文化」から

 許さなければいけないのは、人のことだけじゃない。自分も
 なんだ。そう。やらなかったことすべてについて、やるべき
 なのにやらなかったことすべてについてね。そのことをいつ
 までもくよくよ悔やんでも始まらないんだ。今の私みたいに
 なったら、そんなことしても何にもならない。
 
  「第十二の火曜日-許しについて」から

 死ぬのは自然なこと。みんな死のことでこんなに大騒ぎする
 のは、自分を自然の一部とは思っていないからだよ。人間
 だから自然より上だと思っている。

  「第十三の火曜日-申し分のない一日」から

 
これらの中から、心に響く言葉は見つかりましたでしょうか?


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

いかに生きるかを学ぶには?

2007-05-27-Sun-08:10
 誰もいずれ死ぬことをほんとうに信じてはいない。
 いかに死ぬかを学べば、いかに生きるかも学べる。


この文章を読んで、はたして自分は死を本当に意識しているのだろうか
と、思わず自分を問いただしてしまいました。

私たちはいずれ死ぬことはわかっています。

しかしそれはまだまだ先のことだと思い、それがあまり現実的なことに
感じず、単に目を背けているだけなのではないか?

不慮の事故や急病によっては明日、へたをすれば今日にでも死んで
しまうことだってあるけれど、はたして自分は精一杯生きているとは
いえるのだろうか?

この本を読み終えたとき、そんなことを感じずにはいられませんでした。

今回ご紹介する本は、【モリー先生との火曜日】です。

普及版 モリー先生との火曜日 普及版 モリー先生との火曜日
ミッチ・アルボム (2004/11/21)
NHK出版

この商品の詳細を見る


著者「ミッチ・アルボム」さんは、本書を出版する前はスポーツコラム
ニストとして活躍されていた方で、ジャーナリストとして多忙な日々を
過ごしていました。

ただひたすら懸命に働き続け、名声も財産も得ることはできたけれども
あるとき、ふと自分のことを振り返ると、心は満たされず、人生に意味
を見いだしかねていることに気づきます。

そんな思いにかられている頃、たまたまスイッチを入れたテレビには、
大学時代の恩師「モリー先生」の姿が映し出されていました。

しかし、かつての恩師の姿に目を奪われた著者は、テレビを見て愕然と
します。

そこには難病といわれるALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵され、余命
いくばくもない恩師の姿があったのです。

いてもたってもいられなくなった著者は、「モリー先生」のもとへ
向かいます。

16年ぶりの再会、しかし動かなくなった身体で人とふれあうことを
楽しんでいる「モリー先生」は、意外なほど幸せそうでした。

 憐れむより、君が抱えている問題を話してくれないか

そうして毎週火曜日の二人だけでとりおこなわれる授業が始まります。

死の床で行われる授業、教科書はありません。
ただ、テーマは「人生の意味について」ということだけで...


本書はノンフィクションです。
著者が実際に恩師の「モリー先生」のもとに訪れ、人生の意味について
教授してもらうことで、著者自身が目覚めていく過程が書かれた不朽の
名作として有名な書です。

かくいう私も最近まで本書のことも、著者のことも全然知りません
でした^^;

著者の新著【もう一日】という本を、たまたま本屋さんで発見して、
著者に興味がわき、まずは本書からということで手に取ったのです。

本書は心に訴えかける珠玉のメッセージに溢れています。
ひとつひとつの文章を噛みしめながら、久々に時間をかけてゆっくりと
読み進めた書です。

次回は本書の中から、私が共感した言葉たちを綴ってみたいと思います。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

読書中に聴く音楽などはいかがですか?

2007-05-26-Sat-12:39
私は主に通勤時間を読書の時間にあてています。

ここ何年かは片道2時間程度を通勤に費やしているので、徒歩や乗り換え
などの純粋な移動時間を除くと、往復で3時間程度が貴重な読書の時間と
なっています。来月からは仕事の都合でさらに遠くまでという噂が...^^;

とはいえ、毎日必ず読書をしているかというと、実はそうでもないのです。

基本的に怠け者の私なので、その日の体調や疲労の蓄積度合いによって
は、どうしても眠くなってしまい、貴重な睡眠時間の延長と化す場合も
あります^^;

また周りの騒音(会話など)が大きくて集中できなかったり、なぜだか
読書欲がわかなかったりすることもあるので、コンスタントに読書が
できているかというと、実はそうでもないのが実情です^^;

ところで、そんな通勤途中の読書タイムで、私はよく音楽を聴きながら
本を読んでいます。

ちなみにそんな私の愛用品はiPod
1年半前に購入した30GBのハードディスクタイプで、そこに音楽やら
本に添付されているCDの音声などを無造作に放り込んで、常に持ち
歩いて聴いています。


周りの人の会話などで集中できない時や、これは集中して読むべき本
だと感じた時などは、読書に適した音楽を聴きながら、本を読むように
しています。

劇的な効果が感じられるかといわれれば、実はそうでもないのですが、
とはいえ聴きながらだと、読書に対する集中力が増すことは実感して
います。

ということで、今回は本のご紹介ではなく、私が読書中によく聴く音楽
をご紹介したいと思います。

私が読書中よく聴いている音楽は2種類あります。

※なお、今回は2種類のうちの1つをご紹介します。
 機会があれば、また後日ご紹介できればと思っています^^;


まず最初はFocus CD(フォーカスCD)】です。



勉強中、仕事中などにこのCDをステレオヘッドフォンで聴き流す
だけで、以下の効用があるとされています。
※必ずヘッドフォンやイヤフォンで聴いて下さい^^;

 ・集中力がつき、明晰に考えられるようになります。
 ・記憶力がよくなり、よりよく考えられるようになります。
 ・学んだことを忘れにくくなります。
 ・新しいことを身につけやすくなります。
 ・読書や仕事で集中力が持続して発揮できます。
 ・創造力が磨かれます。
 ・問題解決能力、ブレーンストーミング能力が向上します。
 ・運動中に「ゾーン体験」に入れるようになります
 ・思考スピードがあがり、パフォーマンスが向上します。
 ・集中力、注意力がアップされます。
 ・長期的に利用すると、脳の神経回路が活性化され、
  頭の働きがよくなります。

ちなみに私は、ここまでの凄い効用は感じていませんが、集中力が上がることは
実感しています^^;
過去には、作家の犬飼ターボさんも、自身のブログで推奨されていました^^;


このCDを初めて聴くと驚かれると思うのですが、実はこのCD、音楽と
いうよりも、ひたすら「雨音」(雨が降る音)がするだけなのです。

その雨音の裏に、私達の耳では認識できないけれども、脳に良い影響を
与えるある効果が隠されているとのことです。

私はあまり専門的なことを追求する気はないので、詳しいことはよく
わかりませんが、効果を感じているので継続して聴いています。

とはいえ、決して眠くならないというわけではありません。
当然ながら眠いときは聴きながら眠ってしまいます^^;


最後に注意点をふたつほど。

これらの特殊な音楽は、iPodなどの携帯型音楽プレーヤーに格納する
際は、「MP3」や「AAC」などの圧縮形式を指定してしまうと、その効果が
得られません。

必ず「AIFF」や「WAV」形式などの非圧縮形式を指定した上で、格納して
下さい。
※これらの形式はあくまで私が使用しているiTunesをもとにしています。

ただ非圧縮形式のデータは、当然ながらデータ量が膨大となるため、
小容量の音楽プレーヤーを使用している方には厳しいかもしれません。

私はそれらの音楽を他にも数種類格納しているため、結局は30GBの容量
を持つプレーヤーに買い直してしまいました。
実際にはそこまでの大容量のものは必要ありませんでしたが^^;

それともうひとつ。

これらの特殊な音楽を聴く際は、車やバイクの運転は厳禁となって
います。
かならず電車やバスなどで移動している時や、机に向かって作業を
行う際に聴くようにして下さい。


読書のほかにも、勉強をされている方や、ブログを書かれている方など、
なにかと集中力を必要とする機会が多い方、まずは気軽に試してみては
いかがでしょうか?

とはいえ、所詮音楽なので、過度な期待はしないで下さいね^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

幸運が約束される物語?

2007-05-24-Thu-08:01
 幸せの扉を開く、6つの成功法則が書かれている本。
 そしてそれは、100年の時を越えて読み継がれるという
 伝説の物語。


30分もあれば読みきれてしまうであろうという薄さの本に、私は何とも
いえない不思議な気分を味わうのでした。

今回ご紹介する本は、【マジック・ストーリー】です。

マジック・ストーリー マジック・ストーリー
フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ (2004/12)
ソフトバンククリエイティブ

この商品の詳細を見る


本書が出版されたのは百年以上も前で、本書に書かれている物語
そのものは、その数百年前に書かれたとされています。

1900年に「サクセス・マガジン」誌で初めて紹介され、またたく間に
評判になったそうです。

そして相次ぐ読者の出版要望に答える形で、銀色の表紙の小さな本と
して本書が出版され、今の今まで読み継がれてきたのです。

本書の物語の中で、ある登場人物は友人にこう打ち明けています。

 さっきふしぎな物語を読んだのだけれど、それからというもの
 幸運が約束された気がするんだ。きみの幸運もきっと約束され
 るよ。ただ読みさえすればいい。どう役に立つかはわからない。
 でもあの物語を知ったら、不可能なことなんて何もなくなるね。


そしてその不思議なすばらしいことは、ほかにも起きました。
物語を読んだ人々が、その小さな本によって自分の人生に実際にどんな
影響をもたらされたか、ほかの人たちにどんどん話していったのです。

そしてその不思議なすばらしいことは、その物語を聞いた人にも連鎖
していきました。

本書の「はじめに」に、興味をひく記述があります。

 本書の真のパワーは、読者の生活をもっと豊かなものにするとか、
 物質的な冨を持てるようにするとか、壊れかけた関係を修復する
 ための媚薬として作用するといった、真偽のほどの定かではない力
 にあるのではありません。

 本書の真のパワーは、読んだ人の魂に触れ、その魂をもっと高い
 意識の領域へと導く力にあるのです。


そして「訳者あとがき」には、

 奇跡は起きるものではなく、起こすもの。
 そしてそれは、すべての人にできること。
 本書では、単に成功を手に入れる方法を云々するのではなく、
 根本的な心のありようが説かれています。

 
とあります。

シンプルな短いストーリの中にある、たしかな真実。
そしてそれを実践すれば、本書を読むすべての人に、奇跡が起きるの
だと、本書は語りかけてきます。

そしてそれを読んだ私の効果はというと、
『う~ん、今のところは...』というのが正直な感想です。
しかし何ともいえない不思議な気分にさせてくれたことは事実でした。

そしてそれは、【マスターの教え】に通ずる何かがあるようにも
感じたのです。

しばらくは本書の余韻に浸り、本書が持つ真意のほどを探ってみたい
と思います^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

ひとりさんのすずやかに生きるコツ

2007-05-22-Tue-06:27
 この本には、私の伝えたいことがすべて書いてあります。
 そして、本書ですべてを出し尽くしたように思います。


先日、本屋さんでこのような帯がついている本が目に留まりました。
久々の斎藤一人さんの本 ※一人さんの本の過去記事はこちら
しかも副題に

 おもしろくて、楽しくて、すずやかに生きるコツ

とあります。

「すずやかって何だろう?」

そんな疑問を抱きつつ表紙をめくると、

 お読みになった方は、精神的にも救われ、日常生活全般、
 会社勤めや子育てなどにも役立つと思っています。
 読んだ人の心に、朝日が昇り、晴れ晴れとした気持ちに
 なっていただけると信じて、この本を書きました。


という文章です。しかも一人さんの講演会のCDが2枚ついています。

今回ご紹介する本は、【普通はつらいよ】です。

普通はつらいよ―おもしろくて、楽しくて、すずやかに生きるコツ 普通はつらいよ―おもしろくて、楽しくて、すずやかに生きるコツ
斎藤 一人 (2007/04)
マキノ出版

この商品の詳細を見る


本書では東京ビックサイトでの講演「普通はつらいよ」の模様を文章に
起こしたものに、「普通以上の話」として、新たに一人さんの書き下ろ
した文章が付け加えられていています。

ちなみに添付されているCDには、「普通はつらいよ」の講演の模様が
収められています。

4回読むととても不思議な気持ちになりますよ」とのことなので、
素直に4回読んでみたところ、読むたびにこの本の凄さが伝わってくる
のを感じました。

正直、ここまで書いてしまっていいのだろうか?

読み終わったときの素直な私の感想です。

以前、私が読んだ一人さんの本に、商人がスピリチュアルな話をしたら
お客さんにはそれを商売にしているように思われてしまうから、本当は
そのような話はタブーなんだというようなことが書いてあったことを
記憶していました。

それが本書では、スピリチュアル的な要素がかなり前面に出ている
ように感じたからです。

ちなみに副題の「おもしろくて、楽しくて、すずやか」とは、困った
問題に直面したとき、その問題の解決の糸口が見えてくる言葉だそう
です。

「おもしろくて、楽しくて、すずやかに解決するにはどんな方法がある
のだろうか?」と考えることで、たとえ解決法が思いつかなくても、
自然と物事が解決していくそうです。

まずは、明るい顔で自由に生きる、そして自分が自分のことを語って、
楽しくて、人が聞いて楽しい言葉を発することが大切なのだと、
本書を読んで感じました。

私が本書を読んで特に印象深く感じたのは、

 考え方のフィルムを替えないで行動だけを変えても
 うまくいかない


という言葉です。

よく、他人の言動に心が傷つくとか言いますが、一人さんは心が傷つく
のではなく、考え方というフィルムに傷がつくだけだと述べています。

だから考え方のフィルムを替えれば、心は傷つかない、そしてその
フィルムを替えれば、目の前に映し出される現実が変わってくるのだ
という言葉がとても印象に残りました。

本書は本当にご紹介したいすばらしいメッセージに溢れています。
私が本書の内容をご紹介するのは、おこがましいような気さえする
ほどです^^;

本書に興味をお持ちの方は、まずは本書を読んで感じ、そしてCDで
一人さんの講演を聴いてさらに感じつくしてみてはいかがでしょうか?

最後に本書からの抜粋です。

 たとえばこうした話を聞いて、1個でも引っかかるものが
 あったらカチッとスイッチを入れて、考え方を変える。
 生き方を変えるとは、考え方を変えるということです。
 カチッとスイッチを替えると、魂がフッと上に行く。
 そのときには、もう前の自分とは違う自分になっています。
 すると、起きている現象がぜんぶ変わる。


この言葉を心に刻み、日々過ごしていきたいと思います^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

ファンタジーな心の成長の物語?

2007-05-19-Sat-22:52
前回に引き続き、喜多川泰さんつながりということで、今回は
喜多川さんの処女作をご紹介したいと思います。

今回ご紹介する本は、【賢者の書】です。

賢者の書 賢者の書
喜多川 泰 (2005/02)
ディスカヴァー・トゥエンティワン

この商品の詳細を見る


本書では著者の喜多川さんが、自らの人生の経験を通して学んだ
「より良い人生」を歩んでいくための智恵が、ある少年の物語を通して
伝えられています。

以前ご紹介した【君と会えたから・・・】と同様、他の自己啓発書には
ない、喜多川さんの独創的な考えが、本書から汲み取ることができる
のです。

読者の「早く次の章を読みたい!」という欲求をとらえて離さない、
そんなストーリー展開で、本書の物語は進んでいきます。

まずは簡単なストーリーのご紹介です。

アレックスは自分の人生に落胆していました。
会社では、もう50才になるであろうというのにリストラ寸前です。
家庭も彼にとっては、もう安らぎを与えてくれる場所ではありません
でした。

そんな境遇にあるアレックスは、ある平日の朝、会社へは向かわず、
普段の生活に疲れ果てた心を癒すべく、幼少の頃よく遊んだ、今は
異国の地となってしまった公園を目指し、飛行機へ乗り込みます。

そうした想いでたどり着いた公園で、アレックスはサイードという
少年に出会います。

何でもサイードという少年は、祖父から受け継いだ「賢者の書」を
完成させるべく、9人の賢者をめぐる旅をしていると言うのです。

 「賢者の書」には9つのパズルのピースが必要で、そのピースは
  9人の賢者が1人1つずつ持っています。
  それぞれの賢者からは、教えを与えた証として、それぞれが
  持っているピースを与えてもらうことができるのです。
  そうして受け取ったピースを「賢者の書」に当てはめると、
  その賢者から教わった教えが、その書の中に現れてくると
  いうのです。

サイードは、すでに8つのピースを手にしており、残るピースはあと1つ。
なんと、残りのピースを持った賢者は、アレックスが訪れたこの公園
に現れるというのです。

そしてアレックスはサイードの許しを得て、すべての成功を手に入れ
られる最高の賢者の証という副題をもつ「賢者の書」を読み始めるのです。

そこにはサイードの旅の中で得た、8つからなる賢者の教えが記されて
いました。

そしてそれはアレックスにとって、あまりにも衝撃的な内容だった
のです...

ここまでが簡単なあらすじです。

では次に、本書で伝えられいる9つからなる賢者の教えというのを、
簡単にご紹介したいと思います。

◆第一の賢者の教え『行動』
 行動の結果として我々が手に入れるものは、成功でもなければ、
 失敗でもなく、一枚の絵を完成させるために必要不可欠なパズル
 の一ピースに過ぎない。
 そして手にしたピースがたとえ期待していたものと違ったと
 しても、それは自分にとって必要であった大事な経験でしかない。

◆第二の賢者の教え『可能性』
 自分には世の中に新しいものを生み出す無限の可能性があると
 気づき行動を起こすとき、自らの心だけでなく、宇宙を創り出した
 大いなる力が、様々なかたちで手助けをしてくれる。

◆第三の賢者の教え『自尊心と他尊心』
 自らの人生を素晴らしいものにするためには、これ以上ない
 ほど自尊心を高め、そしてまたそれと同じ高さにまで、他尊心
 も高めていく必要がある。

◆第四の賢者の教え『目標』
 職業のように何になるかを目標に定めても、人生における成功
 を収めることはできない。
 まず真剣に考えなければならないのは、どんな人間になりたい
 のかである。

◆第五の賢者の教え『今』
 人生を成功に導くために今日一日の中でできることは、今何を
 持っているいないに関係なく、今日一日、成功者としてふさわ
 しい過ごし方をするだけだ。

◆第六の賢者の教え『投資』
 世の中の成功者と呼ばれる人のほとんどは、金を投資したので
 はなく、自らの人生という貴重な財産を、時間という財産を
 投資したのだ。

◆第七の賢者の教え『幸福』
 他人を幸せにすることを探す人にとって、この世は喜びに満ちた
 楽しいことの多い場所である。
 そして世の中の成功者はすべて、そのことを探している。

◆第八の賢者の教え『言葉』
 人生は、言葉によってつくられている。
 そして自分が一番よく聞くのは、他の誰でもない自分の心の言葉
 である。
 そして将来的には、今日自分が使った言葉どおりの人生が待って
 いるのである。

◆第九の賢者の教え『感謝』『与える』『誕生』

実は本書の最後では、感動と驚きのストーリーが隠されています。
それについては、本書を読んでのお楽しみということで^^;


本書の物語はさほど難しい表現がされているわけではないので、
高校生、もしかすると中学生でも読める本ではないかと思います。
とはいえ文中にある真意はとても深いのですが^^;

著者の喜多川さんの想いにもある通り、それらの多くの若者が、
本書を読んで、失敗を恐れず、自らの夢やビジョンに向けて具体的な
行動をたとえわずかでも始めてくれれば、とてもすばらしいことだと
思います。

とはいえ、若者だけに任せるのではなく、私も含めた大人こそ、
本書から得られた智恵を糧にして、結果を恐れず行動を続けていく
必要があるのではないか、本書を読んでそのようなことを考えさせ
られました。あくまで私が受けた感想です^^;

最後に、本書の物語の中で、サイードが第九の賢者に向けて伝えた
言葉をご紹介したいと思います。

 これから人生のあらゆる場面で、僕が賢者の教えどおりに
 本当に行動できる人間かどうかが、くり返し試されること
 でしょう。
 単なる知識として知っているだけなのか、それとも自らの
 生き方として身についているものなのかが試されるでしょう。
 それこそが真の人生の旅路です。


この言葉を自分の心に深く刻んでおかなければ!と、
自分に言い聞かす私なのでした^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

喜多川泰さんの講演会に感動する!

2007-05-18-Fri-00:40
以前ご紹介した本【君と会えたから・・・】を読んで感動してから
というもの、著者の喜多川泰さんに興味を抱くようになりました。
君と会えたから・・・ 君と会えたから・・・
喜多川 泰 (2006/07/10)
ディスカヴァー・トゥエンティワン

この商品の詳細を見る

※この本の紹介記事はこちら → その1 その2

 『あんな素晴らしい物語を書く人って、どういう人なんだろう?』
 『機会があればぜひともご本人にお会いして、話を聞いてみたい』

このところ、そう思うようになっていました。

そんな矢先、喜多川さんのブログをたまたま覗いてみたら、
なんと講演会の告知がされているではありませんか!

しかもそのことを知ったのは講演会前日、
開催日時も平日金曜の19時で、会場は横浜です。

私の職場からは、ゆうに1時間半はかかるだろうし、現在の仕事の
状況からしても、とてもそんな時間に会社をあとにすることは
できそうもありません。

しかしこれを逃すと、当分お会いする機会はないよなぁという
想いが心の中を駆け巡りました。

そしてどうしたかというと、やはり行ってしまいました。
しかもほとんど強引に仕事をきりあげて...
まぁ、普段まじめに働いている(つもり?)から、たまにはご愛嬌ということで^^;

なおかつ当日参加の事前確認もせず、飛び込みで参加させて
いただきました。ちょっと無謀^^;

このような経緯で臨んだ喜多川泰さんの講演会、

テーマは

 「君の人生には、君にしかできないことがある」

 夢を持って生きる若者達に、そして夢を持てずに
 自分の行く先を模索している全ての若者達に贈る、
 優しくも熱く語りかけてくる話の数々


ということでしたが、それなりの年齢である私が聴いても、とても
心に響く、魂のこもった話をお聞きすることができました^^

その中でも、特に私が印象深く感じた言葉をいくつか、ご紹介したい
と思います。

なお喜多川さんは、今後このような第三者を対象にした講演活動を
本格的に始めていくそうで、今回が記念すべき第一回目の講演との
ことです。


講演会が始まり、壇上に現れた喜多川さん。
おもちゃのブロックで組み立てられたキリンを手にしています。

そこで発せられた言葉、とても印象的です。
 「私たちはこのブロックで(のように)出来ている」

私たちの中にある部品は地球が誕生したときから存在している。
そうした部品の中から、自分は自分という個性を持った設計図に
よって組み立てられた。
それは奇跡的なことであり、とてもすばらしいことであるのだと。



そして次に印象深かった言葉が、
 「常に心の中に天秤を持つこと!」

自分が欲しいもの(なりたい姿)があるときは、心に天秤を思い浮かべ
片方に欲しいもの(なりたい姿)を置きます。
そうしたとき、もう片方に何をのせれば天秤のつりあいがとれるのか、
常に考えることが重要だと、喜多川さんは説きます。

前々回の記事を例にとると、欲しいものが「バスケットボールが上手
になった自分の姿」だとすると、もう片方には「練習をする」であったり、
「ひたむきさ」や「情熱」をのせることで、初めて天秤のつりあいが
とれることになります。ほかにも必要なものはあるかもしれませんが^^;

しかし大抵の人は欲しいものの反対側には、別の質のものを置いて
しまいがちなのだそうです。

前出の例だと、バスケが上手になりたいといくら思っても、片方には
「練習をサボる」とか「手を抜いて練習する」というものをのせて
しまえば、上手になることは困難になります。

この欲しいものの反対に「何をのせればつりあうか?」ということを
常に意識して、その質を高めることこそ、自分の人生が思い通りに
なっていくための秘訣なのだと、喜多川さんは説いていました。

逆に自分の人生が思い通りにいかないと思っている人は、
この天秤の質をはきちがえているためだとも語られていました。


その他にも、「大きな夢を持つのではなく、大きな壁を越えていく」
話であったり、「出会っていない壁の向こう側の応援を聞いてみる」
話、「入口をたくさん作る」話、「家に帰って一番最初に座った場所
で人生が決まる」話など、どれもすばらしいお話ばかりで、あっという
間の2時間の講演でした。

また司会の森末さんのアツイ語りや、他のスタッフの方々の気配りの
行き届いた対応も受け、他の講演会やセミナーでは得れない真心の
ようなものをいただけたような気がします。

今回は大々的に宣伝をしていなかったせいなのか、思いのほか参加
された方の人数は多くはありませんでした。

しかし私は今回の講演を聞いて、いずれ会場に入れないほどの人が
押し寄せ、花束を手にした方々が、我先にと壇上に押し寄せて、
喜多川さんに花束を渡している姿が目に浮かびました。

いずれ喜多川さんは、そのようなスピーカとなるべき人だと、
そう私は確信するのでした。


そして講演会が終わった数日後、自宅に1通の封筒が届きました。

会場をあとにする際、喜多川さんやスタッフの方々とお話させて
いただいたときに、次回講演会のお知らせをお送りしますと聞いて
いたので、それが届いたのかと思って開封してみました。

そこには、次回講演会のお知らせと、ななんと、丁寧な手書きの文字
で綴られた、参加のお礼状まで同封されていたのです。

一文字、一文字、心を込めて書かれた様子が伝わってきて、
思わず心がアツクなってしまいました。

この場であらためてお礼を申し上げます。
お心遣い、本当にありがとうございました!
感謝しております!


最後に、次回の喜多川泰さん講演会のお知らせです!
※あくまで自主的な宣伝です^^;

テーマは、
「あなたの子供は自分には成功する価値があると信じたがっている」
 ~子供を育てる親の言葉

◆日時:5月19日(土)19:00~21:00
◆会場:横浜市開港記念会館
◆大人:2,500円(当日3,000円)
◆学生:2,000円(当日2,500円)

※今回は子供を持つ親の方が対象とのことです。
 近々の開催ではありますが、お近くにお住まいで興味のある方は
 参加されてみてはいかがでしょう?


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

心理療法と成功法則の融合?

2007-05-15-Tue-23:17
今回は、前回の記事に引き続き、
自分をあきらめないで。絶対上手くいく!】をご紹介します。

自分をあきらめないで。絶対上手くいく!―超簡単!夢が無理なく実現する 魔法の“イメージング法”自分をあきらめないで。絶対上手くいく!―超簡単!夢が無理なく実現する 魔法の“イメージング法”
矢野 惣一

三笠書房 2005-04
売り上げランキング : 56269
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本の著者「矢野惣一」さんは、以前の記事
セルフイメージの向上を図る方法とは?』でご紹介した
幸せの流れにのる方法】の著者でもあります。

そして、今回ご紹介する【自分をあきらめないで。絶対上手くいく!
は、矢野さんの処女作にあたる本なのです。

本書では従来の成功本に書かれているようなことに対し、
単にセラピストとしての心理学的な立場からだけではなく、
脳科学的な裏づけや、矢野さん自身の解釈を交えながら、
とても理解しやすい説明がなされています。

著者の矢野さんは言います。

  「イメージしたことは現実になる!」
  「願望は紙に書けば実現する。」
  「まずは行動しろ!」
  どの本にも書いてあるこれらの成功法則を実践したとしても、
  「願い」はまずかないません!
 

ではなぜその願いは、かなえられないのでしょうか?

それには、次の9つの理由があるからだといいます。

 1.成功法則は普通の人のためにつくられていない
 2.足に「重り」がついていては、飛べないのは当然!
 3.目標が確定していることが前提になっている
 4.自己のコントロールよりも、他人を操作しようとしている
 5.イメージを言葉にしていない
 6.イメージできないことを目標にしている
 7.考えるな、感じるのだ!
 8.理詰めであっても、感情が伴っていない
 9.現実を無視している、自己否定している


本書では思わず納得してしまうこれらの理由が述べられているのですが
私としては、特に、「8.」と「9.」が興味深く感じられました。
ここでその内容を、簡単にご紹介したいと思います。

「8.理詰めであっても、感情が伴っていない」その理由とは?

 理詰めで考え出した目標には、感情が伴っていません。
 あるとしたら「こうあるべきだ」的な脅迫感です。
 感情が伴ったことは、危機を回避して生命を守り、種を存続
 させるために重要なことなのです。
 ですから、生物の脳は、感情にしたがって無意識のうちに行動
 するようにできています。
 逆を言えば、感情が伴っていないような出来事は、どうでも
 いいことと脳は判断します。
 
 だから、気にかけてくれません。
 あなたにとって重要なことは、必ず感情が伴います。
 イメージしても感情が出てこない願望は、あなたにとって
 重要なことではないのです。
 あなたの本当の願いではない
のです。


「9.現実を無視している、自己否定している」その理由とは?

 誰が嫌いな人を幸せにしてあげようと思うでしょうか。
 そのことは、自分自身にも当てはまることです。
 自分のことを嫌いな人に、自分を幸せにすることはできません。
 「十分に聞いてもらえた」「理解してもらえた」という思いが
 ないと、人は「自分の行動を変えよう」という気持ちにはなれ
 ないのです。
 これは、自分自身に対しても同じです。
 自分で自分の気持ちを十分に聞き、理解してあげないと、
 あなたは変わることはできない
のです。
 もしかすると問題なのは、あなたが何も行動を起こせないこと
 ではなく、あなたが何か行動を起こさなければならない、
 自分は今のままではいけない、と思い込んでいることなのかも
 しれません。



また、願望を達成するためには、まずは目標を明確にすることが
何よりも重要だとよく言われます。

しかしそのことについても、矢野さんは疑問を投げかけます。

それは矢野さん自身の実体験に基づきます。

実際に矢野さんのもとにセラピーを受けに来た人の多くは、
どうなりたいという具体的な目標など持っていませんでした。

にもかかわらず、それらの人がセラピーにより問題を解決したとたん、
以前よりもはるかに幸せになってしまったのです。

そこで矢野さんは、自分自身がセラピーを受けた経験、セラピストと
して多くの人たちに接してきた経験などから、次のように考えるように
なりました。

 もしかすると、目標を立てる前にしなければならないことが
 あるのかもしれない


そうして矢野さんが辿り着いた答えは、

人の心は、

 1.「過去」を清算する
 2.自分の「現実」を受け入れる
 3.理想と現実の「ギャップ」を埋める
 4.本当の「未来」を知る


という順序で進めることで、抵抗なく変化していくことができる。
そしてこれは、あらゆる人の自己成長に役立つプログラムなのだと
いうことでした。

しかし多くの人は、この4つのステップのどこかでつまずき、
先になかなか進めなくなっているそうです。

本書では、そうした人に向けた、4つのステップを進んでいくための、
さまざまなワークも用意されています。

それらのワークを通じて、過去の自分を清算し、自分を変えていくため
のヒントを得たり、新たな自分を発見するための手助けが受けられる
ようになっています。

ただ、私の感想としては、本書で紹介されているワークは、少々物足り
なく感じました。
あくまで説明の域を抜けきれてないようで、もう少し具体的な方法が
紹介されていればと思いました。


ここで「なぁ~んだ」って思いの方、実は本書にはもう一つ、
ご紹介したいことがあります。

それは本書には、CDが添付されているのです。

そこには自分の未来を体験するためのワークとして、催眠で体験する
ための誘導文が、矢野さん自身の声で録音されています。

過去に矢野さんは、あるセラピストのワークに参加したとき、催眠療法
により、自分の未来を体験したことがありました。

しかもそこで体験した幸せいっぱいの未来というものは、それから
2年が過ぎた今現在、ほとんど現実になってしまったのです。

そんな矢野さん自身の体験から、潜在意識には、あらかじめ自分の未来
の情報が格納されているのだと、確信するようになりました。

そしてこの本を手に取った方にも、

「自分にとって、そうなるのが当然で、そうなるのが正しい未来」

ということを、このCDを使って実際に体験していただこうという試みが
なされているのです。

ちなみに、私はこのCDを何度か聴いたのですが、何だかとても心地よく、
いつも聴いているうちに眠ってしまっていました。

そのため、今のところは残念ながら、驚くような体験できていません。

また近いうちにこのCDのワークを試してみて、実際に自分の未来が
見えたら、ぜひともシェアしたいと思います。

しかしこのCDを聴くと、本当によく眠れます。
でもこれって、使い方を誤っているような気が...^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

過去の間違った認識に気づく?

2007-05-12-Sat-00:50
今日、ある本を読んでいて、新たな気づきがありました。

それは、『私は過去に間違った認識をしていたのでは?
というものです。

話は私の学生時代にさかのぼります。

私は中学、高校時代に、部活動でバスケットボールをしていました。
また、高校で現役引退後も、有志で行っている地元のクラブチームに
しばらく所属していたほど、バスケットボールが大好きな少年でした。
※私の時代は高校3年の春の大会が終わると、現役を引退するならわしに
 なっていました^^;


そんなバスケットボール好きな私でしたが、現役の頃はある悩みを
抱えていました。

それは、

 いくら練習しても上達しない

ということです。

はっきりいって、私はバスケットボールがヘタクソでした。
特に、高校生になってからは、ヘタクソ加減が如実に現れてきました。
しまいには、新たに入部してきた後輩に、身体的にも能力的にも
抜かれる始末です。

負けず嫌いの私は、懸命に努力しました。

高校生の当時は、朝と夕方、日に2回の練習をこなしていました。
大会前には昼休みも練習していたほどです。

休日の練習はもちろんのこと、春休みや夏休みなどの長期の休みの時
なども、ほとんど練習に明け暮れていました。
夏休みには泊りがけの強化合宿などもありました。

ヘタクソな私は、それ以外にも、朝は誰よりも早く到着して、先に
練習を始め、また夕方の練習が終わった後も、一人で黙々とシュート
練習などをしていました。

はっきりいって、練習量はそれなりにあったと思います。
とはいえ、厳しい学校はさらに多くの練習をしていましたが^^;

『もっとうまくなりたい!
 より強いチームになって、県大会で上位に入りたい!』


そんな思いで必死に練習をしていました。
練習のときは、自分なりに様々な工夫もしました。
先輩にも胸を借りて、時には後輩にも協力してもらい、懸命に練習
しました。

しかし、悲しいかな、いくら練習しても目にみえるほどの効果は
現れませんでした。

そんな私でしたが、なぜか中学、高校ともに、部長(キャプテン)を
任されていました。

キャプテンともなれば、レギュラーとしてスターティングメンバーに
入って、試合中は自らチームを率いていかなくてはなりません。
とはいえ、それが絶対だというわけではないのですが^^;

しかし、いくらキャプテンといえども、そこは実力の世界。

当然、実力が伴ってなければ、試合には出れません。
それが、私にさらなるプレッシャーを与えていました。

結局、ほとんどの試合には出れたのですが、みんなの足手まといに
ならないよう、試合中は無我夢中でプレイをしてました。
顧問の先生もそんな姿をみかねて、ある程度の情けもあって試合に
出させてくれていたのかもしれません^_^;

ここまでが、私の学生時代の話です。

実は、私はバスケットボールについては、自分にはセンスがないから
ヘタクソだったのだと思っていました。

バスケットボールは、プレイ中、それなりのセンスが問われます。
パスを出すタイミング、ゴールに向かって攻め込んでいくタイミング、
スピードコントロール、パスカットなどなど、一瞬の判断でアクション
をとらなくてはなりません。

私は、このセンスに欠けていたからこそ、上達しなかったんだと思って
いました。

それが、今日読んでいた本の中にあった、

 イメージトレーニングをする時の注意点があります。
 自分がその行動を視覚的にイメージしただけでは、脳はそれを
 現実だと思ってはくれません。
 なぜなら、自分で自分の姿を見ることはできないからです。
 それが見えているのですから、それは他人の姿だと認識します。
 自分がやっていることだとは認識してくれません。
 
 つまり、脳にイメージしたことを現実だと認識させるためには、
 実際にそれをしている自分の<身体感覚>を感じてみる必要が
 あるのです。


という一文を読んでいて、ハッとさせられたのです。

スポーツの世界では、イメージトレーニングが重要だと、よく聞かれる
かと思います。
私も学生時代は、試合中の模様をイメージトレーニングしていました。

しかし、実はそのイメージトレーニングの方法に問題があって、効果が
あがらなかったのでは?と、その一文を読んで思ったのです。

とはいえ、イメージトレーニングがすべてではありません。
実際の運動神経そのものに問題があれば、いくら正しいイメージトレー
ニングを積んだとしても、それも効果があがるものではないからです。

でも、正しいイメージトレーニングをしていれば、もしかしたら
もう少し上達していたのかもしれません。

よって、すべてセンスのせいにしてしまうのは間違いであり、そのほか
の要因もあったのでは?という気づきにつながりました。

ということで、このような気づきを与えてくれた本の内容について、
次回の記事でご紹介したいと思います。

ちなみに、その著書の名は【自分をあきらめないで。絶対上手くいく

自分をあきらめないで。絶対上手くいく!―超簡単!夢が無理なく実現する 魔法の“イメージング法” 自分をあきらめないで。絶対上手くいく!―超簡単!夢が無理なく実現する 魔法の“イメージング法”
矢野 惣一 (2005/04)
三笠書房

この商品の詳細を見る


本の内容については、もう少々お待ち下さいませ!
まだ精読中なもので^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

満員電車の中でも実践できる瞑想法?

2007-05-10-Thu-06:26
とても興味深い瞑想法が書かれている本を発見しました。

その名も、真我瞑想

実践するのも簡単かつ、お手軽、しかもそれほど時間を要することも
ないときています。

慣れてしまえば、通勤ラッシュの満員電車の中で、立ったままでも実践
できるようになるそうです。実際にそうしている方も紹介されてます^^;

効用の方はというと、これまた凄く、極めてしまうと私たちの究極の
意識、「本当の自分(=真我)」に目覚めることも可能だそうです。

しまいには、時空間を越えた全体意識の視点を持てるようになり、
この世に生まれた目的や、本当にやるべき使命、天命といった人生の
方向性までもが明確になってしまうとのこと。

私はそこまで求めていませんが、以下の効用に魅かれました。

 人生に大きな影響をもたらす必要な人と、これ以上ないタイミング
 で出逢ったり、必要なものや情報がベストな時期に、あたかも偶然
 が重なったかのように引き寄せられたりする現象が頻繁に起きる


う~ん、以前ご紹介した「プチ瞑想術」をはるかに超える方法のようです。

今回ご紹介する本は、【一瞬で宇宙とひとつになれる真我瞑想】です。

一瞬で宇宙とひとつになれる真我瞑想 一瞬で宇宙とひとつになれる真我瞑想
佐藤 康行 (2006/09/08)
日新報道

この商品の詳細を見る


この本の著者の名は「佐藤 康行」さん。
心理学博士で、心の学校「佐藤義塾」の学長をされている方で、政財界
をはじめとしてビジネスマンから家庭の主婦、学生に至るまで、多くの
人に著しい変化をもたらしている方なのだそうです。

また過去には、宝飾品飛び込み販売営業で日本一、教育教材販売で
世界No.1チャンピオンになった実績までお持ちとのことで、その後、
レストラン経営の会社を設立し、70店舗を全国展開するまでに至った
そうです。

そんな佐藤さんが20年に渡って、一貫して研究してきたテーマが、
「本当の自分の心に目覚め、その心を実生活に生かす」
ということで、その本当の自分のことを「真我」と呼んでいます。

しかも、その「真我」を頭で学ぶのではなく、実際に体験し、現実に
生かすという指導をしているのが特徴だそうで、その数ある真我開発
手法の中でも、佐藤さん自身が非常に画期的だと自負しているひとつ
が、今回ご紹介する「真我瞑想」なのです。

ではここで、「真我瞑想」の特徴をあげてみます。

◆時間に追われる現代社会に生きる方でも大丈夫!
 ⇒5分、10分という短時間でも非常に深い意識状態に入りやすい

◆雑念が湧いて集中できない人でも大丈夫!
 ⇒雑念大歓迎!雑念を利用してまで深く意識状態に入れる

◆静かな場所が確保できなくても、都会の喧騒でも大丈夫!
 ⇒雑音も深く入る材料になる

◆瞑想がすぐに睡眠に変わるくらい、疲れと寝不足状態の人
でも大丈夫!

 ⇒短時間の瞑想でも睡眠とは比較にならないほど、もの凄く疲れも
  取れ癒される

などなど、何だかここまでくると、あまりにもいいことずくめのような
気がして、逆に怪しく感じる方もいるのではないでしょうか?

そこで本書では、そういった方のために、これらの効用を裏付ける
ための説明や意味、その背景などを分析的に論じています。

私の場合はというと、とりあえずそのような説明は置いといて、
まずは実際に自分で体感して、そこから何かを得れればと思っています^^;


ということで、ここからはこの瞑想法の基本的な流れについて、
ご紹介したいと思います。


まず、姿勢からです。

基本的には、あぐらや正座で床に座って行います。
足の悪い方は、イスに腰掛けて行っても構いません。

そして、背筋は真っ直ぐに伸ばし、リラックスした状態でいます。
頭は正面に向け、あごを軽く引きます。手はひざの上に置きます。
手のひらの向きは自由です。

目は軽く閉じます。口の力は抜きます。
呼吸は意識しません。自然に呼吸してください。

ここから「真我瞑想」を、四つの段階を経て行います。

第一段階では、ただじっと座っている状態を、10分間ほど行います。

何か考えや思いが浮かんでも、そのままにしておきます。
ただ、空想、妄想を追いかけてはいけません。
頭上から太陽がさんさんと降り注ぎ、自分から白い湯気が立ち上がって
いくような感じでいます。

第二段階では、自分自身の身体に心の目を向けていくことを、
10分間ほど行います。


まずは、頭を意識します。次におでこ、目、鼻、口、そして首、胸と
降りていき、足元までいったら、今度は頭まで戻っていきます。
身体の部分1つに感覚を尋ねるように、心の目によって全身をくまなく
みていくのです。

第三段階では、「無い」という言葉を心の中で唱えます。
これも10分間ほど行います。


心や物質という私達に現れる様々なものは、実際には存在しないという
こと、つまりそれらは一つの視点から眺めたときの物語にすぎないと
いうことを、「無い」という言葉で示しています。
何か雑念が浮かんできたら、「無い」と心の中で言います。
無のイメージを浮かべる必要もありません。
しばらくそれを続けたあと、今度は身体全体を心の目で一度に眺めて
「無い」と言います。

そして第四段階では、三種類の言葉のうち、いずれか一つを選び、
「無い」の後に、続けて唱えます。
三種類の言葉とは、「愛の光」「神の生命(いのち)」「真我」です。


例えば、「無い、愛の光」、「無い、愛の光」とひたすら繰り返します。
これを15分間から20分間行います。
ただし、一度どれかを選んだら、瞑想中に唱える言葉を変更しては
いけません。

慣れてきたら、第四段階のみを行うようにします。
時間がないときなどは、短い時間でも構いません。
たとえ数秒でも行うと、効果を感じれるようになるそうです。

瞑想中に雑念や、イメージなどが浮かんでも、それに執着せず、
ひたすら「無い」「愛の光」といった、先ほどの言葉を心の中で
唱えます。

次第に慣れてくれば、さまざまな場所で、立った状態で、目を開けた
ままで、歩きながらでも瞑想できるようになるそうです。

実際に、朝の通勤途中、満員電車の中で、吊革につかまりながら実践
されている方もいるそうです。

そして最後に、この瞑想法で必要なのが、普段の行動の改善です。
「真我瞑想」において、真実の認識、つまり真我の自覚に基づいて
適切な行動をなすことで幸福を得るという構造があるのだそうです。

その行動とは、本書では常に笑顔でいることを勧めています。
その理由は本書に譲るとして、まずは普段から笑顔で人と接すること
が大切だと、著者の佐藤さんは述べています。

私もしばらくはこの瞑想法を続けてみたいと思っています。
さて、どんな効用が実感できるのか、今からとても楽しみです^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

夢をかなえる魔法の本?

2007-05-08-Tue-06:32
  書き込んでいくと夢がどんどんかなう

  そんな魔法の日記帳があったら・・・・・・



見開きに書かれたその文章に魅せられ、思わず購入した本があります。

レッスンブック、はたまたワークブックでもあり、日記帳でもある
何ともいえない雰囲気を持った本のご紹介です。

今回ご紹介する本は、【きっと見つかる幸せの階段】です。

夢をかなえる魔法BOOK きっと見つかる幸せの階段 夢をかなえる魔法BOOK きっと見つかる幸せの階段
吉野 奏美 (2006/02/21)
ゴマブックス

この商品の詳細を見る


この本の著者「吉野 奏美」さんは、スピリチュアル・セラピストに
して、自ら作曲もするピアニストとしてご活躍されている方です。

8年前に実際に起こった不思議な体験をきっかけに、それ以降、日常的
に神秘的な現象を体験し続けているそうで、現在はその体験をもとに
個人カウンセリングのほか、作曲、演奏、音楽教育、執筆など幅広い
活動をされているそうです。

著者の吉野さんは言います。

  「幸せにありたい!」
  「もっと豊かに暮らしたい!」
  「夢を実現させたい!」


誰もがそう願っても、なかなかそれを実現させることができないのは
理由がある。

夢をかなえるには順番があり、そのステップを順番に踏むことで、
誰もが願いをかなえることができる、まさに魔法の法則があるのだと
いうのです。

そして吉野さん自身の体験により、辿り着いた答えがこの本で紹介
されている21のステップなのです。

「ええっ、21もステップをふむ必要があるの?」

実際にそう思われた方も多いのではないでしょうか?

でもこれは自転車を乗りこなすようなもので、一度夢をかなえると
2つめからは簡単なのだと吉野さんは言います。

今まで夢をかなえられなかった人も、これから夢を見つけたいと思って
いる人も、まずは一緒にチャレンジしてみませんか?
と、この本はやさしく背中を押してくれるのです。

ではここで、この本の使い方についてです。

 ・1つのステップに1つのワークがあります。ペンか鉛筆で直接
  この本にその内容を書き込んでいきます。

 ・1つのステップは最低でも3日から2週間をかける必要があります。

 ・1つのステップ&ワークが自然と自分の一部になったのを実感
  したら次のステップに進みます。次に進んだからといって前の
  ワークが終わりなのではなく、継続されていることが大切です。
  つまり21ステップ目が終わった段階では、21すべてのワークが
  その時点で継続中となります。

次に21のステップのうち、10ステップほどご紹介します。

◆Step1 夢のはじまり 『自分だけの夢をもとう』
     ここでは「幸せオーラになるために」というワークを行います。

◆Step2 夢を想像する 『ひとつの夢にフォーカスしよう』
     ここでは「オーラをきれいにする」というワークを行います。

◆Step3 夢の計画1 『必要なものリストを作る』
     ここでは「オーラの境界線をつくる」というワークを行います。

◆Step4 夢の計画2 『計画は夢の道しるべ』
     ここでは「現実世界につながる方法」というワークを行います。

◆Step5 夢の宣言 『意思は夢の道を照らす』
     ここでは「夢のシンボルを探す」というワークを行います。

◆Step6 顕在意識と潜在意識 『こころのプログラムを書き換えよう』
     ここでは「魔法のスクリーンを作る」というワークを行います。

◆Step7 感情のコントロール 『障害となる悪いクセを直す』
     ここでは「夢を秘密にする」というワークを行います。

◆Step8 夢の時間割 『優先順位を決める』
     ここでは「スペースをきれいにする」というワークを行います。

◆Step9 夢のガイド 『一人になってこころの声を聞く』
     ここでは「夢のガイドの声を聞く方法」というワークを行います。

◆Step10 シンクロニシティ 『不思議な体験が始まる』
     ここでは「チャンスを見逃さない方法」というワークを行います。

といった感じで、各ステップを1つずつゆっくりと体験し、最後の21の
ステップまで続けていくのです。


私はこの本を購入して間がないため、まだ各ステップをこなしておらず
実際にはこの本に書かれている効用を体感できていません。

しかし、スピリチュアル的な観点から、夢をかなえるための具体的な
手順が書かれている本というのは、今まで出会う機会がなかったような
気がします。

そういった意味でも、この本に書かれていることを、あせらず順を
追って進めていけば、本当に夢がかなうのではないかと感じさせる
ものがありました。

まさにこの本は、夢をかなえる魔法の本なのかもしれません。

興味をお持ちの方、この21のステップをゆったりとした気分で進めて
みてはいかがでしょうか?


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

「ちょっとアホ」っていいかも?

2007-05-05-Sat-06:00
以前から気になっていたのですが、はじけた表紙の写真に抵抗を感じ、
購入をためらっていた本がありました。

しかし先日、外出先の本屋さんで手にとって立ち読みしていたところ、
何かビビッとくるものを感じ、思わず購入してしまいました。

『もしかしたらこの本に書いてあることは、今の自分に足りないこと
 なのかも?』

それは「ちょっとアホ」になられた方の、成幸の記録が書かれた本
なのです。

今回ご紹介する本は、【ちょっとアホ!理論】です。

ちょっとアホ!理論 倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった! ちょっとアホ!理論 倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった!
出路 雅明 (2006/05/30)
現代書林

この商品の詳細を見る


この本の著者「出路 雅明」さんは、若者向けのカジュアル衣料品店
(古着屋)を全国に展開している会社の社長さんです。

1993年にわずか2坪の古着屋を立ち上げ、今では全国に直営店を32店舗
を展開、年間売上も57億円にまで成長しているそうです。※2006年5月現在

一見順調に会社を成長させてきたように見える出路さんですが、今日の
業績に至るまでには、大変な苦労がありました。

それは、創業から7年が過ぎ、年商も35億に迫る企業に成長した頃。

経済的にも余裕充分で、高級住宅地に大きな家も買い、幸せを満喫して
いた出路さんでしたが、実は不安にかられる毎日を送っていました。

業績も順調、出す店はすべてといっていいくらい成功、優秀ですばらしい
部下にも恵まれていたのにです。

他人から見ればうらやましいと思う状況も、当の出路さんにとっては、
なぜかあまりやる気が起こらず、また自分にも不満を抱えていたのです。

そこで出路さんは、かたっぱしから本を読み、やる気を取り戻すべく、
とあるセミナーに参加しました。

そこで講師の方から言われた強烈な一言に、出路さんは目が覚めます。

なんとそれは、隠居じじい...

いかに自分の今の恵まれた状況を維持していくかしか考えず、過去に
自分が残してきた業績を武器に、周りの人に自分を認めさせ続けた
かった自分。

つまり、隠居したおじいさんが自慢ばかりして余生を暮らしているように、
守りに入っている状態の自分というものを発見したのです。

またここしばらくやる気を失い、企業努力を怠っていたそのツケが、
会社の業績に現れ始めてきます。

会社や店舗も成長が鈍化し、また経営者としての出路さん自身の成長も
止まっていたことで、会社の業績が悪化の道を辿っていたことを、
やる気を失っていた出路さんは気づいていなかったのです。

そこで一発奮起した出路さん。

ありとあらゆるビジネス書や自己啓発書などの本を読みまくり、良いと
思われるセミナーや講演会へ参加するようになります。

そしてまた、

・しっかりとした経営理念の必要性を感じ、経営理念もつくりました。
・自分自身が学ぶことと同時に、社員教育にも着手します。
・幹部社員全員で、毎週の社員会議を徹底的にやりました。
・幹部社員1人ずつとの週1回の報・連・相ミーティングも徹底しました。
・主要社員全員を集め、月1回の中長期経営計画策定会議もやりました。
・当時はやりのマーケティング理論の勉強と、その導入もしました。
・オリジナル商品の導入に必要な生産ルートの開発もしました。
・差別化の必要性を感じ、オリジナルブランド商品の企画開発にも着手
 しました。
・より安定的な経営のための多角化を目指し、新規事業の導入も行い
 ました。

などなど、考えつく限りの努力をしたのです。

しかし、もがけど苦しめど、状況は一向に変わりません。
すべての打つ手が失敗に終わり、むしろ業績は悪化の一途を辿って
いったのです。

そして、20億以上の借金と倒産の危機に直面し、ここまで頑張ってきた
出路さんも、とうとう病気で倒れてしまったのです。

身も心もボロボロになってしまった出路さん。
ここで出路さんの心に変化が現れます。

それは、もうどうなってもいいや!

という開き直りの境地。

「会社が潰れたとしても、別に殺される訳じゃないし!」
「人間なんとか食っていけるし、まして俺なら絶対に大丈夫!」

あげくに、
「いざとなったら、沖縄にでも逃げて、自給自足でもして生きる
 のも楽しそうだな!」


なんてことを考えれられるまでになったのです。

そして、「どのみち、やるんだったら楽しくやろう!」

という境地から、

大切な仲間 + 楽しいほうがいい =

  「仲間を喜ばせ、ともに楽しみたい」

という発想に至り、ちょっとアホへの開花が始まるのです。

ここから出路さんは、仕事におけるすべての判断基準を、

「楽しいか?楽しくないか?」

に切り替えました。

過去の判断基準であった、「正しいか?正しくないか?」とか、
「良いか?悪いか?」とか、「すべきか?しないべきか?」
という基準を、

 「まずは自分と大切な仲間が本当に楽しむこと」

に切り替えたのです。

今まで「常識」であった、業界、経営などのセオリーやトレンドなど
にとらわれていたからこそ、楽しくないことで、もがかなくては
ならなかった。

それを覆すことこそが、会社の業績をV字回復させ、あげくには以前
よりも会社の規模まで拡大してしまったのです。
出路さんの病気も完治してしまいました。

そのほかにも、「ちょっとアホ」になったことで、次の効用があった
そうです。

 ◆忘れかけていた仲間の大切さや、ありがたさを再確認できた

 ◆もがいて苦しんでばかりいた仕事が楽しくてたまらなくなった

 ◆社員やスタッフたちも、見違えるほどイキイキと「やる気」
  をもって仕事を楽しんでくれるようになった

 ◆心が前向きになったせいか、素晴らしい出会いがどんどん訪れ
  多くの素晴らしいご縁と学びと成長をいただくことができた

 ◆自分自身の変革=成長にともない、すべてが明るく考えられる
  ようになり、また業績の回復にともない、精神的にも金銭的
  にも余裕を持つことができ、結果として家族との幸福、自分
  自身の健康などを取り戻すことができた

 ◆業績のことばかりしか考えていなかった私が、大きな夢を持ち
  人生を楽しく生きることができるようになった


などなど、当の出路さんも驚くほどの効用を感じるようになったそう
です。


この本を読むと、
「自分の属する会社は堅い社風なので、こんな環境をつくれるわけがない」
とか、
「ちょっとアホになって業績があがるのなら、今やっていることは無駄なのか?」
などと感じる方もいるかと思います。

実際にこの本に書かれているようなことを、今置かれている環境で適用
させることができるのは、ごくわずかな限られた人だと思います。

しかしこの本では、あなたも「ちょっとアホ」な環境をつくってみては!
と言っているわけではないと思います。
もちろんつくれれば、すばらしいと思いますが^^;

置かれている環境はどうであれ、自分の仕事に取り組む姿勢そのものを
見直すきっかけを与えてくれる本だと思うのです。

従来の常識や、周りにいる人たちや職場の価値観・雰囲気に染まり、
ただただ仕事をするのではなく、この本に書かれている
「ちょっとアホ」な考え方やその要素を少しでも取り入れてみる。


これこそが、この本から学ぶべきことなのだと私は感じました。

ちなみに、私は過去に、クソがつくほど「真面目」と言われていた時期
がありました。汚い表現ですいません^^;
しまいには「真面目」すぎて、人間として面白みがないとまで言われた
こともあります。
がむしゃらに働いていたのですよ。ただ頑張り方が間違ってはいましたが^^;

そんな私こそ、「ちょっとアホ」になる必要があるのかもしれません。

しかし、この本の著者である出路さんはかっこよすぎます。
真面目に「ちょっとアホ」に取り組まれているその姿に、感動すら
覚えてしまいます。

この本を読んで、そんな出路さんの「ちょっとアホ」の真意に触れて
みてはいかがでしょう?


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

日々の生活に引き寄せの法則を活かしてみる?-「サラとソロモン」から-

2007-05-03-Thu-08:49
今回も引き続き【サラとソロモン】から、私が学んだことについて
書いてみたいと思います。

※過去の関連記事はこちら→その1その2

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣 サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
エスター ヒックス、ジェリー ヒックス 他 (2005/11)
ナチュラルスピリット

この商品の詳細を見る


前回の記事にも書きましたが、味わい愛(め)でる気持ちを抱き続ける
ことが、人生をうまくいかせるための鍵であるようです。

とはいえ、「そうかぁ!じゃあいざ実践だぁ!!」と挑んでも、実際に
自分の現実が目の前に迫ってくると、なかなかそううまくはいかない
ですよね。そう思うのは私だけ?^^;

それには理由があります。

それは、私達は常に現状に反応することを身につけてしまっている
からなのです。この本の受け売りですが^^;

自分にとって良い状況に取り囲まれているなら、「いい気分になる」
という反応をするけれど、悪い状況に取り囲まれているなら、
「悪い気分になる」という反応を、私達は無意識にしてしまうように
なっています。これも私だけ?^^;

ちなみに、このことはこの本でも言及されています。

 ほとんどの人々は、まず最初に完璧な状況を見つけなければ
 ならないと考えている。
 そして完璧な状況を見つけたなら、やっと「幸せになる」という
 反応ができると考えているんだ。
 でも、こう考えているから、人々はひどい挫折感を感じて
 しまうことになるんだ。
 なぜなら、状況をコントロールすることは自分にはできないと
 いうことが、すぐにわかるからだ。


私達はどうしても、自分にとって良いと感じる状況を欲してしまう、
もしくは良いと感じる状況を無理にでも作り出そうとしてしまいます。
自分と接する人を自分の意思で変えようとすることもそれにあたります。

状況にもよりますが、そうしようとしても実際には困難、または
とてつもない努力を要してしまいますよね。

したがって、自分の目の前の状況をすべてコントロールすることは、
無理ということになります。

でも目の前の状況に対し、自分がどう考え、どう感じるか選択する
ことは、自分でコントロールしようと思えばすることは可能ですよね。

つまり、自分の目の前の状況に対し、常に味わい愛(め)でることが
できる物事を自分で選ぶことも可能ということになります。

いい気持ちでいられる状況を常に持ち続けることもできるし、逆に
いやな気持ちがでいられる状況を常に持ち続けることも、結局は
自分の選択次第です。

いい気持ちでいられる状況を常に持ち続けることができれば、今日
この時をいい気持ちでいられれば、どんなに素敵なことでしょう?

実はこのことがとても重要です。

この「いい気持ちでいられる状況」、それを続けることで、自分の
「心の扉」が開いている状態になります。

すると、何をするにしても、常に楽しい状態でいられます。
心がウキウキします。心に余裕が生まれます。自然と笑みが浮かびます。

もしそんな人が目の前にいたら、どう感じますか?

すべての人がそう感じるとは思いませんが、たいていの人はつられて
自分もいい気分になりますよね?
仕事などでテンパッテいる人にしたら、見ていてムカツク場合もありますが^^;

そうなんです。
自分の感じ方を変えるだけで、周りにいる人、しいてはその状況までも
変えてしまう可能性があるのです。

そしてそれは、自分の明日、あさっての状況、その先々の日にまで
影響し、自分を良い方向に導くことにつながります。

そして自分自身の波動が、自分が見つけようとしていた完璧な状況と
同じ波動と重なり、その完璧な状況を自分に引き寄せることができる。

まさにこれこそが「引き寄せの法則」なのではないでしょうか。
あくまで私なりの解釈です。間違っていたらごめんなさい^^;

そしてこれは、状況だけでなく、人も同時に引き寄せられます。
「類は友をよぶ」という言葉がそれにあたります。

じゃあ、実際に常にいい気持ちでいられるためには、どうすればいいの
でしょうか?

それについて、この本に書かれている、いくつかのコツと思われるもの
を挙げてみたいと思います。

◆今という瞬間においてはどんなに悪い状況のように見えても、
 どんな状況も、自分の「心の扉」を閉じてしまうには値しない
 という決断をするんだ。自分の「心の扉」をずっと開いておく
 ことが、一番重要なことだと決めてごらん。

◆いやな気持ちがしている時は、君の「心の扉」は閉じているん
 だ。だから君の「心の扉」がまた開いてくるまで、いい感じの
 する考えをどんどん考えるようにしてみてごらん。

◆素晴らしい気持ちがするのは、君が「幸せの流れ」につながっ
 ているという意味なんだ。でも、君が非難したり、批判したり、
 あら捜しをしたりするときには、君はいい気持ちを感じない。
 そのいやな気持ちは、君が「幸せの流れ」につながっていない
 という意味なんだ。

◆何らかの形で不快な状況に直面した時に、とっさに強く感情的
 に反応することは全く正常なことだ。君が何に焦点を当ててい
 るかによって、共鳴引力が何を君のもとに引き寄せてくるのか
 が決まると前に言ったけれど、君にとっての共鳴引力の焦点と
 なる君の波動を決めるのは、君のとっさの反応ではないんだ。
 最初の反応の後で、それに対して君が何をするかということが、
 後々まで影響を残すことになるんだ。
 
◆君が他の人たちから学んでしまったいろいろな抵抗のパターン
 を減らしたり、取り除いたりするためのプロセスが一番重要な
 んだ。なぜなら、物質界の生活で身につけてしまった抵抗さえ
 なければ、幸せはごく自然に君に向かって流れ込んでくるもの
 だから。

◆実は、いやなものを押しのけようとすること自体が、幸せが
 流れ込まないようになる原因なのだ。



私もしばらくはこの本に書かれていることを常に意識して、日々を
過ごしてみたいと思います。

はたして「幸せの流れ」は引き寄せられるのでしょうか?
楽しみです^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

引き寄せの法則を学ぶための基礎固め?-「サラとソロモン」から-

2007-05-01-Tue-06:41
今回は前回の記事でご紹介した【サラとソロモン】から、私が学んだ
ことについて書いてみたいと思います。

その前に、私はこの本を、yukarichさんのブログ『LOA:成功人生をつくる法則
で紹介されていて、その存在を知ることができました。

すばらしい本とめぐりあう機会を与えてくれたyukarichさんに、心から
感謝したいと思います。

本当にありがとうございました!

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣 サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
エスター ヒックス、ジェリー ヒックス 他 (2005/11)
ナチュラルスピリット

この商品の詳細を見る


前回の記事でも書いた通り、この本に書かれている教えは、私達の普段
の生活の中ですぐにでも活かせ、かつ、より具体的な事例に当てはめる
ことができるものでした。

この本では、人生がうまくいくための鍵は、自分と至福のエネルギー
の流れとのつながりだけであるという考えのもとに書かれています。

そのためには、次の3つのステップを踏む必要があります。

ここですべてにおいて重要なのが、自分がどう感じるか
ということです。

それぞれのステップを踏む際は、自分の感情を注意深く見つめ、
感じる必要があります。

まず1つめは、自分が欲しくないものは何かを知ることから
始まります。

自分の目の前に起きた事象や、自分の欲しいものを考えたり話したり
して、自分にいやな気持ちがすれば、それが自分の欲しくないものに
なるのです。
いやな気持ちというのは、怒りとか、落胆とか、恥ずかしさ、別の意識、
恐れなどの感情がそれにあたります。

そして2つめが、自分が欲しいものは何かを知ることです。
そのためには、1つめの自分が欲しくないものから突き止めることで
容易に感じとることができます。

例えば自分が病気でいやな気持ちであった時には、「病気が治ること」
であったり、何か欲しいものがあっても買うお金がなくていやな気持ち
の時には、「もっとお金が欲しい」ということがそれにあたります。

そして3つめが、自分の欲しいものについて考え続け、それが
どういう感じがするかという実感を見つけるために、良い気持ち
がしてくるまで、自分が欲しいものは何か、自分に話し続ける

ことです。

自分が欲しいものについて話したり、それが手に入ったらどうなるかを
思い浮かべたり、説明したり、手に入ったつもりになったり、あるいは
以前それを持っていた時のことを思い出したりするのです。

この本では、特にこの3つめのステップが重要だと書かれています。

それは自分の感じ方を変えるまでは、実際に何もかえたことにはならず、
「苦しみの鎖」につながったままであるからだそうです。

しかし感じ方を変えられると、それが「喜びの流れ」や「幸せの流れ」
という自分にとって自然な流れに、つまりは自分の本質につながること
ができるのです。

でもそういわれても、なかなか難しいと思う方も多いのではないで
しょうか?

実は私も含め多くの人は、そう思うからこそ、幸せになれないのだと
この本は言います。

その理由は、以下はこの本からの抜粋です。

 君たちが状況を観察するように訓練されてきたからなんだ。
 でも観察しているときに自分の気持ちに注意を向けるようには
 訓練されていない。
 だから、周囲の状況が君たちの人生をコントロールしている
 ように見えるんだ。
 何かいいことを観察しているなら、君はいい気持ちを感じるし、
 何か悪いことを観察しているなら、君はいやな気持ちを感じる。
 自分の人生が周囲の状況にコントロールされているように
 見える時、ほとんどの人はがっかりしてしまう。
 そしてそれが、実に多くの人々が「悲しみの鎖」につながって
 しまう原因なんだ。


では、どうすればその「悲しみの鎖」につながらないでいられるの
でしょうか?

それには、味わい愛(め)でる気持ちを感じさせてくれるようなこと
を考える
必要があるのです。

物事や人々について考えながら、自分に最高の気分を感じさせて
くれるような考えを見つけ、物事や人々を、いつもできる限り
味わい愛でることで、「喜びの流れ」につながることができる
のだそうです。



さらに次回へ続きます。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへ

FC2ブログランキングへ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。