読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名著に出会うための成功読書術

2006-11-26-Sun-05:00
いい本と出会うことって、なかなか難しいですよね。

本屋さんを散策していると、本当にたくさんの本が並んでいます。
そんな中から、タイトルに惹かれて思わず衝動買いしてしまった本を
読んでみると、意外と期待していた内容には至らず、がっかりして
しまった経験をされた方も多いのではないかと思います。

そうならないためにも、事前に情報収集を行った上で、購入に踏み切る
方も多いかと思うのですが、そんなときに役立つのが知人からの紹介、
Amazonのユーザレビュー、ブログの書評記事、メルマガなどの情報だと
思います。

しかし、それ以外にもすばらしい情報源があるのです。
それは、なんと本からです。

すばらしい本と出会うきっかけが本からというのも妙な話ですが、
実際に書評をメインテーマにした本も存在するのです。

そんななかでも、名著とよばれるすばらしい本を紹介してくれる本を
ご紹介したいと思います。

今回ご紹介する本は【成功読書術】です。

成功読書術 ビジネスに生かす名著の読み方 成功読書術 ビジネスに生かす名著の読み方
土井 英司 (2005/04/02)
ゴマブックス

この商品の詳細を見る


この本の著者、土井英司さんは、元・Amazonのカリスマバイヤーにして、
人気メールマガジン「ビジネスブックマラソン」の発行者として有名な方で、
現在は出版コンサルタントとして、有限会社エリエス・ブック・コンサルティング
の代表取締役をされている方です。

土井さんはこの本で、
「他社の時間や経験を買うことができる」1冊こそ価値が認められる本
と述べています。

そんな土井さんがAmazon在籍時から読み漁った1万冊の本の中から選り
すぐった30冊の本が、土井さんのすばらしい書評をもとに紹介されています。

この本を読むことで、これら名著の存在と、また、その本の概要までも
知ることができ、それら名著を購入せずとも、どういう本なのか知ること
ができます。

私もこの本にはとてもお世話になりました。
この本で名著と呼ばれる本の存在を知り、実際に数冊読んでみたのですが
どれもすばらしい本ばかりでした。

この本で紹介されている本はビジネス書が主体であるため、すべてが
私の興味を引く本ではなかったのですが、その中でも「人間探求の書」
として紹介されている数冊は興味深く、実際に購入したり、図書館で
借りたりして読んでみました。

たとえば、名著として有名な「人を動かす」や、社会心理学の分野で有名な
影響力の武器」などは、この本と出合わなければ当面は読むことがない本
だったと思うので、そんな名著を知る機会を与えてくれて本当にありがたい
と思いました。

人を動かす 新装版 人を動かす 新装版
Dale Carnegie、デール カーネギー 他 (1999/10)
創元社

この商品の詳細を見る

※ちなみに、「人を動かす」を購入する場合は、「道は開ける」「カーネギー名言集」
の3冊がセットになっていてお得な、「ハンディーカーネギー・ベスト
というのをオススメします。
全て文庫本サイズでセットになっているのですが、内容はほぼ変わらず、
しかもこちらの方が携帯性に優れています。

影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか 影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか
社会行動研究会、ロバート・B・チャルディーニ 他 (1991/09)
誠信書房

この商品の詳細を見る


他にもすばらしい本がたくさん紹介されているのですが、とてもここでは
ご紹介しきれないので、興味のある方はぜひともこの本をご一読してみて下さい。

またこの本には、良書を選ぶためのポイントと読書術についても書かれて
おり、そちらもかなり興味深い内容となっています。

ちなみに、この本を読んで残念に思うことが1つあります。
それは、紹介されている本が必ずしも全て入手できるとは限らない
ということです。

過去に私が購入を試みた本でも、既に入手不可能なものがあったと記憶
しています。
そのときの在庫状況により、現在はもしかしたら入手可能なのかもしれ
ませんが、ものによっては今後、入手が難しくなる本もあるかもしれません。

この本のまえがきにもありましたが、「名著」と呼ばれるすばらしい
「先人たちの教え」が消滅の危機にさらされているのを感じさせられ
ずにはいられません。

ただ、出版社も企業であり、利益追求の面からそれもいたしかたない
とは思います。
しかし、これら「名著」こそ、後世に遺していくための何らかのシステム
が必要になってくるのではないでしょうか?

知の継承、なかなか難しい問題ですね...
スポンサーサイト

今日はこれをやめてみよう!

2006-11-22-Wed-07:00
「自己啓発に目覚め、色々なことを始めてみたけどイマイチしっくりこない方」
「いくら頑張れど、なかなか報われないなぁと感じている方」

そんな一所懸命になっている方にこそ、読んで頂きたい本があります。

今回ご紹介する本は【今日はこれをやめてみよう!】です。

今日はこれをやめてみよう!―「心のクセ」が変わる不思議な方法 今日はこれをやめてみよう!―「心のクセ」が変わる不思議な方法
松浦 英行 (2005/12)
大和出版

この商品の詳細を見る


この本の著者、松浦英行さんは英光舎。という出版社の代表取締役を
務めている方です。

この英光舎。さん、実は私はよくこちらから本を購入させて頂いて
いるのですが、個性的ですばらしい本をたくさん扱っています。
(いずれ、私が英光舎。さんで購入した本も、ご紹介したいと思っています。)

著者の松浦さんは、数年前までは、幸せで豊かな人生を送るためには、
自分なりの哲学や、何らかの指針、信念を持っていたほうがいいと
思っていたそうです。
しかし、最近は、そういう哲学や、指針、信念、使命、習慣などを
どんどん手放す方向に傾いてきているそうです。

そうした「決めごと」にとらわれず、「その日そのときにふと湧いてきた
直観、何となく感じる想いにしたがっていけばいいんだなぁ」
という思うようになり、それによって、さらに、気楽に、快適に、
人生を泳げるようになっていったそうです。

しかし、そうはいってもなかなか直観にしたがって生きていくというのは
難しく、うまくいかないものなのですが、それには理由があるそうです。

それは、私たちが「思い込み」や「心のクセ」をたくさん抱え、直観を
とらえにくくなっているからだと著者の松浦さんは述べています。

そのような、道徳的な考え方や、価値観、概念など、知らず知らずのうちに
私たちの中に染みこんだものが「心のクセ」となり、行動の幅が狭まったり、
ストレスの原因になってしまうそうです。

そんな自分の「心のクセ」に気づき、悩み苦しみの原因となる「価値観」、
気持ちを萎縮させる「教え」を手放すヒントが、この本には書かれています。

やめてみたいさまざまな項目を読み進むにつれて、こだわりが溶けて、
気持ちがリラックスし、心が澄み渡っていく。
そうして、自分をしばっているいるものを少しずつ手放して、ピュアな
心でいるときに浮かんできた想いを次々と実行に移していく。
こうすることで、運の流れに乗り、「自分本来の進む道」が見えてくると
本書は述べています。

この本を読み進めていくと、巷に溢れる自己啓発書に書いてあること
とは、まったく反対のことが書かれています。

例えば、

「時間を有効に使う」のをやめる
「万全の準備」をやめる
「最後までやる」のをやめる
「予定をたてる」のをやめる
「価値観をしっかりもつ」のをやめる
「優先順位を考える」のをやめる

など。

また、

「慎重に選ぶ」のをやめる
「期待に応える」のをやめる
「人の目を気にする」のをやめる

などど、思わず興味をそそるような内容も書かれています。

極めつけは、

「この本をうのみにする」のをやめる

という内容です。

思わず「えっ」と言ってしまいそうですが、読んでみると、
『あなたは、あなた独自の道を、あなたのやり方で歩めばいいのですよ。
だから、この本に書いてあることも、うのみにはしないでくださいね』
とやさしく語りかけてくれています。


私がこの本を読んで感じたのは、読み手を選ぶ本だなという点です。

普段たくさんの努力をしている方や、精一杯生きている方が、
ふと立ち止まったときに読むと、心に響いてくる本ではないかと思います。

多忙な方こそ、たまには時間を作ってこのような本をゆっくり読まれる
時間を持ってみるのはいかがでしょうか?

ツキの天使がやってくる方法とは?

2006-11-16-Thu-23:59
「最近、ツイてないなぁ」

「仕事も人間関係もうまくいかなことばかりだなぁ」

などと感じている方、
もしかしたら「ツキの天使」が遠のいているのかもしれません。

そんな方に「ツキの天使」を呼び戻す、とっておきの方法が
書かれている本をオススメします。

今回ご紹介する本は【ツキの天使がやってくる秘密のレッスン】です。

ツキの天使がやってくる秘密のレッスン ツキの天使がやってくる秘密のレッスン
恒吉 彩矢子 (2004/08/31)
徳間書店

この商品の詳細を見る


この本は昨年末に購入したのですが、先日、本棚を眺めていて妙に
気になったので久々に再読してみました。

この本でいう「ツキの天使」とは、私たちが幸せになるために、
不思議な力を与えてくれる、目には見えない小さな応援団のような存在
のことを表しています。

その「ツキの天使」を引き寄せることで、自分の「ツキ」を向上させる
ことができ、そうなるための秘訣がこの本には書かれています。

ちょっとした体の使い方、口ぐせ、ものの考え方などを変えることで、
そんな「ツキの天使」がやってくることが増えてくるそうです。

「ツキの天使」などと書かれていると、
「スピリチュアル系の本なのでは?」とか、
「そんな目に見えないものなんて存在しないよ!」
などと否定的に捉える方もいるかと思いますが、そんなことはあまり
気にせず、ツキを呼び寄せるためのコツが書かれている本として、
まずは気軽に読んでみるといいかもしれません。

この本に書かれている中で私の目にとまったのは、
「ものごとは、本来はただあるがまま、中立(ニュートラル)なもの」
というところです。

自分に対して起こる出来事は、見る人によって、その意味づけが変わる
だけであり、出来事自体にいいも悪いもない。

私たちが他人から受けた言葉や振る舞いをどう感じるかは、それを
受け取る自分の心の中に原因がある。
だから、それによって自分を傷つけるのも、あくまで自分自身
ということが書かれていました。

そのような自分を傷つけることを回避するためには、
「そういう考え方もあるよね」
と思うことが、まずは必要だそうです。

それによって、「他人とは考えが違っていて当然だ」というように、
自分が他人の考えを受け入れることができるようになると著者は
述べています。

また、もうひとつ私の目にとまった点があります。
それは、他人から言われてイヤイヤやっていることや、
やらされていると思うことは、実はすべて自分のためにやっている
というところです。

そんなことはないと思っても、突き詰めて考えると、イヤなことでも
やっているならば、それはそのときの苦痛よりも、やっていることの
メリットのほうが勝っているから、
または自分のために必要だからやっている、ということに辿りつきます。

仮に今、上司から頼まれたイヤな仕事に携わっていたとします。
それを引き受けたのは、今の自分の立場を守るためであったり、
それが終わった後の自分に何らかのメリットがあるためだったりと、
結局は自分のためというところに行き着くというのです。

そういわれると確かにその通りだと感じました。

他にもこの本には、たくさんの気づきを与えてくれることや、
ツキをもたらすコツが書かれています。
興味を持たれた方は、ぜひご一読をオススメします。


とはいったものの、実は私が最初にこの本を読んだ時は、
あまり印象に残るような本ではありませんでした。

しかし、今回この本を読み返してみると、さりげない文章の中に、
とても重要なことがたくさん書かれていることに改めて気づきました。

また、同じ本を読んでも、以前とは受け取り方が違っている自分を
発見できて、改めて読書の奥深さを感じました。

やはり読書はすばらしいですね。

思わず聴ける電器屋さんの本音

2006-11-13-Mon-23:55
最近、笑う機会が少なくなっている方、たまには本を読んで笑ってみたい方
そのような方にオススメしたい本があります。

今回は趣向を変えて、思わず「ぷぷっ」と笑ってしまうような本をご紹介します。

今回ご紹介する本は【電器屋さんの本音】です。

電器屋さんの本音 電器屋さんの本音
電器屋ミキストリ (2006/05/27)
PHP研究所

この商品の詳細を見る


最近は様々な形態の電器量販店が増え、電器製品を購入するために様々な
お店を訪れる方も多いかと思います。

この本ではそんな電器量販店に現役でお勤めの「電器屋ミキストリ」さんが、
日々、お店で繰り広げられているお客さんとの人間模様を、絶妙なユーモア
を織りまぜながら綴られています。

ときには面白おかしく、ときには厳しく、ときには感動させられる話
が満載で、とにかく肩肘張らずに気楽に楽しめる本です。

また、「電器屋さんからのアドバイス」ということで、電器製品を購入
する際のちょっとしたコツや、電器屋さんの内情など、よく電器屋さん
を利用される方へ、ためになる情報なども書かれています。

私は生協の白石さんは立ち読み程度でしか読んだことがないのですが、
ある意味この本はそれの電器屋さん版のように感じました。


実は、私は最近、妻より笑う機会が減ってきていると指摘され、
ハッとさせられることがありました。
思い返すと、自分でも笑うことが少なくなっているなぁと改めて
気づかされたからです。

そこで、たまには気楽に笑える本も必要なのではないかと思い、
この本を購入してみました。

これを機会に、しばらくは『心の成長』とともに、『笑い』にも
重点を置いて、日々過ごしてみたいと思っています。


ちなみにこの本は、同名タイトルのホームページがベースとなっており、
それが口コミで話題となって、書籍化されました。

私も数年前に、知人からこのホームページを紹介され、思わずファン
になってしまった一人なのです。

興味のある方は、以下のホームページをご覧になってみて下さい。
お客様との愉快な毎日」というコーナにその模様が書かれています。

電器屋さんの本音


しかし、この本を読むと、改めて世の中には色々な人がいるんだなぁと
感じさせられます。

私もこの本に書かれているような、困ったお客さんの一人にならないよう
気をつけなければいけないと思いました。

そうはいっても、既にこの本で紹介されているお客さんの一人だったりしてして...

タッピングによるトラウマ解消法とは?

2006-11-09-Thu-23:18
先日、興味深い本を発見しました。

何でも、身体のツボを指先で数回刺激するだけで、
トラウマやストレスが嘘のように消えてしまう方法
があるというのです。

今回ご紹介する本は【心にタッピング EFTエネルギー療法】です。

心にタッピング EFTエネルギー療法―思いやりの言葉 やさしい指から愛を感じる 心にタッピング EFTエネルギー療法―思いやりの言葉 やさしい指から愛を感じる
ブレンダ・E. ダランパン (2006/02)
BABジャパン出版局

この商品の詳細を見る


この本に書かれているその方法とは、EFTと呼ばれています。

EFT(Emotion Freedom Technique)とは感情を自由にする
テクニックの略で、アメリカのゲアリー・クレーグという方に
よって生み出されたエネルギー療法の一種です。

EFTはTFT(Thought Field Therapy)という療法が元となっている
のですが、TFTは複雑な手順や専門の道具が必要であったため、
全ての人が習得できるものではないそうです。

それを一般の人にも使用できるように改良し簡素化したものが
EFTなのですが、簡素化したからといって決して効果が劣る訳
ではないようです。

EFTはひと通りの手順でタッピング(決められたツボを指先で
トントンと叩く)を行い、それ全ての症状(心身の問題)に
対して同じタッピング法を用いて行います。

一回の基本手順は2~3分で終わり、タッピングとあわせ
フレーズとリマインダーというアファメーションのような
テクニックを組み合わせて行います。

EFTにより効果が期待できるのは、
不安、恐れ、罪悪感、悲しみなどの心の苦痛、高所恐怖症
などの様々な恐怖症、そして多くの身体的な痛みなどです。

よって、EFTとは私たちが人間であるがために感じてしまう
ネガティブな感情から自由になれる手法ということになります。

もちろんトラウマや心に受けた傷などにも効果があるとのこと
ですが、いきなり初心者がトラウマのような強い感情を解消
するのは危険なので、はじめは小さな問題から取り掛かり、
自信がつくにつれ徐々に難しい問題に取り組む必要があるとの
ことです。

なお、具体的な方法について知りたい方は、ぜひこの本
ご一読下さい。
この本には使用の際の注意事項も書かれているので、
そちらを読んでからの実践をオススメします。

ちなみに私がこのEFTを知ったのはつい最近のことです。
知ってから数回実践してみたのですが、先日過去のトラウマの
一部が解消されたことを実感する出来事がありました。

今まであまり人前では出せなかった、幼い頃にトラウマとなった
家庭環境のことを意外なほど平然と話せる機会があったのです。
話せるということは、そのことが自分の中で消化できたからこそ
であり、その場で自分の中のトラウマが一つ解消されたのを実感
できました。

ただ、私は他にも並行して実践していることがあるので、
その原因がEFTにあったかどうかまでは定かでないのが実情です。

しばらくはEFTを実践して、自分の心の中にある雑草を一つ一つ
抜いていきたいと思ってます。

EFTについて、さらに詳しく知りたい方は、公式サイトも用意
されていますので、そちらを参照してみて下さい。

EFT-Japan

なお、今回この本に巡りあうきっかけを与えてくれたのは、
以下の方々のサイトによってでした。

おなすのミラクル年収3000万円超!』の
10/10(火) 最高・最善をタップで強化 その1」という記事

じんべえの願望実現ブログ』の
最強クレンジング法・TFT(EFT)」という記事

こちらの方々はEFTを願望実現に活用されているようで、
そのような使い方もできるEFTの奥深さを改めて感じさせられました。

すばらしい情報を提供して頂き、心より感謝しております。
ありがとうございました。

こちらに移転しました

2006-11-06-Mon-23:59
以前は、So-netでお世話になっていたこのブログですが、
今後はこちらに移転し運営していくことにしました。

So-netでのブログサービスは操作性こそ優れていたのですが、
投稿した記事を保存する際、サーバ障害が頻発し、投稿内容が消滅して
しまう事象が幾度となく発生していました。

つい先日もやっとの思いで投稿した記事が、サーバ障害により消滅し、
それを機にブログサービスの移転を、真剣に検討するようになりました。

せっかく色々な方にコメントを頂くようになり、軌道に乗り始めた
ブログでしたが、このままSo-netでブログ更新を行っていくことに
不安を感じ、今回思いきって移転することに決めました。

今まで私の記事をご覧になっていた方や、コメントを頂いた方には
大変申し訳ないと思っておりますが、引き続きこちらでご覧になって
頂ければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

移転準備中です

2006-11-05-Sun-11:19
現在、以下の場所からこちらへ移転のため、記事の移し替えをしています。

http://blog.so-net.ne.jp/advance_with_reading/

どうやら、もとのブログには記事のエクスポート機能が存在しないため、
コピペでの対応となりそうです。

いつまでかかるのやら...

来年の手帳候補は?

2006-11-01-Wed-23:59
年の瀬も近づいてきた今日この頃、そろそろ本屋さんの店頭に
来年の手帳が賑わい始めてきました。

そんな矢先、来年使用する手帳候補として気になるものを発見しました。

その名も【マンダラビジネス手帳

2007 マンダラビジネス手帳  ブラック 2007 マンダラビジネス手帳 ブラック
(2006/09/11)
クローバ経営研究所

この商品の詳細を見る


一見怪しそうな名前ですが、よくよく調べてみるとなかなかどうして、
良さげな感じです。
私はこの一年間、フランクリンプランナーを使用してきたので、
そろそろ来年のリフィルを注文しようかと思っていました。

そんな矢先の新たな手帳の存在。
今はかなり心が揺れています。

ここで、簡単にマンダラビジネス手帳についてご紹介したいと思います。
(なお、フランクリンプランナーの使用感については、また別の機会で記事に
したいと思っていますので、今回は省かせて頂きます。)

マンダラビジネス手帳とは、中心核を持つ3×3の9マスからなる
マトリックスレイアウトを持った手帳です。

□□□
□■□ ←このようなイメージです
□□□

この9マス発想をこの手帳ではマンダラ思考と呼んでいます。
そのレイアウトを使用することでバランス良く目標を考えるために、
人生に関わる要素すべてに目標をたて、少しずつでもいいから
その目標を実践していけるとのことです。

その9マスの中心に自分を置き(上の図の黒四角の部分)、
その周りにある8マスに人生に関わる要素を置いて、
それぞれの目標を立てていきます。

そこで立てた目標が人生目標とビジネス計画にあたります。

さらにそれを年間計画、月間計画、週間計画、日間計画と
それぞれ別のマトリックスに細分化しながら落としこむことで、
全体と部分との関係性、そしてバランスを把握しながら
自己管理していくことができるそうです。

特に私が興味を持ったのは、週間計画です。

週間計画は9マスの中心に今週の目標と役割をあて、その周りを
月曜から日曜の計画と、今週の評価でレイアウトされています。

この手帳では一週間の計画の中にある予定は、
必ずその日で完結させなくてもよく、一週間の中で自由に調整し、
あくまでその間に完結させればよいという考えに基づいています。

もちろん計画なので常に先延ばしするのは問題ですが、
状況により柔軟な変更ができる点は魅力的です。

私の場合、フランクリンプランナーで日々の計画を管理していたのですが、
従事している仕事の関係上、どうしても予期せぬ作業が頻発する機会が
多いので、日々の計画のほぼ半分が翌日に持ち越され、それらの対策に
四苦八苦していました。

計画の立て方に問題があるという思いと、そもそもフランクリンプランナー
自体を使いこなせていないという問題があるかとは思いますが、
今はあまり難しいことは考えず、素直にマンダラビジネス手帳を使ってみて
使用感を比較してみたいと思っています。

なお、マンダラビジネス手帳については、【マンダラ思考で夢は必ずかなう!
という本で詳しく説明されていますので、興味のある方はご一読してみて下さい。


マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術 マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術
松村 寧雄 (2006/10/07)
フォレスト出版

この商品の詳細を見る


ちなみに、今回の記事もこの本からの情報をもとに書いています。

ただ、この本では、多少、マンダラ思考と成功法則を無理やりこじつけている
のでは?と思える箇所が見受けられますが、それはそれということで(笑)...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。