読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばりすぎてしまう、あなたへ

2008-04-27-Sun-22:53
仕事や家事などで日々の生活に追われ、どこかいらだちを感じて
いる方。

毎日懸命に頑張っているのに、何だかやりきれない思いにさいな
まれている方。

そんな方はいませんか?それって私だったりして^^;

そんなあなたに向けて、「大丈夫だよ」とやさしく声をかけてくれる
ような本があるのです。

何をどうすればいいかという速効性のテクニックが書かれている訳
ではないのですが、読むとなぜか穏やかな気持ちにさせてくれる本。

 「あぁ、最近の自分は無理をしていて疲れ気味だなぁ」

 「がんばっているのに、思いのほか成果が表れず空しいなぁ」


そんな時に私が時折読み返しているその本のタイトルは、
がんばりすぎてしまう、あなたへ】です。

がんばりすぎてしまう、あなたへがんばりすぎてしまう、あなたへ
宇佐美 百合子

サンクチュアリ・パブリッシング 2004-01
売り上げランキング : 46580
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以下のように始まる本書の言葉は、まるで自分の心のことを表して
いるのではないかと思ってしまうほど、ハッとさせられます。

 「コツコツまじめに生きているのに、私のどこがいけないの!」
 って叫びたくなるくらい、無性にやるせなくてさみしい...。

 毎日こなさなければならない作業に追われ、自分の時間をまったく
 持てないでいたら、心が砂漠みたいに乾いてきた...。

 「今はどうしようもないんだから」と自分に言い聞かせるけれど、
 たまりにたまったガマンが、本当は今にも爆発しそう...。

 もしかしたら、あなたはそんなつらさを抱えながら、がんばって
 いませんか?
 もし、ひとつでも次のことに当てはまるようだったら、このまま
 ムリをつづけるのはかなり危険です。

 ★「がんばって当然」というまわりの反応に、ものすごく腹がたつ
 ★よかれと思ってした行為が、何かと裏目にでて落ち込む
 ★怒るまでもない些細なことに、自分でもおどろくほどブチキレる
 ★結局、自分にはこの程度の能力しかないのかと自己嫌悪に陥る

 これらは、あなたの内側からのSOS!
 忙しすぎて、自分を見失いそうになっているというサインです。

 -P9~11-

本書ではそんな自分の心に対し、いたわりと癒しを与えてくれる
メッセージに富んだ内容となっています。

 もう十分がんばっているのだから、そんなに無理しなくていいよ!
 もっと自分をいたわってあげようよ!


思わずそんな声が聞こえてくるような本なのです。

また、疲れを感じている自分の心というのは、その時々によって
疲れの感じ方が違うもので、本書を読み返していると、不思議と
その都度心に染み入る言葉が変化してきます。

その中でも私が最近気になっているのが、「ココロで反応する」
という箇所です。
それについて触れている箇所を、一部抜粋します。

 「いい」という概念は、同時に「そうでないものは悪い」という
 概念を作ります。
 だから私は「いい人としてふるまわないことは悪いこと」だと
 信じこみ、「もっといい人でいなければならない」とさらに
 がんばりました。
 すると今度は、人の行動に対しても「いい、悪い」「正しい、
 正しくない」と裁くようになっていき、煙たがられるようになって
 しまったのです。
 -P79-

人から頼みごとをされると、思わず「いい人」ぶって引き受けて
しまい、後で自己嫌悪に陥ってしまうことってありませんか?

著者も以前、そのことで随分悩んだそうです。
そして悩んだすえに著者が見出した、解決方法というのが、

 「頭」で反応しないで、「心」で反応して生きること

自分の行動を決めるとき、「いい人」かどうかではなく、その行為を
する自分が「美しい」かどうかに意識を集中します。

本心とは裏腹に、「いい人」を装って何か引き受けることは美しくない。
人の悪口を言うことや、人と口裏をあわせる自分は美しくない。
自分が損をしても正直にふるまうことや、だまされてもだまさない態度
を取り続けることを、心の底から美しいと感じるようにするのです。

そこで、頼まれごとは「気持ちよくできる」と響いたときだけ引き受けて、
「偽善になるから美しくない」と感じたときは、丁重に断ることで徐々に
「正直な気持ちを伝えられる」自分に変わっていったのだそうです。

私も最近、著者を見習って実践を試みているのですが、これがなかなか
難しいのです。
どうしても「いい人」が先に出てきてしまい、自分の気持ちが二の次と
なってしまうのです。

これは当面、私の課題なのかもしれません^^;

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

スポンサーサイト

演劇的要素を日常に活かす?

2007-06-06-Wed-00:23
演劇に関する本を読みました。
といっても実は私、演劇には全く興味がありませんでした。
かめおかさん、ごめんなさい^^;

でも改めて本書を読んでみると、

 演劇的な要素が、日常の中で活かせるのでは?

ふとこのような思いが浮かびあがってきました。

演劇を知るための本ではあるけれども、それを日常の中に取り入れて
みることで、自分の中にちょっとした変化を与えることができる。
そんな可能性を秘めた本のご紹介です。

今回ご紹介する本は、【演劇やろうよ!】です。

演劇やろうよ! 演劇やろうよ!
かめおか ゆみこ (2004/08)
青弓社

この商品の詳細を見る


実はこの本は以前、かめおかゆみこさんのワークショップに参加した際、
直接ご本人から購入させていただいた本です。

かめおかさんのワークショップでは、身体からのアプローチで自分と
いうものを追求していくことができます。

普段の生活で凝り固まった身体と心を解きほぐすため、私は何度か
参加させていただいているのですが、ワーク終了後は身体も心も緩み、
とてもすがすがしい気分を味わうことができます^^

※かめおかさんのご紹介記事は、こちら

そんなかめおかさんのルーツともいうべき演劇について、アツイ想いで
書かれたのが本書にあたります。

著者のかめおかさんは言います。

 演劇の魅力をひと言で言うと、それは、「変身の魔法」だと
 思います。
 といっても、自分とまったくかけ離れたものになるわけでは
 ありません。
 簡単に言うと、自分がもっているたくさんの可能性に気づいて
 いく、ということなのです。


演劇の中で役を演じる際は、その役になりきらなければなりません。
でもそれは、普段私たちがテレビや映画などで見る世界だけではなく、
私たちの日常の中にも溢れているのです。

例えば、ある日寝坊して遅刻してしまったとき、

 「いやあ、電車が遅れてしまいまして...」

などと言い訳をしたことがある方もいるかと思います。
実はこれ、既にれっきとした劇と言えるのです。

そのシチュエーションにあった言い訳を考えることが「脚本」、それを
あたかも本当のことのように身振り手振りで表現することが「演技」。
つまりそれは「演劇」そのものになります。

私たちの日常を振り返ってみると、この他にも意外と「演劇」的な
場面を思い出すことがあるのではないでしょうか?


さらに、かめおかさんは言います。

 演劇の魅力を知るということは、自分自身の魅力に気づくと
 いうことです。
 自分自身の魅力に気づくということは、より生き生きとした
 自分を生きることができるようになる、ということです。
 より生き生きとした自分を生きることができれば、あなたも、
 あなたのまわりの人も、ますますハッピーな人生が送れる
 ようになります。
 そうすると、あなたの人生そのものが、「変身」します。


演劇の世界に興味を抱き、やがてその世界に入り込むことで、新たな
自分を発見することができ、そしてより魅力的な自分を感じるように
なれるのだと思います。

なにもそれは演劇の世界に限ったことではないと思うのですが、役を
演じることは、その役の感情や動作を味わいつくす必要があり、また
自分自身とも向き合っていかなければなりません。

その自分というものを深く追求していく過程で、新たなる自分の魅力
というものを発見することができる。
そしてそれは、他の職業ではなかなか体験することが難しい、だから
こそ演劇というものが、より適しているということなのかもしれません。


本書には「読んでもらうことで演劇に興味を持ち、そして一度でいい
から演劇を体験してもらいたい」というかめおかさんの想いが込め
られています。

そしてそのための、ごく普通の人に向けた演劇入門書という位置付け
が、本書にはされています。

また「劇のつくり方」「役のつくり方」「発生練習の方法」「演劇に
携わるスタッフの仕事内容」「脚本の書き方」など、演劇をつくり
あげるために必要なことが、一通り書かれています。

演劇に興味をお持ちの方、また実際にお子さんが演劇に参加されるので、
親として演劇に携わらなけばならない方など、演劇というものを知り
たい方には、うってつけの本だと思います。

そして私のように、日常の中に演劇的要素を活かしてみたい方が、
ご一読してみても面白いのではないかと思います。
普段の生活の中に、取り入れられる何かが発見できるかもしれませんよ^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

カリスマとなるための書?

2007-04-15-Sun-09:14
自信を持ちたい人、心の安定が欲しい人、他人を導くカリスマを
自分のものにしたい人を暖かく導いてくれる本


そんな訳者のあとがきに惹かれ、随分前に購入した本があります。

十年も前から座右の書のひとつだという訳者は、今回自らの手でその本
を訳したそうです。

その訳者の方の名は「石井裕之」さん。
そう、コールドリーディングなどで有名な、潜在意識のスペシャリスト
と呼ばれている方なのです。
※拙ブログで石井さんに関する記事は、こちらをご覧いただければと思います^^;

今回ご紹介する本は、【サイレント・パワー―静かなるカリスマ】です。

サイレント・パワー―静かなるカリスマ サイレント・パワー―静かなるカリスマ
スチュワート・ワイルド、橋川 硬児 他 (2005/01)
ヴォイス

この商品の詳細を見る


この本の著者「スチュワート・ワイルド」さんは、ベストセラー作家と
して現在までに16冊の著書を出版されている方だそうです。
またセミナー講師としても活躍されており、アンソニー・ロビンズさん
やディーパック・チョプラさんをはじめ、たくさんのビジネス界、
精神世界の著名人や成功者たちに影響を与え続けている方でもある
そうです。

今回ご紹介する【サイレント・パワー】は、スピリチュアル系の分類に
入る本なのですが、冒頭で紹介した本書の訳者「石井裕之」さんに、

「ニューエイジやオカルト的なものが苦手な人にも、いや、
 そういう人にほどぜひ読んで欲しい。スチュワートの語る
 世界は、よくある浮き足立ったオカルトとはまったく次元
 の異なるものだ」


とまで言わせるほどの本なのです。


「他人とは違う雰囲気を持っている人物がいる。いったい、その人の
何に惹きつけられてしまうのか、見当もつかない。ただ、その人は
ミステリアスな強さを醸し出している。魅力的でとらえどころのない
サイレント・パワーを放っている。」

というくだりからこの本は始まります。

そしてサイレント・パワーとその不思議についての話、また
サイレント・パワーを身につけるための方法が解き明かされて
いくのです。

では、このサイレントパワーというものは一体何なのでしょうか?

私はそれをその人がかもし出す雰囲気の源だと理解しました。

よくカリスマ性がある人には、その人独自の雰囲気というものが
ありますよね。
実際それは目に見えるものではないのですが、何ともいえない
雰囲気を感じさせてくれることがあるかと思います。

この本ではその雰囲気の源を「エーテル」というもので表しています。

「エーテル」とは、自分の身体の周りを覆っている電磁エネルギー
の塊だそうです。
無色の霧のような、微かなエネルギーのフィールド、そのようなものを
イメージするとエーテルの感じに近くなるようです。

でもこのエーテルというもの、俗にいう「オーラ」とはまた別のもの
のようです。これがまた何度読んでも理解しにくいところなのです^^;
エーテルには、その人のアイデンティティ、つまりその人の隠された
人間性そのものがあらわになっているものだそうです。

このエーテルというものの存在を認め、エーテルを的確に投射できる
ようになり、繊細な感覚でエーテルを感じとれるようになることが
この本でのポイントとなります。

スチュワート・ワイルドさんはいいます。

 世の中のほとんどの人の人生は、何かを切望し、夢見て、
 焦がれ、いつも人生に寄りかかっている。
 自分自身や、自分に与えられているものに満足できない。
 だから、他人に自分を持ち上げてもらおうとする。
 特別扱いされたと思い、簡単でインスタントな人生を求める。
 だが、寄りかかることによって、感情のバランスを失い、次々に
 刺激を求めれ流されるようになってしまう。
 バランスや自己コントロールは、いつも非常に危うい状態にある。
 だから、何気ない批判や、ちょっとした挫折などといった逆境が
 訪れただけで、エネルギーが破綻してしまう。


う~ん、心に突き刺さる言葉ですね^^;

このようなことをこの本では、心理学的な面、スピリチュアル的な面
の双方の観点で読者に訴えかけています。

ただどうしてもスピリチュアル的な要素が強いため、そちらの方面に
抵抗を感じている方が読み解くには厳しい本なのかもしれません。

とはいえ、スピリチュアル的な面を除外したとしても、この本に
書かれていることは、自分を見つめ直してみたいという方には
有効ではないかと感じました。

今回はこの本の概要をお伝えすることに終始してしまいました。
やはりそれは、自分の中で、この本が咀嚼できていないからかも
しれません。

これからも折に触れて読み直したい、改めてそう思わせる本でした。


ということで、今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへ

FC2ブログランキングへ

これは真実の物語?

2007-04-01-Sun-07:35
これは単なる物語ではなく真実を語っているのでは?

この本を読み終えたとき、そう感じずにはいられませんでした。

童話のようでいて、けれども人として大切にしなければならない
すばらしいメッセージがちりばめられている。
読む人の心を引きつけてやまない、そんな物語のご紹介です。

今回ご紹介する本は、【アミ 小さな宇宙人】です。

アミ 小さな宇宙人 アミ 小さな宇宙人
エンリケ バリオス、さくら ももこ 他 (2000/12)
徳間書店

この商品の詳細を見る


この本は3部作で構成される物語で、第1部が【アミ 小さな宇宙人】、
第2部が【もどってきたアミ】、そして第3部が【アミ 3度めの約束
となっています。

今回ご紹介する【アミ 小さな宇宙人】は、主人公である「ペドゥリート」
という少年が、「アミ」という少年の姿をした宇宙人と出会うところから
物語は始まります。

ペドゥリートはアミに語りかけます。
「きみは悪者なの?」

「たぶん、きみのほうがぼくより少し悪い子だよ」
「地球人はたいてい、ほかの星のひとほどには善良じゃない」
そうアミは答えます。

 この宇宙は命で満ち溢れていて、何百万、何千万という星に
 たくさんの善良な人たちが住んでいる。
 ひとつの文明が進歩するということは、それだけ愛が近づくことで
 あり、それを達成した世界は進歩していて、だれも傷つけるという
 ことがない。
 これ以外にこの宇宙で生き延びる方法はない...
と。

こうしてアミはこの宇宙の在りようや、宇宙の中で地球がどのような
扱いをされているのかを、ペドゥリートに伝え始めます。

初めはアミに対し疑いのまなざしを向けていたペドゥリートでしたが
宇宙の真実が明かされるにつれ、次第にアミの話に引き込まれていき
ます。

そしてアミが操縦する円盤に乗り、宇宙のさまざまな星や人々を訪ね
見て感じていくことで、それまで知らなかった人として大事なことや
本来あるべき姿というものがはっきりしてきます。

やがてペドゥリートは辿り着いたとある星で、不思議なメッセージを
受け取ります。

  愛に基づいている、すべてのもの・・・・・

  友情 や 夫婦

  家族 や 組合

  政府 や 国家

  個人のたましい 人類のたましい

  これらは、みな、

  堅固で確実で、

  繁栄し、実を結び

  こわれることを、知らない・・・・・

このメッセージこそが宇宙に存在する基本法、
それが  そのものであるということを知るのです。

そしてアミは、

 「愛が幸福にむかうゆいいつの道」

という言葉を残し、地球をあとにするのでした。

と、ここまでがこの物語の簡単なストーリーです。


この本は美しい物語もさることながら、いたるところに気づきを
与えてくれるメッセージが散りばめられているところが、また
すばらしいのです。

例えば、

「思考では、愛を味わうことはできない。感情は思考とは異なった
ものだ。でも、なかには感情とはなにかとても原始的なもので、
それは思考にとってかわられるべきだという考えをもつひともいて、
戦争やテロ行為や汚職、自然破壊などを正当化する理論をつくり
あげてしまっている。いま、地球はそのとてもインテリな考え、
そのすばらしい理論のおかげで、消滅の危機にさらされているんだよ」

というアミの言葉に、ハッとさせられました。

私達は普段、仕事の場などにおいて常に論理的な思考を働かせよう
として、ついつい感情を押さえつけてしまうのではないでしょうか。

むしろ仕事をする上で、感情は邪魔であると思っているのかも
しれません。
しかしそうしてきた結果が、今の世の中を現している...

今後は思考だけではなく、感情も大切にしなければならない。
どちらかをとるという考えではなく、両方をバランスよく保ち続ける
ことが大切なのでは?

思わずそんなことを考えてしまいました。


冒頭にも書いた通り、私はこの本を読んでここに書かれていることは
単なる物語ではなく、真実を書いてあるように感じました。

もちろんそれは定かではありません。

でもそのように感じずにはいられない、何だか妙に確信めいたものを
感じたのです。


最後に、願わくばこの本の話をさらに要約し、子供に読み聞かせて
あげることのできる絵本として出版していただけたらなぁと思いました。

純粋な心を持ったたくさんの子供達に、このすばらしい物語を読み
聞かせてあげたい。

そう思ったのは、実は私だけでしょうか?


ということで、今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ

↓こちらもあわせてクリックして頂けるとうれしいです。
FC2ブログランキングへ

思わず聴ける電器屋さんの本音

2006-11-13-Mon-23:55
最近、笑う機会が少なくなっている方、たまには本を読んで笑ってみたい方
そのような方にオススメしたい本があります。

今回は趣向を変えて、思わず「ぷぷっ」と笑ってしまうような本をご紹介します。

今回ご紹介する本は【電器屋さんの本音】です。

電器屋さんの本音 電器屋さんの本音
電器屋ミキストリ (2006/05/27)
PHP研究所

この商品の詳細を見る


最近は様々な形態の電器量販店が増え、電器製品を購入するために様々な
お店を訪れる方も多いかと思います。

この本ではそんな電器量販店に現役でお勤めの「電器屋ミキストリ」さんが、
日々、お店で繰り広げられているお客さんとの人間模様を、絶妙なユーモア
を織りまぜながら綴られています。

ときには面白おかしく、ときには厳しく、ときには感動させられる話
が満載で、とにかく肩肘張らずに気楽に楽しめる本です。

また、「電器屋さんからのアドバイス」ということで、電器製品を購入
する際のちょっとしたコツや、電器屋さんの内情など、よく電器屋さん
を利用される方へ、ためになる情報なども書かれています。

私は生協の白石さんは立ち読み程度でしか読んだことがないのですが、
ある意味この本はそれの電器屋さん版のように感じました。


実は、私は最近、妻より笑う機会が減ってきていると指摘され、
ハッとさせられることがありました。
思い返すと、自分でも笑うことが少なくなっているなぁと改めて
気づかされたからです。

そこで、たまには気楽に笑える本も必要なのではないかと思い、
この本を購入してみました。

これを機会に、しばらくは『心の成長』とともに、『笑い』にも
重点を置いて、日々過ごしてみたいと思っています。


ちなみにこの本は、同名タイトルのホームページがベースとなっており、
それが口コミで話題となって、書籍化されました。

私も数年前に、知人からこのホームページを紹介され、思わずファン
になってしまった一人なのです。

興味のある方は、以下のホームページをご覧になってみて下さい。
お客様との愉快な毎日」というコーナにその模様が書かれています。

電器屋さんの本音


しかし、この本を読むと、改めて世の中には色々な人がいるんだなぁと
感じさせられます。

私もこの本に書かれているような、困ったお客さんの一人にならないよう
気をつけなければいけないと思いました。

そうはいっても、既にこの本で紹介されているお客さんの一人だったりしてして...
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。