読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事なことに気づく

2007-02-19-Mon-23:55
今日の本からということで、今回は【ドロシーおばさんの大事なことに気づく
から私の印象に残った言葉をご紹介したいと思います。

ドロシーおばさんの大事なことに気づく ドロシーおばさんの大事なことに気づく
ドロシー・ロー ノルト、加藤 諦三 他 (2002/06)
扶桑社

この商品の詳細を見る


それは、

 恥ずかしがり屋の人は、四つの社会的恐怖を持つとジンバルドーは
言います。失敗することの恐怖、人から低く評価されることへの恐怖、
他人から拒絶されることへの恐怖、親しくなることへの恐怖です。

 恥ずかしがり屋の人が失敗を恐れる一つの理由は、失敗によって
自らのナルシズムが傷つくからです。失敗すれば自らのナルシズムが
傷つき、自己陶酔できなるなる。失敗によって自分の全存在が脅迫
されているようにさえ感じる。だから失敗が怖いのです。

 失敗することで、「自分はすごい人なのだ」というこけおどしを
他人に見破られるからです。「偉大な私」というイメージが、その
失敗で壊れるからです。

 ふとした自分の感じ方から自分の本質が見えるものです。
「なぜ、自分はこんなことをこんなにも恐れるのか?」
と反省してみれば、そこに自分の本質が見えます。

 人は思いがけないときに自分の本質に気がつきます。それが新しい
自分への出発の時でもあります。先にも書きましたが、自分が自分を
わからなければ、幸せにはなれません。どう努力していいかわからない
からです。
 -P139-

という箇所です。


私も恥ずかしがり屋の部類に入るので、これらの恐怖には思い当たる
フシがいくつかあり、この文章を読んでドキッとしました。

自分の恐怖と向き合うということは、とても勇気がいることだと思います。

でもそれをしない限りは、これ以上の心の成長はないと改めて実感
させられた気がします。

この本を読むと、自分の嫌な面があぶりだされ、それと向き合うことを
試されているように感じます。

そのような観点で新たな自分を発見してみたい方は、
ご一読してみてはいかがでしょうか?

逆に自分の嫌な面を見たくない方にはあまりオススメできる本では
ないのかもしれません。

気分が沈んでいる方には要注意の本かも...


ということで、本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ

↓こちらもあわせてクリックして頂けるとうれしいです。
FC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

私がわたしになれる本

2007-02-02-Fri-06:25
今日の本からということで、今回は【私がわたしになれる本】から
私が感銘を受けた言葉をご紹介したいと思います。

私がわたしになれる本 私がわたしになれる本
テリー コール・ウィッタカー (1997/04)
ベストセラーズ

この商品の詳細を見る


その言葉とは


あなたが自分を変えたいと思うとき、それができるかどうかは、
どれだけ意識的に自分の行動を選択できるかにかかっています。
それはすなわち、どのくらい意識のレベルを高められるか、
つまりどれだけ自分を正しく観察し、「自分に気づく」ことが
できるようになるかにかかっているということです。
 -P17-

自分を観察するときは、そこに自分の考えによる勝手な判断や
願望、意図を加えてはいけません。
ただ単に観察するように心がけて下さい。
始めのうちは簡単にいかないかもしれませんが、練習すれば
かならずできるようになるでしょう。
 -P18-


というものです。

実は私はこの本をまだ読み終えていません。
というか読み始めたばかりなのですが...

読み終えていない本をご紹介するのもなんですが、読み始めていきなり
この言葉と出会い、何か直観的に感じるものがあったので、あえて今回
記事にしてみました。


私は普段、自分の中に違和感を感じる感情(例えば怒りなど)が生じた
とき、できるだけその感情を見つめるようにすることを心がけています。

見つめるというか、ただ単に感じるようにしているだけなのですが...

実際、その感情をうまく感じきると、その感情は徐々に消えていく
のです。

とはいえ、それが必ずしもうまくいくわけではありませんでした。


私はこの本を読んでいて、

うまくいかない原因は、もしかしたらこれらの言葉の中にあるのでは?

と直感的に感じたのです。


↓特にここ!
自分を観察するときは、そこに自分の考えによる勝手な判断や
願望、意図を加えてはいけません。



そうかぁ!

私は自分の感情を感じきろうと思っていても、その際に

自分の勝手な判断や意図

を加えていたからではないかと...

そう感じました。

しかしそれは今の時点ではなんともいえません。
この本をさらに読み進めて、確信できたらと思っています。


なお、この本の詳しい内容は、後日ご紹介したいと思います。

前回の【あるがままに生きる】とあわせ、しばしお待ちを...


ということで、本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ

↓こちらもあわせてクリックして頂けるとうれしいです。
FC2ブログランキングへ

あるがままに生きる

2007-01-31-Wed-06:08
久々に今日の本からということで、今回は【あるがままに生きる】より
私が感銘を受けた言葉をご紹介したいと思います。

あるがままに生きる あるがままに生きる
足立 幸子 (1994/10)
七賢出版

この商品の詳細を見る


その言葉とは

〔あるがままに生きる〕というのは、自分もあるがままにやるのですが、
相手のあるがままも受け入れるということです。

わがままというのは、自分はあるがままにやるのですが、相手の
あるがままは受け入れないのです。

皆様は、自分のあるがままなら割と楽に出来るようになられますが、
相手のあるがままを受け入れるのは難しいとおっしゃいます。

本当に頭はロクなことを考えないので、好きだの嫌いだのとすぐ判断
してしまうのですね。

この判断は、ご自分の色眼鏡をかけて見ておられるだけで、結局は
ご自分だけの尺度なわけですよ。

あるがままにに見るというのは、色眼鏡をはずさなければいけないの
です。
 -P80-

というものです。

私がこの言葉を読んだとき、「あるがまま」ということの意味が
初めて腑に落ちた感じがしました。

特に、

わがままというのは、自分はあるがままにやるのですが、相手の
あるがままは受け入れないのです。


という言葉は、今まで私が読んできた本には書かれていなかったので
(多分?)、これが私にとって一番しっくりくる「あるがまま」の定義でした。

この【あるがままに生きる】は、昨日読み終えたばかりなのですが、
久々に衝撃を受けた本でした。

どこがどう衝撃的なのか、うまく言葉では言い表せないのがもどかしい
のですが、とにかく直観的に凄いと感じたのです。

なお、この本については、また後日、書評の記事としてご紹介したいと
思っています。

「じゃあ、今回書けよ!」というのだけはご勘弁を...
あと2回ほど読ませて下さい。でないと、自分の中で咀嚼できないもので...


ということで、本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ

↓こちらもあわせてクリックして頂けるとうれしいです。
FC2ブログランキングへ

シンプルに考えれば、強くなれる。

2007-01-10-Wed-05:55
久々に今日の本からということで、【シンプルに考えれば、強くなれる。
より、私が感銘を受けた言葉をご紹介したいと思います。

シンプルに考えれば、強くなれる。 シンプルに考えれば、強くなれる。
ウィリアム ジョーダン (2006/12)
イーストプレス

この商品の詳細を見る


その言葉とは、

ところで、単なる「不安」と、何かに立ち向かうときに感じる「恐れ」
を混同しないでください。
「恐れ」を感じるのは、人生の一大事を前にして、まじめに、じっくり
と、厳かな気持ちで挑もうとするときです。そこには常に希望の光が
見えています。
それに対し、「不安」とは、取るに足らない漠然とした心配にすぎず、
人生の一大事とは比べようもないほど実はちっぽけなものです。
ただ、それが長く続くので、取るに足らないことではすまなくなる
のです。
 -P57-

あなたが直さなければならないのは、小さな心配事をいつも大きく
膨らませてしまう「癖」です。幸せの太陽を覆い隠してしまうのは、
その「癖」なのです。
 -P58-

というものです。

この言葉を読んで、新たな気づきを得たというわけではないのですが、
普段の生活の中で常に意識しておくべき言葉だと思い、自戒の念を込め
記しておきました。


なお、この本は「モチベーショナル・クラシックス」という自己啓発の
古典の冒頭で、「読み継がれるべき名著」として紹介された、
3大自己啓発書のひとつだそうです。

※ちなみにその3大自己啓発書というのは、【「原因」と「結果」の法則】、
とびっきりのお金の話をこれからしましょう。】、そして今回ご紹介
した、【シンプルに考えれば、強くなれる。】だそうです。

著者はこの本で、自分を過小評価してはいけないと訴え、また、自己を
鍛えることでこのうえない成長と幸せを手にすることができると説明
しています。

そしてタイトルの通り、シンプルに生きることこそ、幸せで素晴らしい
人生を送ることができると述べ、その心構えがこの本には書かれて
います。

では、そのためには具体的にどのように考えれば、またどのように生き
ればよいのでしょうか。実はこの本ではその具体的な方法まで、あまり
言及されていません。

この本は100年ほど前に出版されたせいか、さまざまな自己啓発書を
読まれた方には、特に目新しい内容は無いように感じるかもしれません。

しかし別の見方をすれば、余分な説明を極力省き、基本的な自己啓発書
としての内容を集約したものだといえるでしょう。

そのため、まずは自己啓発書としての基本的な考え方を掴みたい方に、
ご一読をオススメしたいと感じました。

とはいえ、私はまだこの本を3回ほどしか読んでいないので、本当の
価値が見えてないのかもしれません。よって、まだ数回は読み込んで
みたいと思っています。

ということで、今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックして頂けると励みになります。
人気blogランキングへ

↓こちらもクリックして頂けるとうれしいです。
FC2ブログランキングへ

四つの約束

2006-12-21-Thu-23:41
先週末あたりから体調を崩してしまい、この数日間、睡眠時間を多めに
とることを心がけていたら、1週間ぶりの更新となってしまいました。

ということで、

今日の本からは、【四つの約束】より、私が感銘を受けた言葉をご紹介
したいと思います。

四つの約束 四つの約束
ドン・ミゲル ルイス (1999/04)
コスモスライブラリー

この商品の詳細を見る


その言葉とは、

私たちに真実が見えないのは、私たちが盲目だからである。
心にある偽の信念のため、盲目になっているのである。
私たちは、自分たちが正しく、他が間違っているとしたい。
私たちは、自分たちの信念を信用している。
そしてこの信念が、苦しみを作り出すのである。
まるで、自分の鼻の先の他なにも見えない霧の真ん中で、生きている
ようなものである。
私たちは、霧の中で生きているが、その霧さえ実在していないのである。
この霧は夢、あなたの個人的な人生の夢なのである。
あなたが信じていること、自分について持っている概念、他の人々、
自分自身、神と交わした合意などから成っている夢なのである。

-P12-

というものです。

これは、この本の冒頭の方で出てくる言葉です。
私は、この本を読み始めたときに、この言葉と出会い、この本に引き
込まれていったことを記憶しています。

特に、「自分の信念が、苦しみを作り出すのである」という言葉には
ハッとさせられました。

確かに、人それぞれ異なる価値観や信念を持っているので、例え同じ
出来事が目の前に現れたとしても、それぞれの人で受けとめ方が
異なってしまうものです。
人によっては、それをうれしく感じたり、楽しく感じたりするかも
しれませんし、不快や苦痛に感じるのかもしれません。

よって、そのような自分の中にある信念に気づき、それらに対し、
自分が勝手に意味付け(解釈)していたものを解消していけば、
おのずと自分の中の苦しみというのが、少なくなっていくのだろうな
と感じました。

そのための方法が、以前『タッピングによるトラウマ解消法とは?』で
ご紹介した、EFTなどのクレンジング手法であったりするのだろうなぁ
と思います。

今回ご紹介した【四つの約束】は、どちらかというとスピリチュアル系に
属する本なのですが、一つの言葉の紹介だけで終わらせるのは
もったいない、とてもすばらしい本でした。

そのため、いずれこの本の書評は、きちんとした記事にしてみたいと
思っています。

ということで、今日の本からでした。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。