読書とススメ

心の成長の糧となる本をご紹介します。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実行力を高めるための一例など...

2007-08-12-Sun-07:46
今回は前回に引き続き【すごい「実行力」】から、実行力を発揮するための
一例をご紹介したいと思います。

すごい「実行力」すごい「実行力」
石田 淳

三笠書房 2007-06-20
売り上げランキング : 20
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書で紹介されている「実行力」を高める方法は、「望む行動を増やす」
「やめたい行動を減らす」というものです。

それは、資格を取得したい人は勉強する行動を増やせばいいし、早く
帰宅して勉強したい人は、残業・寄り道という行動を減らせばいいと
いうような内容です。

やる気、能力、性格などの精神論や抽象論に偏るのではなく、自分の行動
そのものに焦点をあて、それが改善すべき行動であれば行動そのものを
改善していくという、意外なほどシンプルな考えです。

例えば早起きしたいんだけれども、実際は毎朝ぎりぎりまで寝ていて、
起きると一目散に家を飛び出す生活をしていたとします。
こんな習慣を改めたいのなら、改善すべき行動は「1時間早く起床する」
ということになります。
本書ではこのことを「不足行動」と呼んでいて、この場合、早起きする
行動そのものが不足していることなります。

この「不足行動」の場合は、それを邪魔している行動「ライバル行動」
が必ずあるのだそうです。
「不足行動」を増やしたいのに、「ライバル行動」が邪魔をして増やせ
ない、このような構造です。
例えば、毎晩遅くまでテレビを見たり、インターネットで遊んだりする
行動が、ライバル行動ということになります。
この例の場合、このようなライバル行動をなくせば、「実行力」は
飛躍的に高まります。

でもそうはいっても、ライバル行動はなかなかなくせません。
そこで本書では、不足行動を増やすための方法が3つ用意されています。

1.行動の誘発条件をつくる。

 早起きしたい人は、例えば朝日の差し込む場所で寝る。音の大きな
 目覚まし時計に買い換える。快眠グッズなどでぐっすり眠る工夫を
 する。メールチェックを夜でなく早朝にする。就寝前にリラックス
 する飲み物を飲む。
 こうした条件を揃え、早寝早起きがしやすい環境を整えます。

2.行動の動機づけ条件をつくる。

 「この行動をしたら好きな○○が手に入る」というように、自分の
 ターゲットとする行動に対し、簡単なごほうびを与えるようなルール
 を設け、行動の発生率を引き上げます。
 早起きした日は駅の売店で好きな缶コーヒーを買う。ランチタイムに
 ちょっとぜいたくなメニューを注文するなどが、それにあたります。
 新しい行動が軌道に乗ってきたら、ごほうびは週単位に切り替えると
 さらに行動が継続します。

3.行動のハードルを低くする。

 実行率を低下させる要因、つまりターゲットとする行動を邪魔して
 いるものをできるだけ取り除いて、ターゲットとする行動が邪魔され
 ない環境をつくります。
 「夜更かしする習慣」「深夜のコーヒー」「深夜のテレビ」など、
 これらをできるだけ取り除き、ターゲットとする行動が邪魔されない
 環境をつくるのです。

ここまでが「不足行動」を増やすための方法です。

あくまでこれは本書の中の一例にすぎません。
このほかにも本書では、「実行力」を身につけるための方法が、
たくさん紹介されています。

目標は定めたんだけれども、なかなかそれが達成できないという方は、
本書を手に取り、結果だけではなく「行動」そのものを見直してみる
のもいいのではないでしょうか。


最後に、本書で紹介されていたリラクゼーション法というものをご紹介
したいと思います。
これは、どこでも簡単に実行できて、すぐに効果が現れる優れものなのだ
そうです。

ではその手順です。

 1.全身に力を入れて硬直させます。(約10秒間)
 2.ゆっくりと力を抜き、全身の筋肉を緩ませます。(約30秒間)
 3.上記の1.と2.を5セット繰り返します。


2.で力を抜くときは、全身の筋肉をひとつずつ意識します。
上から順に首、肩、ひじ、手首、手のひら、指先。
続いて胸、脇、背中、お腹、腰、両足の付け根、太ももの表と裏、ひざ、
ふくらはぎ、足首、足の指。
見落としがちな顔の筋肉、耳、まゆ、目、ほっぺた、鼻、口も同様に
意識します。

このリラクゼーション法は、筋肉を弛緩させることで心を鎮める方法です。
苦手なことに立ち向かう前に、この方法を用いて全身をリラックスさせ、
心を鎮めてから取り組んでみるのもいいのではないでしょうか。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ
スポンサーサイト

3日で結果が出る行動科学マネジメントとは?

2007-08-10-Fri-00:53
 本書の最大の狙いは、人間の行動に関するさまざまな問題を解決
 する手法を描くことにあります。
 最大の特徴は結果だけでなく、行動そのものに焦点を当て、最善の
 やり方を導き出すこと。
 いつ・誰が・どこでやっても、同じ結果が出る―これも特筆すべき点
 です。

 ただし、誤解しないでください。
 科学的手法だからといって、何も感情を無視し、非人間的なマネジ
 メントを勧めるわけではありません。

 この本は、どこから読んでも役立つ実践書として構成してあります。
 「計画通りに仕事を進める技術」「スピード力を三倍に高める技術」
 「自分の高感度をグンと上げる技術」「苦手ジャンルを少しの努力で
 克服する技術」など、具体的メソッド・ツールが満載です。

 一ページずつ気楽な気持ちで読み進めてください。
 使えると思ったものから一つずつ実践してみてください。
 「すごい実行力」が必ず身につきます。
 どんな人でも、仕事を効率化し、人間関係を楽しみ、人生を満喫
 することができるようになるのです。    -「はじめに」より-


このような前書きを読んで、思わず購入してしまった本です。

結果ばかりに目を向けるのではなく、結果に至った行動そのものに焦点
を当て、その後の行動を変えていく。
そのための秘訣が書かれた本をご紹介します。

今回ご紹介する本は、【すごい「実行力」】です。

すごい「実行力」すごい「実行力」
石田 淳

三笠書房 2007-06-20
売り上げランキング : 20
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書の著者「石田淳」さんは、日本の行動科学マネジメントの第一人者
であり、いくつかの会社の代表を務めている方です。

自ら渡米して行動科学マネジメントを学び、その結果、石田さん自身が
経営していた学習塾を5年間で10倍の規模にまで成長させたこともある
そうです。

この行動科学マネジメントというものは、今から50年ほど前にアメリカで
生まれた行動科学という学問を土台にしたもので、心理学や動物行動学
の知見から人間の行動原理を明らかにしようとした行動科学を発展させた
ものです。

日本ではさほど知名度はありませんが、アメリカではすでに40年の歴史
と実績を持ち、大企業や公官庁など600箇所以上で人材管理に多大な
成果を上げているそうです。

本書ではそんな行動科学マネジメントというものを応用し、あらゆる場面
で実行力を発揮するためのスキルを集大成したメソッドが紹介されて
います。

本書で述べている実行力というものは、「有言実行する力」「目標を
達成する力」「夢を実現する力」
というものです。

そして、その実行力をつけるためには、次の3つの方法があるのだそうです。

 1.行動の動機づけ条件をつくる
 2.行動を測定する
 3.行動を妨げるものを排除する


 まず、行動したくなる理由(動機づけ条件となる環境)をつくる。
 そして行動を測定し、結果を確認する。
 さらに行動を邪魔するファクターを取り除く。

この3つが揃ったとき、行動する環境が整います。
環境が整うと人は自然に行動に向かいます。その環境に順応しようとし、
自発的に行動を始めるからです。

そのためには、まず行動環境を整えることが欠かせません。

「こうなりたい」「こうありたい」という結果ばかりに目を奪われるの
ではなく、達成するための行動に目を向けることが重要であり、思わず
行動したくなる、動機づけ条件というものが必要です。

この動機づけ条件というものさえしっかり把握できれば、必ず実行に移せる。
なぜならそれこそが人間の行動原理だからだと著者の石田さんは述べて
います。

ここまでが、行動科学マネジメントというものの概要説明です。

次回は本書で紹介されている、実行力を発揮するための具体的な方法を
いくつかご紹介したいと思います。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

「ちょっとアホ」っていいかも?

2007-05-05-Sat-06:00
以前から気になっていたのですが、はじけた表紙の写真に抵抗を感じ、
購入をためらっていた本がありました。

しかし先日、外出先の本屋さんで手にとって立ち読みしていたところ、
何かビビッとくるものを感じ、思わず購入してしまいました。

『もしかしたらこの本に書いてあることは、今の自分に足りないこと
 なのかも?』

それは「ちょっとアホ」になられた方の、成幸の記録が書かれた本
なのです。

今回ご紹介する本は、【ちょっとアホ!理論】です。

ちょっとアホ!理論 倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった! ちょっとアホ!理論 倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった!
出路 雅明 (2006/05/30)
現代書林

この商品の詳細を見る


この本の著者「出路 雅明」さんは、若者向けのカジュアル衣料品店
(古着屋)を全国に展開している会社の社長さんです。

1993年にわずか2坪の古着屋を立ち上げ、今では全国に直営店を32店舗
を展開、年間売上も57億円にまで成長しているそうです。※2006年5月現在

一見順調に会社を成長させてきたように見える出路さんですが、今日の
業績に至るまでには、大変な苦労がありました。

それは、創業から7年が過ぎ、年商も35億に迫る企業に成長した頃。

経済的にも余裕充分で、高級住宅地に大きな家も買い、幸せを満喫して
いた出路さんでしたが、実は不安にかられる毎日を送っていました。

業績も順調、出す店はすべてといっていいくらい成功、優秀ですばらしい
部下にも恵まれていたのにです。

他人から見ればうらやましいと思う状況も、当の出路さんにとっては、
なぜかあまりやる気が起こらず、また自分にも不満を抱えていたのです。

そこで出路さんは、かたっぱしから本を読み、やる気を取り戻すべく、
とあるセミナーに参加しました。

そこで講師の方から言われた強烈な一言に、出路さんは目が覚めます。

なんとそれは、隠居じじい...

いかに自分の今の恵まれた状況を維持していくかしか考えず、過去に
自分が残してきた業績を武器に、周りの人に自分を認めさせ続けた
かった自分。

つまり、隠居したおじいさんが自慢ばかりして余生を暮らしているように、
守りに入っている状態の自分というものを発見したのです。

またここしばらくやる気を失い、企業努力を怠っていたそのツケが、
会社の業績に現れ始めてきます。

会社や店舗も成長が鈍化し、また経営者としての出路さん自身の成長も
止まっていたことで、会社の業績が悪化の道を辿っていたことを、
やる気を失っていた出路さんは気づいていなかったのです。

そこで一発奮起した出路さん。

ありとあらゆるビジネス書や自己啓発書などの本を読みまくり、良いと
思われるセミナーや講演会へ参加するようになります。

そしてまた、

・しっかりとした経営理念の必要性を感じ、経営理念もつくりました。
・自分自身が学ぶことと同時に、社員教育にも着手します。
・幹部社員全員で、毎週の社員会議を徹底的にやりました。
・幹部社員1人ずつとの週1回の報・連・相ミーティングも徹底しました。
・主要社員全員を集め、月1回の中長期経営計画策定会議もやりました。
・当時はやりのマーケティング理論の勉強と、その導入もしました。
・オリジナル商品の導入に必要な生産ルートの開発もしました。
・差別化の必要性を感じ、オリジナルブランド商品の企画開発にも着手
 しました。
・より安定的な経営のための多角化を目指し、新規事業の導入も行い
 ました。

などなど、考えつく限りの努力をしたのです。

しかし、もがけど苦しめど、状況は一向に変わりません。
すべての打つ手が失敗に終わり、むしろ業績は悪化の一途を辿って
いったのです。

そして、20億以上の借金と倒産の危機に直面し、ここまで頑張ってきた
出路さんも、とうとう病気で倒れてしまったのです。

身も心もボロボロになってしまった出路さん。
ここで出路さんの心に変化が現れます。

それは、もうどうなってもいいや!

という開き直りの境地。

「会社が潰れたとしても、別に殺される訳じゃないし!」
「人間なんとか食っていけるし、まして俺なら絶対に大丈夫!」

あげくに、
「いざとなったら、沖縄にでも逃げて、自給自足でもして生きる
 のも楽しそうだな!」


なんてことを考えれられるまでになったのです。

そして、「どのみち、やるんだったら楽しくやろう!」

という境地から、

大切な仲間 + 楽しいほうがいい =

  「仲間を喜ばせ、ともに楽しみたい」

という発想に至り、ちょっとアホへの開花が始まるのです。

ここから出路さんは、仕事におけるすべての判断基準を、

「楽しいか?楽しくないか?」

に切り替えました。

過去の判断基準であった、「正しいか?正しくないか?」とか、
「良いか?悪いか?」とか、「すべきか?しないべきか?」
という基準を、

 「まずは自分と大切な仲間が本当に楽しむこと」

に切り替えたのです。

今まで「常識」であった、業界、経営などのセオリーやトレンドなど
にとらわれていたからこそ、楽しくないことで、もがかなくては
ならなかった。

それを覆すことこそが、会社の業績をV字回復させ、あげくには以前
よりも会社の規模まで拡大してしまったのです。
出路さんの病気も完治してしまいました。

そのほかにも、「ちょっとアホ」になったことで、次の効用があった
そうです。

 ◆忘れかけていた仲間の大切さや、ありがたさを再確認できた

 ◆もがいて苦しんでばかりいた仕事が楽しくてたまらなくなった

 ◆社員やスタッフたちも、見違えるほどイキイキと「やる気」
  をもって仕事を楽しんでくれるようになった

 ◆心が前向きになったせいか、素晴らしい出会いがどんどん訪れ
  多くの素晴らしいご縁と学びと成長をいただくことができた

 ◆自分自身の変革=成長にともない、すべてが明るく考えられる
  ようになり、また業績の回復にともない、精神的にも金銭的
  にも余裕を持つことができ、結果として家族との幸福、自分
  自身の健康などを取り戻すことができた

 ◆業績のことばかりしか考えていなかった私が、大きな夢を持ち
  人生を楽しく生きることができるようになった


などなど、当の出路さんも驚くほどの効用を感じるようになったそう
です。


この本を読むと、
「自分の属する会社は堅い社風なので、こんな環境をつくれるわけがない」
とか、
「ちょっとアホになって業績があがるのなら、今やっていることは無駄なのか?」
などと感じる方もいるかと思います。

実際にこの本に書かれているようなことを、今置かれている環境で適用
させることができるのは、ごくわずかな限られた人だと思います。

しかしこの本では、あなたも「ちょっとアホ」な環境をつくってみては!
と言っているわけではないと思います。
もちろんつくれれば、すばらしいと思いますが^^;

置かれている環境はどうであれ、自分の仕事に取り組む姿勢そのものを
見直すきっかけを与えてくれる本だと思うのです。

従来の常識や、周りにいる人たちや職場の価値観・雰囲気に染まり、
ただただ仕事をするのではなく、この本に書かれている
「ちょっとアホ」な考え方やその要素を少しでも取り入れてみる。


これこそが、この本から学ぶべきことなのだと私は感じました。

ちなみに、私は過去に、クソがつくほど「真面目」と言われていた時期
がありました。汚い表現ですいません^^;
しまいには「真面目」すぎて、人間として面白みがないとまで言われた
こともあります。
がむしゃらに働いていたのですよ。ただ頑張り方が間違ってはいましたが^^;

そんな私こそ、「ちょっとアホ」になる必要があるのかもしれません。

しかし、この本の著者である出路さんはかっこよすぎます。
真面目に「ちょっとアホ」に取り組まれているその姿に、感動すら
覚えてしまいます。

この本を読んで、そんな出路さんの「ちょっとアホ」の真意に触れて
みてはいかがでしょう?


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへFC2ブログランキングへ

今すぐできることから始めてみます^^;

2007-04-20-Fri-06:30
 普段の仕事において、何か取り入れられる術があるのかな?

という安易な動機から、著書のタイトルにひかれ、とある本を購入
しました。

その本の著者の名は、臼井由妃さん。
どこかで見覚えのある方だと思っていたら、なんと昔テレビで放映して
いた「マネーの虎」という番組で、虎として出演していた方でした。

「マネーの虎」という番組は、ビジネスを始めたい起業家予備軍、
および起業家が、挑戦者として自分のビジネスプランをプレゼンし、
「虎」と呼ばれる経営者の方々が、自腹で投資するかどうかを決める
というものでした。

当初は深夜番組として放映していたのですが、あまりにも好評だった
ため、一時期はゴールデンタイムに移行するほどの人気を博していた
番組だったのです。
私もこの番組が大好きで毎週欠かさず見ていました^^;

そんな臼井由妃さんが、才能も人脈もビジネス経験もゼロの状態から
スタートして、今日に至るまでに培った経験がつまった本をご紹介します。

今回ご紹介する本は、【今すぐできることから始めよう / 臼井 由妃】です。

今すぐできることから始めよう 今すぐできることから始めよう
臼井 由妃 (2007/04/05)
ディスカヴァー・トゥエンティワン

この商品の詳細を見る


著者の臼井由妃さんは、株式会社健康プラザコーワ/有限会社ドクター
ユキオフィスの代表取締役をされている方です。

今でこそ社長として、また作家として何冊もの本を出版されている臼井
さんですが、経歴を聞くと思わず耳を疑ってしまうような内容です。

 ・赤点だらけだった高校生
 ・短大ではアルバイトとデート三昧の毎日を送っていた
 ・その後は、ふらふらとフリーター生活を続けていた

そんな臼井さんが、会社経営をされていた28歳年上の男性と結婚し、
その後、だんな様のガンが発覚、そこで急遽ピンチヒッターとして
社長に就任したところから悲劇が始まります。

社員は全員年上、みんな古株で会社を仕切っている環境に、ビジネス
マナーさえ知らない素人がいきなり社長として現れたのだから、それは
もう大変です。

からかって笑われたり、イスに画びょうを置かれたりしました。
社員の横領が発覚し、数億円の損害も発見されました。
返済しなければならない会社の借金もありました。

本当に何から悩めばいいのかもわからない状態で、必死にもがき苦しむ
日々が3年ほど続いたのです。

しかし、臼井さんが発明した商品が大ヒットしたことで、臼井さんの
人生が好転し始めます。

それ以来、会社は毎年二ケタの伸び率を実現し続け、今では年商も社長
就任時の10倍となったのです。

またその間、社長業のかたわら、理学博士号、宅建、行政書士、MBAと
次々に難関資格に挑戦し、合格も手にしてきました。
テレビや雑誌の取材も受けるようにもなり、本の執筆や講演まで行う
ようになりました。

臼井さんはいいます。

 学歴も、才能も、美貌も、ビジネススキルも、人脈も、何一つ
 持っていなかった私がここまでできるのだから、

  大丈夫、あなたにだってできる!
  
  天賦の才能なんてなくても、チャンスは必ずめくってくる!

 しかし、ただ待っているだけではダメ。
 とにかく何か行動を起こさなければ、チャンスはつかめない。
 そのためのヒントをまとめたのが、この本なのだ。

と。

私がこの本を読んで取り入れてみたい(または意識してみたい)と
思った術がいくつかありました。

◆時間密度を高めることを常に意識して行動をする
 例えば、
  ・ムダな作業をどれだけ減らせるかに尽力する。
   ⇒常に意識はしているがまだまだ甘い^^;

  ・短時間で自分の考えをきちんと伝える訓練をする。
   ⇒自分の意思を的確に伝える能力の向上は以前からの課題^^;

◆普段の一つの仕事を二つ、三つと複合して生かせないかという観点
 を常に持つ
 ⇒二つは意識していたが、三つ、四つまでは意識していなかった^^;

◆すばやい決断を下せるように、常に訓練を怠らない
 ⇒15分の中で、集中的にクローズドクエスチョン、オープンクエスチョンを
  投げかけることを繰り返し、判断力を養う^^;


◆3分間全力で愚痴を言って、明日に備える
 ⇒「愚痴はいけない」と自分をしばらずにストレスは吐き出して
  しまった方がよい場合もあるとのこと^^;


などなどです。

この本は女性向けに書かれた本ですが、もちろん男性が読んでも
色々と気づかされたり、発見することがあるのでないかと思います。

意外と基本的な術が多いかもと感じた部分はありましたが、
多忙な日々の中、案外それらを疎かにしがちなのかもしれません。
もちろん自分のことです^^;

著者の臼井さんも言われている通り、やはり一つのノウハウを
「知っている」だけで終わらせず、まずは「実践すること」が、
重要なのでしょう。
あたりまえのことではあるのですが^^;

私もこの本で得たことを、今すぐできることから始めてみます^^;


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↓この記事がお役に立てば、クリックをお願いします^^;
人気blogランキングへ

FC2ブログランキングへ

アイデアハックとは?

2006-12-31-Sun-10:48
以前から気になっていた本、
IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣】を読みました。

IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣 IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣
原尻 淳一、小山 龍介 他 (2006/07/14)
東洋経済新報社

この商品の詳細を見る


副題に「今日スグ役立つ仕事のコツと習慣」と書かれている通り、
仕事をする上で、何らかのプラスとなるテクニックや、考え方などに
ついて書かれている本でした。

この本でいう「IDEA HACKS!(アイデアハック)」とは、アイデアを
ストレスなく、サクッと生み出す方法のことを意図しており、著者が
過去の職場の中で得た経験や発見、先輩たちに教えてもらったり
共有していた仕事のコツなどが、89種類にわたって紹介されて
います。

例えば、

◎1週間スケジュールを使い倒す。
◎手帳に自分の辞書をつくる。
◎本棚を知のデータベースに変える
◎夜は午後9時前に寝る
◎朝シャワーはアイデアシャワー

などの方法です。

また、それらの方法は、単に小手先のテクニックで終始するもの
ではなく、本質をしっかりとらえた「方法」にまで落とし込めたもの
と著者は述べています。

この本の中で紹介されている方法の中で、私が気になったのは、

◆「マインドマップによるメモ術」で紹介されていた、「FreeMind」と
 いうマインドマップをパソコン上で清書するためのオープンソース。
 FreeMind(フリーマインド) 活用クラブというサイトで紹介されて
 います。

◆「ネットで知らない他人に聞く」で紹介されていた「はてな」での
 質問作法。
 『具体的に聞く』、『回答形式を決めておく』、『回答例を挙げておく』
 が鉄則とのこと。

などでした。

その中でも特に印象深かったのは、「アイデアを裏返す陰陽ハック
というものです。

そこでは「2項対立」という発想法について紹介されているのですが、
それは、ものごとをコインの表裏のように、ふたつの側面に分けて
考えてみることで、一見、結びつかないと思われていた情報同士を結び
つかせ、斬新なアイデアとさせることができるということが書かれて
いました。

これは、「ものごとは常に二面性を持っており、そのことを意識する
だけで、発想が飛躍的に広がる。」という松岡正剛さんの考えに起因
するもののようです。

ちなみに松岡正剛さんとは、書評の世界では偉大な存在であるサイト
千夜千冊」を執筆されている方です。
そのほかにも、大学の教授や、本の執筆、ISIS編集学校校長など、
様々な活動をされている方なのです。

その中でも私は最近、ISIS編集学校に興味を持っていたのですが、
何とこの本の著者である原尻さんと小山さんは、そのISIS編集学校の
師範代なのだそうです。(これもある意味シンクロの類なのでしょうか?)

なお、松岡正剛さんやISIS編集学校については、この場で説明しだす
と長くなってしまうので、また別の機会にご紹介したいと思います。

ちょっと本の紹介からは脱線してしまいましたが、日々の仕事の効率
をあげてみたい方や、新たなる工夫を加えてより仕事を充実されたい
方には、ぜひともご一読をオススメします。

単なる小手先のテクニックを紹介するだけではなく、そこに著者自身
の経験からくる哲学のようなものを感じさせる本でした。

ちなみに、最近同じ著者の新刊で、【TIME HACKS!】という本が
発売されたようです。
こちらも、今回ご紹介した【IDEA HACKS!】同様、いずれ読んでみたい
と思っています。
TIME HACKS! TIME HACKS!
小山 龍介 (2006/12/01)
東洋経済新報社

この商品の詳細を見る


ということで、今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。